fb
文字のサイズ フォントを小さくする 現在の文字の大きさ フォントを大きくする
bargerIcon

851話~

851話

拷問場 地底裕福町モルコ

バドセドジャゴメースカルベンジョン?ホルゴラオス

ブルヴェッジが到着した

ブルヴェッジブルヴェッジ「テトラガドン!!」

テトラガドンテトラガドン(行動不可、瀕死状態)「・・・ブ・・・ブル・・・来てはだめだ・・・」
バドゼドは両手を開いて歓迎の意を表現した
バドセドバドゼド(デシンバル)「ブルヴェッジ、歓迎しよう。死への入口へようこそ。ワタクシがアナタを引き立たせるシナリオを考えた、リファレクタ」

リファレクタがテトラガドンの前に立った

ブルヴェッジブルヴェッジ「まさか!」
ブルヴェッジがテトラガドンに向かった
ホルゴラオスと男が止めた
ホルゴラオスホルゴラオス(デルバル)「貴様がブルヴェッジか」
男(デルバル)「デシンバル並みの実力を持つ者が勿体ない。革命軍など解散させ、こちらにつけばいいものを」

スカルベンジョンスカルベンジョン(デルバル)「俺のこん棒で痛めつけられ、いつ死んでもおかしくない身体。ブルヴェッジ、すまんな。本当にすまん。その意味が分かるか??」

リファレクタが魔力を溜めていた
リファレクタの攻撃
?リファレクタ「ごめんねブルヴェッジ、やっぱり私弱い革命軍より強いとこがいいの。利用させてもらっちゃった」

ブルヴェッジブルヴェッジ「やめろリファクレタ!!!」

地底光属性魔法:ジグライトン

テトラガドンテトラガドン「ぐああああああ!!!」
テトラガドンは死亡した
デズキロア本体がどこかで復活した

バドセドバドゼド「如何かな、ブルヴェッジ」
スカルベンジョンスカルベンジョン「そう、これで貴様は冷静を保つことができなくなり、そのまま俺たちにやられる。本当にすまんなブルヴェッジ」

ブルヴェッジブルヴェッジ「おおおおお!!」

バドセドバドゼド「この怒り、まず先に向けるのは・・・・おや?」

リファレクタに50万のダメージ
ブルヴェッジブルヴェッジ「信じていたのに!!」
ブルヴェッジは泣いている
?リファレクタ「誰か!バドゼド様!ジャゴメー様!1対1じゃ勝てない・・・」

バドゼドとジャゴメーは見ているだけだった。

バドセドバドゼド「素晴らしい。もっとワタクシを感動させておくれ」
ジャゴメージャゴメー(デシンバル)「まずは高見と見物といこうかしら」

エントランス 革命軍拠点

ゼロアリクの攻撃
攻撃が止められた
ゼロアリクゼロアリク「!?」
ドギスバリだった
ゼロアリクゼロアリク「貴様・・・ドギスバリ。お前も・・・」
ドギスバリドギスバリ「違うな。俺には別の野望がある、ククク」

クウガたちは目が覚めた
クウガフィンブレクリボッグラインブレク酒場のマスター
ゼロアリクゼロアリク「くっ・・・」
酒場のマスターヌーズオウ「ゼロアリク?」
ゼロアリクは逃げだした

クウガクウガ「な・・・何があった」

ドギスバリドギスバリ「リファレクタの裏切りだ。つながっている下っ端を脅したら全部吐いた。貴様らのことを内通者に仕立て上げてたぜ。・・・情報が敵に漏れテトラガドンが連れ去られた。 ブルヴェッジが向かっている」

