fb
文字のサイズ フォントを小さくする 現在の文字の大きさ フォントを大きくする
bargerIcon

891話~

891話

モルコ城 王の間

ゴージュデス「始めようか、お前との差を教えてやろう」
ゴージュデスの攻撃
ブルヴェッジブルヴェッジ「!」

ロックブレイド

ブルヴェッジは攻撃をよけた

ブルヴェッジブルヴェッジ「!?」

ゴージュデス「今の攻撃は止めても避けてもお前の動きは10秒間ロックされる」

ブルヴェッジブルヴェッジ「まともに受けたら、終わりだな」

ジャゴメージャゴメー「ゴージュデス様と戦うなんてどうにかしてるわ。特殊能力の数が半端じゃないのよ」
フィンブレクフィンブレク「お前の相手は俺達だろ」
ジャゴメージャゴメー「あら、そうね」
ラインブレクラインブレク「まずは魔法剣だ」

ブルヴェッジの攻撃
ゴージュデスは無限の目を発動した
ゴージュデス「見えるぞ。お前の動きが」
ブルヴェッジに8万のダメージ ゴージュデスの拳だった
ブルヴェッジ「!」
ゴージュデス「何をしてる、俺はここだ」

ゴージュデスの攻撃 ブルヴェッジショット

ブルヴェッジブルヴェッジ「な!?」

ゴージュデス「俺の能力は相手の技を盗むこと。ロックブレイドも盗んだ技の一つだ。さぁ、俺に新しい技を見せてみろ、ブルヴェッジ」

クウガクウガ「アシュトウと同じか」

ゴージュデス「そして俺は盗んだ技を独自に改良することができる」
ブルヴェッジブルヴェッジ「!」

ゴージュデスは無限の目をまだ発動している

ゴージュデス「俺の誘いを断ったことを後悔させてやる。かつての友よ!!」

892話

モルコ城 王の間

ゴージュデスの攻撃 ブルヴェッジショット

ブルヴェッジブルヴェッジ「!?」
ブルヴェッジは辛うじて攻撃をよけた

ブルヴェッジブルヴェッジ「くっ」

ゴージュデスの攻撃は続く ロックブレイド
ブルヴェッジに攻撃が掠った

ゴージュデス「掠っただけで十分」

ブルヴェッジは10秒間動かなくなった

ゴージュデスは力を溜めた

ブルヴェッジブルヴェッジ「な・・・何をする!?」

ゴージュデス「30秒間続く限界解除モードは8秒間のため時間が必要だ」

ブルヴェッジブルヴェッジ「限界解除モード?」

ブルヴェッジブルヴェッジ「負担はかかるが、お前を仕留めるにはこれがてっとり早い。お前も動きは以前よりよくなっているからな」

フィンブレクフィンブレク。O〇(まぁ、俺たちとあれだけ修行していればな)

5秒経過
ゴージュデス「限界!!」
8秒経過
ゴージュデス「解除!!!」

ゴージュデスの全ての力が大幅に上がった

ゴージュデスの攻撃 高速斬り ブルヴェッジに10万のダメージ
ゴージュデスの攻撃 高速斬り ブルヴェッジに20万のダメージ

ブルヴェッジが動けるようになった

ゴージュデスの攻撃 高速斬り ブルヴェッジに20万のダメージ
ブルヴェッジブルヴェッジ「ぐ!」

ゴージュデス「無限の目を発動させたまま、限界突破の高速攻撃。動きが鈍ったところに大技を放つ」

ブルヴェッジブルヴェッジ「・・・くっ」

893話

モルコ城 王の間

ゴージュデスの攻撃 高速斬り
ブルヴェッジに20万のダメージ

ブルヴェッジブルヴェッジ「的確で速度も速いのが何度もくるな」

ゴージュデスの攻撃 高速斬り
ブルヴェッジに20万のダメージ

ゴージュデスは無限の目を解除した
ゴージュデス「準備は整った」

ゴージュデスは力を込めた
ブルヴェッジブルヴェッジ。O○(な・・・何だその構えは。見たことがない)

