fb
文字のサイズ フォントを小さくする 現在の文字の大きさ フォントを大きくする
bargerIcon

801話~

801話

平和委員会本拠地前 バスクズドゥン国

ドスラゲイモンドスラゲイモン「霧が・・・!誰の仕業だ!?」

グレフソングレフソン「動けるのは私とあなただけです、休んでも構いませんよ」
牛人間リウジェイドリウジェイド「お前ひとりで倒せると思ってるのか?」
グレフソングレフソン「まぁ、いいでしょう」

ドスラゲイモンは斧を構えた
ドスラゲイモンドスラゲイモン「まぁいい。霧の力がなければ、全力で命を頂くまでだ」
ドスラゲイモンの攻撃 デスブレイクアックス

リウジェイドの攻撃 黄金の拳
「ドドドド!!」
素早い黄金の拳がドスラゲイモンの斧を横から叩きつける
ドスラゲイモンドスラゲイモン「!」

グレフソングレフソン「貴方の速度についていけてるのです」

グレフソンはエアゾンカータの魔法を唱えた
ドスラゲイモンに50000のダメージ
ドスラゲイモンドスラゲイモン「おのれ」

牛人間リウジェイドリウジェイド「その魔法でその威力とはな」
ドスラゲイモンの斧が砕けた!

ドスラゲイモンドスラゲイモン「!?」

グレフソングレフソン「いいですね。これでドスラゲイモンは斧を使えません」
牛人間リウジェイドリウジェイド「ここからだ」

リウジェイドの攻撃 青の突進 ドスラゲイモンに150000のダメージ
ドスラゲイモンドスラゲイモン「ぐああああああ!!!」

牛人間リウジェイドリウジェイド「攻撃がかなり効いている。勝てそうだな」
グレフソングレフソン「霧がなければ・・・」

ドスラゲイモンドスラゲイモン「はっはっはーーー!!」
ドスラゲイモンは笑った

牛人間リウジェイドリウジェイド「?」

ドスラゲイモンの攻撃 背中から隠し持っていた斧を出した
デスブレイクアックス

グレフソングレフソン「隠し持っているとは思っていましたよ。私が今まで何をしていたか知っていますか?」

ドスラゲイモンドスラゲイモン「!?」
グレフソングレフソン「さて、この魔法を成功させてたことは一度もありません。だが、今なら」

グレフソンはさらに上位魔法を解放した

エアジャンカータ

ドスラゲイモンに200000のダメージ
ドスラゲイモンドスラゲイモン「!!」

ドスラゲイモンは吹き飛んだ
牛人間リウジェイドリウジェイド「野郎・・・すまない油断した」

平和委員会本拠地2F

デズキロア達は死亡した

デズキロア本体デズキロア本体「く・・・、何という強さ」
クウガクウガ「あとはお前だけだ」

ラング村付近 アーガフ国

エリクィーダ ブランフェスタ国際部隊3名

ラング村付近 アーガフ国

ジフイボギギスエリクィーダ ブランフェスタ国際部隊3名

ベクトム???「この辺だな」
エリクィーダエリクィーダ「ジフ。僕はアーガフ国出身。この辺りに生き残りが隠れているはずだ。臭いで分かる」
ベクトムジフ「ん?」

人間狩りたちが現れた

人間狩り1「いい筋肉してるなぁ」
人間狩り2「見てくれ、このカマ。何人もの生き血で染まった・・・」

人間狩り2は斬られた
人間狩り2「ぎゃあああああああ!!!!!!」
人間狩り2は死亡した

イボギギスだった
イボギギスイボギギス「ああ、これだ!あっしはこれのために生きている!!」
イボギギスは死亡している人間狩り2に何度も攻撃した
「ザクッ!ザクッ!ザクッ!ザクッ!」
イボギギスイボギギス「これだ!これだぁ!!!!」
人間狩り2「ひ・・・ひぃぃいいいい!!」
人間狩りたちは逃げようとした
イボギギスイボギギス「逃がさないよ~ぐちゃぐちゃにしてやるからさぁ!!」

体内破壊

人間狩りたちは気絶した
イボギギスイボギギス「!」
エリクィーダエリクィーダ「!?」

スワイドゥーラが穴から出てきた

エリクィーダエリクィーダ「ちょうどいい。君の噂は聞いている。この世界を壊さないか?その穴の中に生き残りがいるんだろう?」

ベクトムジフ。O〇(体内破壊か。あんな威力は見たことがない)