フィンブレクフィンブレク「何だと!!」
リボッグリボッグ「それでゼロアリクが俺たちを襲ってきたわけか」
ラインブレクラインブレク「ゼロアリクはもういないか」

クウガクウガ「まだ間に合うかも!助けに行こう!!」
酒場のマスターヌーズオウ「だな!」
クウガたちは裕福街に向かった

852話

拷問場 地底裕福町モルコ

リファレクタに50万のダメージ リファレクタは倒れた

?リファレクタ。O〇(ブルヴェッジでも今は感情不安定なはず。何とかしないと)
リファレクタは起き上がった

スカルベンジョンスカルベンジョン「ほう・・・」

リファレクタはスピルドンを唱えた リファレクタの速度が上がった
ブルヴェッジの攻撃 リファレクタに攻撃が当たらない
?リファレクタ。O〇(やっぱり・・・いつものブルヴェッジじゃないわ)

リファレクタは魔力開放した

ブルヴェッジの攻撃 リファレクタは攻撃をよけた
ブルヴェッジブルヴェッジ「・・・」
リファレクタの攻撃 マジックキューブ
ブルヴェッジはマジックキューブに囲まれた
?リファレクタ「これで動けないはず!!」

スカルベンジョンスカルベンジョン「そんな魔力の使い方ができるのか」

?リファレクタ「マジックキューブから出られず、私が放つ魔法はキューブ内から発動させることができる。いくらあなたでもこの中に閉じ込めらえれば終わりね」

リファレクタは地底魔法:グランボドルを唱えた
キューブ内に溶岩の塊が発生した
ブルヴェッジは剣を構えた
「ズバッ!!」
ブルヴェッジはグランボドルとマジックキューブを斬って吸収した
?リファレクタ「!?」
ブルヴェッジの攻撃 ブルヴェッジショット リファレクタは100万のダメージ
リファレクタは倒れた
ブルヴェッジブルヴェッジ。O〇(俺の力を忘れていたとは、冷静ではないのはお前だったなリファレクタ)
?リファレクタ「な・・・なんで・・・」
ブルヴェッジの攻撃 ブルヴェッジショット リファレクタは100万のダメージ
リファレクタは気絶した

ブルヴェッジはスカルベンジョンを見た
スカルベンジョンスカルベンジョン「・・・何だ、俺をご指名か」

ホルゴラオスホルゴラオス。O〇(成程、一人づつ削る作戦か)

853話

拷問場 地底裕福町モルコ

スカルベンジョンはジャゴメーに合図した
ジャゴメーは頷いた
ブルヴェッジの攻撃 波動振動球
スカルベンジョンスカルベンジョン。O〇(左手、揺れると分かっていれば避けるのは容易)
スカルベンジョンは攻撃をよけた
ブルヴェッジがスカルベンジョンのよけたところにいた
スカルベンジョンスカルベンジョン「!?」

ブルヴェッジの動きが止まった

ブルヴェッジブルヴェッジ「!?」
ジャゴメーが超能力を使っていた
スカルベンジョンスカルベンジョン。O〇(哀れ、ブルヴェッジ!!)

スカルベンジョンの攻撃
「ドシュ!!!!」
スカルベンジョンに大ダメージ

ブルヴェッジブルヴェッジ「!?」
ジャゴメージャゴメー「え・・・」
スカルベンジョンスカルベンジョン「ぎゃあああああああ!!!!」

スカルベンジョンは倒れた
目の前にバドセドが立っていた
バドセドバドセド「デシンバルを目指すものが、手抜きはいけないな、スカルベンジョン」

ジャゴメージャゴメー「バドセドさん、許しあげて・・・」
バドセドバドゼド「ワタクシはかつて自分よりわずかに強い者にサシで挑み、勝利。死と隣り合わせを何度も乗り越え強くなった。その意味が分かるか?」
ホルゴラオスホルゴラオス。O〇(甘かったか。バドセドはあえて利用していたか)
スカルベンジョンスカルベンジョン「す、すいません許してください」