ゴージュデス「5年かけてようやくものにした技。お前が初めてそれを食らうことになる」

ゴージュデスの攻撃 ゴージュ・サイクロン・ブレイド

「ドン!!」
ブルヴェッジに330万のダメージ

ブルヴェッジブルヴェッジ「がはっ」

ゴージュデスは休んでいる
ゴージュデス「勿論、この攻撃で終わるとは思えない」

ブルヴェッジは倒れた

ゴージュデス「地底人砲の攻撃態勢にかかった」

ブルヴェッジブルヴェッジ。O○(くっ・・・今度はそれか)

ゴージュデス「お前のことを忘れることはないだろう」

ブルヴェッジはまだ起き上がれない

ブルヴェッジブルヴェッジ。O○(地底人砲なら・・・)

894話

モルコ城 王の間

ゴージュデス「とどめだブルヴェッジ」
ゴージュデスの攻撃 地底人破砲:C

ブルヴェッジブルヴェッジ。O〇(チャンスだ)

ブルヴェッジは地底人破砲返しをはじめた

ゴージュデス「!」

ゴージュデスとブルヴェッジが戦っている間、フィンブレク達もジャゴメーと戦っていた!

リボッグは気絶している
ラインブレクラインブレク「俺達でやるしかないようだな」

ジャゴメージャゴメー「私一人で十分よ。さぁ、始めようかしら」

ジャゴメーの攻撃 右腕 猛毒ひっかき
フィンブレクは剣で攻撃を止めた

ジャゴメーの背中から腕がでてきた
フィンブレクフィンブレク「!」

「ズバッ!!」

ラインブレクはその腕を切り落とした

ジャゴメージャゴメー「あら、いいわね。その連携プレイ」

ラインブレクラインブレク「やばそうな毒だな。食らったら終わりだと思ったほうがいいだろう」
フィンブレクフィンブレク「そんな気がするな。それにしても助かった。こいつ素早い。手が一瞬で出てきたな」

ジャゴメーの背中からてが2本出てきた

ラインブレクラインブレク「!」

ジャゴメーはその腕を千切ってラインブレクに投げてきた

爆破腕

ラインブレクは攻撃をよけた

フィンブレクフィンブレク「無限にでてくるか」

腕が2本爆破した

フィンブレクとラインブレクは爆風で10万のダメージ

フィンブレクフィンブレク「・・・毒か!?」

ジャゴメージャゴメー「あら、安心していいわよ。今のは挨拶代わり。毒はないわ。スカルベンジョンと私を一緒にしないほうがいいわね。組織再生力は数倍」

895話

モルコ城 王の間

ラインブレクラインブレク「お前がしゃべっているおかげで霊力の準備が整った」
ジャゴメージャゴメー「!」

ラインブレクの攻撃 霊力剣:水 ジャゴメーに130万のダメージ

フィンブレクの攻撃
フィンブレクフィンブレク「おかげで連携攻撃ができるな」
魔法剣:雷

ジャゴメーは爪に力を込めた

ジャゴメーの攻撃 猛毒ひっかき
フィンブレクフィンブレク「何!俺の攻撃に向かって・・・」

フィンブレクは攻撃を止めた

ホルゴラオスは様子を見ている

ジャゴメージャゴメー「ゲギョギョギョ!素晴らしい。とっさの判断で雷攻撃から防御に切り替えたわね。戦闘経験が豊富な・・・」

ラインブレクの攻撃 霊力剣:金縛り

ジャゴメーの動きが10秒止まった
フィンブレクフィンブレク「助かった」
フィンブレクは魔法剣・光を発動させた

フィンブレクの攻撃 魔法剣・光 ジャゴメーに150万のダメージ

ラインブレクの攻撃 霊力剣:地獄
ラインブレクラインブレク「さぁ、一気に終わらせるぞ」
ジャゴメーに250万のダメージ

ジャゴメーは動けるようになった

ジャゴメージャゴメー「がはっ!!」

ホルゴラオスホルゴラオス。O〇(ククク・・・いいねぇ。気が変わった。ジャゴメー・・・お前がいなくなれば俺は確実にデシンバルになれる)