スワイドゥーラスワイドゥーラ「いいねえ。破壊兵器で世界を消滅させる」
エリクィーダエリクィーダ「話が分かる男で・・・」
空間爆発 エリクィーダは攻撃を避けた

スワイドゥーラスワイドゥーラ「俺だけの世界のためにな」
エリクィーダエリクィ-ダ「成程、交渉決裂だな」

イボギギスイボギギス「これだ!これだぁ!!!!」
イボギギスはまだ死体を攻撃していた

イボギギスは気づいた

イボギギスイボギギス「お、あっしが集中している間にいつの間に」
ベクトムジフ「イボギギスさん。あれがスワイドゥーラですが、まさか生きていたとは・・・。だがあの破壊力、戦闘能力はかつてを何倍も上回ります。見た限りではコルクバーベン以上かと・・・」

エリクィーダエリクィーダ「ん?」

リボッグが来た
リボッグリボッグ「面白そうだな、俺も混ぜろ」

エリクィーダエリクィーダ「ああ、ちょうどいい。手伝ってくれないか」
リボッグリボッグ「ああ、手伝ってやろう」

リボッグはスワイドゥーラの隣に移動した

エリクィーダエリクィーダ「それが答えか」

リボッグリボッグ「スワイドゥーラ。てめえはこの穴を守っているらしいな」
スワイドゥーラスワイドゥーラ「たまたまだ。平和委員会は俺の破壊兵器を奪った」
リボッグリボッグ「さて、3対2。敵は強い。不利かもな」

「違うな」

「!?」
?が加わった

802話

ラング村付近 アーガフ国

ヌーズオウだった

酒場のマスターヌーズオウ「やはり読みは当たったか。俺だけ戻った」
スワイドゥーラスワイドゥーラ「残り二人は?」
酒場のマスターヌーズオウ「向かっている。そろそろあちらのほうにつく頃だ」

イボギギスイボギギス「いいからさっさと始めようぜぇ!!」

イボギギスがとびかかってきた

高速衝撃弾突進 リボッグは攻撃を止めた
イボギギスイボギギス「・・・硬いな」
リボッグリボッグ「俺とお前は相性がいいと見た。すぐに終わらせてやるぜ」

エリクィーダはヌーズオウを見ている
酒場のマスターヌーズオウ「剣技で勝負か、いいだろう」
エリクィーダエリクィーダ「僕の剣技のほうが美しく優れていることを証明してやろう」

ジフジフ「ってことは、俺はあれか。いやだな~」
スワイドゥーラスワイドゥーラ「見たことない顔だな、まあいい」

エリクィーダエリクィーダの攻撃 空断刃
ヌーズオウは剣で攻撃を止めた
ヌーズオウの攻撃 高速斬り
エリクィーダは攻撃をよけた
エリクィーダエリクィーダ「見せてあげよう、芸術というものを」

エリクィーダは高速ステップを始めた

酒場のマスターヌーズオウ。O〇(動きが把握しづらいな)

エリクィーダエリクィーダ「散れ」
エリクィーダの攻撃 真・スフィムブレイク

酒場のマスターヌーズオウ。O〇(油断した!!)

ヌーズオウは攻撃を避けようとした
ヌーズオウに200000のダメージ

エリクィーダエリクィーダ「これは驚いた。何という威力」
酒場のマスターヌーズオウ「・・・!?」
エリクィーダエリクィーダ「デクラメ様から頂いた力だ」

ヌーズオウ 神速絶技
エリクィーダエリクィーダ「素晴らしい技だ、しかし」
エリクィーダは攻撃を避けた

エリクィーダの攻撃 ヌーズオウに35000のダメージ
エリクィーダエリクィーダ「今の僕には全て動きが見えている」

803話

ラング村付近 アーガフ国

エリクィーダエリクィーダ「僕の攻撃はこのままでは終わらない」
エリクィ―ダはライズンを撃ってきた
酒場のマスターヌーズオウ「!?」

「ドドドドドドド!!!」

ヌーズオウは攻撃を全てはじいた

ヌーズオウの目の前にエリクィーダが現れた
エリクィーダエリクィーダ「やは僕の芸術的、美しい戦い方は間違っていなかった」
ヌーズオウは身を守ろうとした
エリクィーダエリクィーダ「無駄だ、散れ」

エリクィーダの攻撃 真・スフィムブレイク
ヌーズオウに200000のダメージ

ヌーズオウは倒れた

エリクィーダエリクィーダ「起き上がれないようにしてやろう」
エリクィーダは魔力を集中させた

エリクィーダエリクィーダ「剣を扱いつつ、そして光の魔法をここまで扱う事の出来る戦士は僕しかない。僕こそが今の平和委員会が最も必要としているオールマイティな戦士」

ヌーズオウは笑った
エリクィーダエリクィーダ「何がおかしい!」

酒場のマスターヌーズオウ「寂しい男だ。お前は俺に勝てない」
エリクィーダエリクィーダ「何だと、僕に負けている分際・・・」
ヌーズオウは起き上がった
酒場のマスターヌーズオウ「俺には守るものがある。国の仲間と妻。お前とは戦う理由は違うが、そいつらの存在が俺に力を与えてくれるんだ」