バドセドバドゼド「ワタクシがせっかく与えたチャンスをこういう形で返される。とてもガッカリしたよ」
スカルベンジョンスカルベンジョン「ゆ、許してください二度とやりません」
バドセドバドゼド「・・・・さあねぇ」
バドセドは笑った
ジャゴメージャゴメー。O〇(ごめんねスカルベンジョン。あなたのことは忘れないわ)
ブルヴェッジは動けない
男「ほう、これがジャゴメーの超能力か。効果は?」
ジャゴメージャゴメー「5分よ」
バドセドバドゼド「あぁ、もう時間か」

動けないブルヴェッジは磔にされた
バドセドバドセド「そろそろ来るはずだ」
ブルヴェッジは動けるようになったが、今度は拘束具で身動きが取れない

バドセドバドセド「ジャゴメー地底魔法によって特殊加工された拘束具を使用している。
リファレクタは起き上がった
?リファレクタ「・・・え?」
リファレクタの前にジャゴメーが立っていた
ジャゴメージャゴメー「さぁリファレクタ。仕事再開よ。仲間がきたら、あなたがとどめをさすの。そうすれば命だけは助けてあげるわ」
バドセドバドセド「面白そうだ、見せてみろ」
ブルヴェッジブルヴェッジ「う・・・くそ・・・来るなゼロアリク・・・クウガ・・・」

ゼロアリクが来た
ゼロアリクゼロアリク「ブルヴェッジ!!!」
男「来たか。あれがかつてデルバルだったゼロアリク。俺より強そうだな」

854話

拷問場 地底裕福町モルコ

ジャゴメージャゴメー「スカルベンジョン」
スカルベンジョンスカルベンジョン「え?」
ジャゴメーはゼロアリクを見た
ジャゴメージャゴメー「あなたがここで力を証明すれば、バドセドさんは許してくれるはず。そうね・・・10分といったとこかしら」
スカルベンジョンスカルベンジョン「十分だ!!」
バドセドバドセド「さぁ、証明して見せろ」

スカルベンジョンはゼロアリクに向かっていった
ゼロアリクゼロアリク「許さねえ絶対に」
スカルベンジョンスカルベンジョン「オエァアアアア!!」
スカルベンジョンの腹から腕が出てきた
ゼロアリクは剣を抜いた
ゼロアリクは剣で攻撃を防いだ
スカルベンジョンスカルベンジョン「オエアアアアアア!!」
スカルベンジョンは涎をぶちまけた

男「下品な攻撃だな」

涎から大量の虫がゼロアリクに襲い掛かる
しかしそれはゼロアリクの身代わりだった

スカルベンジョンスカルベンジョン「!?」
本物がスカルベンジョンの背後に現れた

ゼロアリクの攻撃 ランダムブレイク
「ドン!!!」

スカルベンジョンに30万のダメージ
スカルベンジョンの速度が30秒間激減
スカルベンジョンは麻痺を回避した

ゼロアリクゼロアリク「クソ、状態異常耐性持ちか!!」
スカルベンジョンスカルベンジョン「う、動きが・・・」

男「おお、相変わらずだなゼロアリク。ランダムブレイクに磨きがかかっている。デバフ効果と状態異常効果が2つランダムで発動する。食らった相手は嫌だろうな」

ジャゴメージャゴメー「2分経過ね」

ゼロアリクの攻撃 渾身切り
スカルベンジョン体中から細菌をまき散らした
ゼロアリクは近づけない

ゼロアリクゼロアリク「!」

スカルベンジョンスカルベンジョン「これでは近づけないだろう」

855話

拷問場 地底裕福町モルコ

ゼロアリクは身動きが取れない
スカルベンジョンスカルベンジョン「ククク」

バドセドバドゼド「リファレクタ」
?リファレクタ「!?」
バドゼドはブルヴェッジに指をさした
?リファレクタ「はい、直ちに!!」

ゼロアリクゼロアリク「!」

リファレクタの連続攻撃
ブルヴェッジにダメージ
ブルヴェッジブルヴェッジ「ぐああああああああ!!」

バドセドバドゼド「これはゼロアリクの刺激だ。しなせてはいけないよ、リファレクタ」
?リファレクタ「し・・・承知しました」

ゼロアリクゼロアリク「くそおおお!!!」
スカルベンジョンは動けるようになった
ゼロアリクの攻撃 スカルベンジョンは背中から腕を出した
スカルベンジョンスカルベンジョン「グゲゲゲゲ!!」