ジャゴメーの傷口が塞がっていく
フィンブレクフィンブレク「!」
ジャゴメーは地底回復薬を使っていた 500万回復した

ラインブレクラインブレク「やられた。そんなのもってやがったか。回復する隙を与えてはいけないな」

ジャゴメージャゴメー「分かってるじゃない。素敵ね」

ジャゴメーの攻撃 猛毒ひっかき
フィンブレクは攻撃を止めた

ラインブレクラインブレク「気をつけろ。集中力が増している」
フィンブレクフィンブレク「ああ。こいつ、動きがよくなってきている」

ジャゴメーの速度が上がった

896話

モルコ城 王の間

ジャゴメージャゴメー「さぁ、これからよ。戦闘時間が長引くほどわたしの調子は上がるわ」

ジャゴメーの攻撃 猛毒ひっかき フィンブレクは攻撃をよけた
ジャゴメージャゴメー「動きが読めるわ」
ジャゴメーはフィンブレクを顔を掴んだ
ラインブレクラインブレク「まずい!」

ラインブレクの攻撃 ジャゴメーは攻撃よけた

猛毒掴み フィンブレクは地底毒に侵された
フィンブレクはジャゴメーの手から離れた
フィンブレクフィンブレク「ぐ!!」

フィンブレクに地底毒のダメージ 50万
ラインブレクラインブレク「時間制限を食らったか。普通の毒ではないな」

ジャゴメーはラインブレクの背後にいた
ジャゴメージャゴメー「そのとおりよ」
ラインブレクラインブレク「いつの間に!?」

魔法剣・光 ジャゴメーに150万のダメージ

ジャゴメーは怯んだ

フィンブレクの攻撃 魔法剣・フレア
ジャゴメージャゴメー「!!」
ジャゴメーは辛うじて攻撃を避けた

フィンブレクフィンブレク「悪いがこの状況だと、逆に集中力が増すな」
フィンブレクに地底毒の50万ダメージ

ホルゴラオスホルゴラオス。O○(いいバランスだ。どちらもこの戦いで動けなくなるがいい)

ジャゴメーの攻撃 高速ひっかき
フィンブレクに30万のダメージ
フィンブレクフィンブレク「!」
ジャゴメーの攻撃 高速ひっかき
フィンブレクに30万のダメージ ラインブレクに30万のダメージ

ラインブレクラインブレク「速い・・・まったく反応できない」
フィンブレクフィンブレク「これがデシンバルの力か。とりあえず目を慣らすしかないな」

897話

モルコ城 王の間

フィンブレクに地底毒のダメージ 50万

フィンブレクフィンブレク「ぐっ」
ラインブレクラインブレク「大丈夫か?早目に仕留めないとな」

ジャゴメージャゴメー「安心して。その前にあなた達は落ちるわ」
ジャゴメーの攻撃 高速ひっかき フィンブレクに30万のダメージ

ジャゴメージャゴメー「!」
フィンブレク「気づいたか、目で追う事が出来た」

ラインブレクラインブレク「やるな。俺でもまだ目で追う事すらできないのに」
ラインブレクの攻撃 霊力剣:金縛り
ジャゴメーはよけた
ジャゴメージャゴメー「だめでしょ、突然それやっちゃ」

