fb
文字のサイズ フォントを小さくする 現在の文字の大きさ フォントを大きくする
bargerIcon

戦記物:戦いの日々2

887話

地底裕福町モルコ

ブルヴェッジブルヴェッジ「ん?」

アボネィボの姿がみあたらない

リボッグリボッグ「一人だと不利とみなして逃げたようだな」
フィンブレク「ならば先に進むか」
ブルヴェッジブルヴェッジ「ほかの仲間を呼ぶ可能性もあるので急いだほうが良さそうだ」

ラインブレクラインブレク「・・・そこの兵士。回復できるか?」

強化地底兵強化地底兵8「まかせてくれ」

ブルヴェッジブルヴェッジ。O〇(モルコ城の強敵は3名。ダンド・ダンギ、ジャゴメー、そしてゴージュデス)

モルコ城 拷問室

ジャゴメージャゴメー「弟ならこの力の恐ろしさ、分かるわよね」

ジャゴメーは素早い動きで接近した
スカルベンジョンスカルベンジョン「!!」

ジャゴメーの攻撃 右腕 猛毒ひっかき
スカルベンジョンは攻撃をよけた

ジャゴメーの左腕は力を溜めている

ジャゴメージャゴメー「私の速度、そして私の戦略」

スカルベンジョンの攻撃 こんぼうふりおろし
「ズバッ!!」

ジャゴメーの腹が開いた
スカルベンジョンスカルベンジョン「そいつを待っていたぜ」

ジャゴメージャゴメー「!」

ジャゴメーの腹から第三の腕が現れた
「ドン!!」

こん棒がジャゴメーの第三の腕を狙う

ジャゴメージャゴメー「忘れてないわよね。私の戦略、攻撃、全てが上回るの。弟がいくら覚醒しようとも、兄においつけるわけが・・・」

ジャゴメーの第三の腕がこん棒を止めた
ジャゴメーの左腕が動いた

スカルベンジョンの肩から第三の腕が伸びてきた
ジャゴメーの左腕が掴まれた

ジャゴメージャゴメー「!?」

スカルベンジョンスカルベンジョン「これは予想外だろう?」
ジャゴメージャゴメー「?」

スカルベンジョンの口から細菌が噴出した

スカルベンジョンスカルベンジョン「貴様の毒と俺の細菌、どちらが勝るか白黒つけよう」


戻る