fb
文字のサイズ フォントを小さくする 現在の文字の大きさ フォントを大きくする
bargerIcon

戦記物:戦いの日々2

905話

オジュウ城付近 地底北の大陸

クウガたちが辿り着いた
最上階からアッジュマーが見下ろしていた。
ブルヴェッジブルヴェッジ。O〇(ゼロアリクをああさせた張本人・・・)

最上階 オジュウ城

アッジュマーアッジュマー「あんな連中にゴージュデスが寝返ったいうのか」
ベルマッカベルマッカ「実力もほぼ同等・・という話です」
アッジュマーアッジュマー「だとよ」
アッジュマーは男を見た
眼鏡男(デシンバル)「問題ないでしょう」
ベルマッカベルマッカ。O〇(データ戦闘のグロイツ。シンバルに引けを取らない能力。
 この男がいまだにデシンバルなのが信じられない)
ベルマッカベルマッカ「それとゴルゴラオス」
ホルゴラオスホルゴラオス「?」
ベルマッカベルマッカ「お前は弱すぎる。頭脳だけでは今後やっていけない。あれにたえてみせろ」
ホルゴラオスホルゴラオス「あれ?」

ベルマッカは奥にある毒の液体の入った器を示した

ホルゴラオス「わ・・・私をころすきですか!?」

グロイツ「私はこれを克服しましたよ。選択の余地はありません」

アッジュマーアッジュマー「死を選ぶか、力を選ぶか」

ホルゴラオスホルゴラオス「く・・!」

ホルゴラオスは毒の液体に近づいた

グロイツ「潜在能力を200,いや300%まで無理矢理引き出す液体。
 強化するには死とのはざまを乗り越える必要がある。それがこの猛毒だ。
 毒に対する拒絶反応を乗り越えることが強化へとつながる。私が開発した毒による強化の薬だ」

アッジュマー「この毒で俺はシンバル級の力を手に入れた。さぁ、試してみろホルゴラオス!」

ホルゴラオスは毒の液体を飲んだ。
ホルゴラオスホルゴラオス「グオォォァアアアアアア!!!!!」

広場 革命軍本拠地

ゼロアリクゼロアリク「偵察、ご苦労だった」
スパイ住民「へへ、ありがとうございます。約束の報酬は・・・」
ゼロアリクの攻撃
スパイ住民「う、うぐあああああああ!」
スパイ住民は死亡した
ゼロアリクゼロアリク「報酬は貴様の死だ。俺に斬られたことを光栄に思え」
デオシシスデオシシス「戦力が分断されている今こそ攻め込むとき」 ガメゴドムは立ち上がった
ガメゴドム「さぁ、始めよう。これからは私たちの時代だ」
革命軍たちはモルコ城に向かった。


戻る