ジャゴメーの攻撃 地底人破砲:D
ラインブレクは攻撃をよけた

ラインブレクラインブレク「そんな攻撃もしてくるのか」

フィンブレクの攻撃 魔法剣:雷
ジャゴメーは攻撃を止めた
ジャゴメージャゴメー「何なのよ、息があってるわねあなた達・・・?」

ホルゴラオスが背後から近づいてくる
ジャゴメーは笑った

「オエアアアアアア!!!!」

ホルゴラオスホルゴラオス「!!」
スカルベンジョンの攻撃だった

ホルゴラオスは薬をこぼした
ホルゴラオスホルゴラオス「くそっ」

ジャゴメージャゴメー「!」

フィンブレクフィンブレク「スキだらけだ」
フィンブレクの攻撃 魔法剣:光

ジャゴメーは気絶した
スカルベンジョンスカルベンジョン「とどめだ」
スカルベンジョンの攻撃
ラインブレクは攻撃を止めた
スカルベンジョンスカルベンジョン「何しやがる」
ラインブレクラインブレク「一応兄弟だろ」
スカルベンジョン「フン、まあいい」
ラインブレクラインブレク「ん?あっちの戦いはまだ続いているようだ」

ホルゴラオスが薬でジャゴメーにとどめをさした
ラインブレクラインブレク「!」
フィンブレクフィンブレク「く・・・薬!!」

ホルゴラオスホルゴラオス「いいぞ。次に会った時は貴様らがこうなる番だ」
ホルゴラオスは逃げだした

 

ブルヴェッジは地底人破砲返しをはじめた
ゴージュデス「!」
ゴージュデスは防御した 100万のダメージ
ブルヴェッジブルヴェッジ「とっさに防御か」
ゴージュデス「それだけか?」
ブルヴェッジブルヴェッジ「何!?」
ゴージュデス「地底砲だけを対策したところで何も変わりはしない」
ゴージュデスは構えた
ブルヴェッジブルヴェッジ。O○(確かに・・・。くそ、またあれか)

898話

モルコ城 王の間

ジャゴメージャゴメー「おのれ・・・ホルゴラオス・・・よくも私に薬を・・・ぐ・・・ぐぎゃあああ」
ジャゴメーは死亡した
フィンブレクフィンブレク「手遅れだったか」
スカルベンジョンスカルベンジョン「ホルゴラオス・・・分からねえな」

ラインブレクラインブレク「フィンブレク、地底毒は大丈夫か?」
フィンブレクフィンブレク「ああ。今、ジャゴメーが死亡した瞬間。収まった。何だったんだ?」

 

ゴージュデスは構えた
ブルヴェッジブルヴェッジ。O○(確かに・・・。くそ、またあれか)

ロックブレイド
ブルヴェッジブルヴェッジ「何!?違う・・・!?」

ゴージュデス「予測していたのを見抜いた」
ブルヴェッジは10秒動けなくなった

ゴージュデス「お前はこの駆け引きでも失格だ」

ゴージュデスの攻撃 ゴージュ・サイクロン・ブレイド
ブルヴェッジに330万のダメージ

ブルヴェッジブルヴェッジ「・・・!!」

ブルヴェッジは気絶した
ゴージュデス「なぜこうなった。お前がここにきていれば今頃、俺のように大いなる力を手に入れていたはず。とどめを刺すのがこんなに悲しいとは・・・」

ゴージュデスはとどめをさそうとした

ブルヴェッジブルヴェッジ「!」
ゴージュデス「!」

ゴージュデスに300万のダメージ
ゴージュデス「誰だ・・・!!」


一方、時を戻しクウガたちも戦っていた

クウガクウガ「強いなこいつら」
酒場のマスターヌーズオウ「本気でやらないとだめらしい」

強化地底兵強化地底兵プラス2「わしもまだまだ現役!」
強化地底兵プラス2はバンワリキを唱えた
強化地底兵プラス2の攻撃力が上がった

強化地底兵プラス1の攻撃 絶・烈火地底剣

強化地底兵強化地底兵プラス1「さらに強くなった技、あおおおおおおお!!」

クウガクウガ「!」


戻る