「ズバッ!」
ゼロアリクは腕を斬り落とした
ゼロアリクは構えた

男「久々にあれを見せてくれるか、ゼロアリク」
男「へえ、俺は初めて見るな」
男は右脳と左脳の意志が分かれていて、会話をしていた。

スカルベンジョンスカルベンジョン「!」
ゼロアリクの攻撃 レーザーブレイド
「ザン!!」
スカルベンジョンに50万のダメージ
スカルベンジョンスカルベンジョン「み・・・見えん・・・・」

男「どうだ?」
男「ああ、驚いたよダンド」
ダンド・ダンギ「全く見えなかっただろうダンギ」

ゼロアリクゼロアリク「が・・・がはっ」

スカルベンジョンはダメージを受けながらも笑っていた。
スカルベンジョンスカルベンジョン「割れを失い俺の体中の細菌のことは忘れていたようだな」

ゼロアリクゼロアリク「!」
ゼロアリクは細菌に侵され動きが鈍くなった
スカルベンジョンスカルベンジョン「自己紹介はまだだったな。俺の名はスカルベンジョン。元デルバルだった貴様は出世の糧にさせてもらうぜ」

ジャゴメージャゴメー「これで一安心ね」

856話

拷問場 地底裕福町モルコ

ゼロアリクゼロアリク「ウオオオオオオ!!」
スカルベンジョンスカルベンジョン「な・・・!!」

ゼロアリクは攻撃をやめない

スカルベンジョンの攻撃 こん棒振り下ろし
ゼロアリクの攻撃 渾身斬り

「ガシッ!!」

ジャゴメージャゴメー「ほぼ互角かしら」

ダンド・ダンギ「さて、準備に入るか」

スカルベンジョンの腹から腕が出ようとした
スカルベンジョン「終わりだ・・・・え!?」
スカルベンジョンは後ろに倒れた
スカルベンジョンスカルベンジョン「!?」
ゼロアリクはリファレクタに向かっていった

スカルベンジョンスカルベンジョン。O〇(何だ今のは)
スカルベンジョンは倒れた

ジャゴメージャゴメー「見えたわ。瞳孔が渦巻いていたのを」

ゼロアリクをダンド・ダンギが止めた
ダンド・ダンギ「ランダムアイズか。相変わらず嫌な能力だな、まともに目を合わせられん」
ゼロアリクゼロアリク「貴様・・・そこをどけ!!」

「ドシュ!!」
ゼロアリクに75万のダメージ
ゼロアリクは倒れた
ゼロアリクゼロアリク「が・・・がはっ」

ジャゴメージャゴメー「あら、可哀そうに。彼はもはや今となっては戦闘能力だけならデシンバルに匹敵するほどよ」

ダンド・ダンギ「どうやって攻撃した?という目をしているな」
ゼロアリクの後ろでスカルベンジョンがこん棒を持ってい倒れていた
スカルベンジョンスカルベンジョン「おのれ・・・ダンド・ダンギ・・・何しやがる・・・」
ダンド・ダンギ「そいつの骨を無理矢理操作しただけだ」
ゼロアリクゼロアリク「クソォオオオ!!」
ゼロアリクはダメージと細菌の影響で動けない

バドセドバドゼド「そろそろ飽きた。リファレクタ、とどめを刺せ。ワタクシはこれから上に報告しに向かう」
?リファレクタ「は・・・はい!仰せの通りに!!」

バドゼオドはその場をあとにした

リファレクタは魔力を溜めた

ゼロアリクゼロアリク「やめろリファレクター!!!!」


戻る