エリクィーダエリクィーダ「フッ、仲間ね。何を言うと思えば。僕は芸術が全て、もう一度食らうがいい」
エリクィーダは剣を構えた

酒場のマスターヌーズオウ「お前が俺に勝てない理由の一つを1ついった。残り2つを教えてやろう」

リボッグリボッグ。O〇(エリクィーダ、その男をなめすぎだ。なんせ天の称号創成主、最強の男だからな。さらに力をつけてきているはず)

酒場のマスターヌーズオウ「2つめ、この戦いでお前の攻撃を覚えてしまったようだ」

荒れ狂う魔力

エリクィーダエリクィーダ「!?」
エリクィーダは攻撃をよけた
エリクィーダエリクィーダ。O〇(何だ、今の魔力・・・)

真・スフィムブレイク

エリクィーダに250000のダメージ
エリクィーダエリクィーダ「がはっ」

エリクィーダは動けなくなった
酒場のマスターヌーズオウ「お前はアシュトウに比べると大したことないな。デクラメも中途半端に力を与えたのだろう。いや、才能の差か」
エリクィーダは頭を抱えた
エリクィーダエリクィーダ「僕は天才だ、凡人と比べるな。やめろやめろ」
ヌーズオウはエリクィーダを叩いて気絶させた
酒場のマスターヌーズオウ「反省してろ」

804話

ラング村付近 アーガフ国

スワイドゥーラの攻撃 空間爆発
「ドン!」
ジフは攻撃をよけた
スワイドゥーラスワイドゥーラ「よけてばかりだな」
ベクトムジフ「その通りだ。俺は慎重に戦うタイプの戦士。避け続けていれば必ずスキができる」
スワイドゥーラスワイドゥーラ「どうかな?」
スワイドゥーラは距離を詰めた
ベクトムジフ「!?」
スワイドゥーラの攻撃 体内破壊LV10000
ジフは攻撃を避けた
スワイドゥーラスワイドゥーラ。O〇(すべての攻撃に対して警戒しているな・・・だが)

ベクトムジフ「おや、片手を隠してたな」
スワイドゥーラスワイドゥーラ。O〇(ばれたか)

ジフの真上からライズンが複数落ちてきた
「ドドドドン!!」

ジフは攻撃を避けた
スワイドゥーラスワイドゥーラ「くっ」

ベクトムジフ「今だ」

ジフの攻撃 不思議な針

スワイドゥーラに1のダメージを与えた
スワイドゥーラスワイドゥーラ「何だこの針は、細すぎて抜けないな。毒でも・・・」

ベクトムジフ「安心しろ。毒など盛ってない。後にわかる。俺は攻撃を避け続ける、さぁかかってこい。
だが、早く終わらせないと貴様は不利になるだろう」
スワイドゥーラスワイドゥーラ「何だと?」
ベクトムジフ「それだけは確かだ」

スワイドゥーラの攻撃
ジフは攻撃をよけた
ベクトムジフ「焦っているな、攻撃がよけやすい」
スワイドゥーラスワイドゥーラ「くっ、よけられたか!」
ベクトムジフ「?」
ふたたびジフの真上からライズンが複数降ってきた

ベクトムジフ「悪いが、俺は目に見えているもの意外にも全て警戒している」
スワイドゥーラスワイドゥーラ「くそ!」
ジフの背後からもライズンが複数放たれた

ベクトムジフ「それほど魔力があるとはな」

ジフは完全防御をした
ダメージを与えられない

スワイドゥーラスワイドゥーラ「何!?」

ベクトムジフ「いや、完全防御がなければ防ぎようがなかった。今のは素晴らしい」

ジフの攻撃 不思議な針
スワイドゥーラに1のダメージを与えた

スワイドゥーラスワイドゥーラ「?」

ベクトムジフ「さぁ、続きを始めようか。この戦いの後、デートの約束があるんでね。あと、無傷で勝ちたいんだよ」

805話

ラング村付近 アーガフ国

スワイドゥーラの攻撃 空間爆発
ジフは完全防御をした ミス ダメージを与えられない
スワイドゥーラスワイドゥーラ「!?」

ジフの攻撃 不思議な針

スワイドゥーラスワイドゥーラ「!?」
スワイドゥーラは攻撃をよけた

ベクトムジフ「さぁ、次はどんな攻撃だ?魔法でも打つか?」
スワイドゥーラスワイドゥーラ「あいにく俺は魔法はそれほど強くない」
ベクトムジフ「となると、上位魔法は使えないか」
スワイドゥーラ「その通り。だが」
ベクトムジフ「!?」

スワイドゥーラの攻撃 空間大爆発
ベクトムジフ「!?」
ジフは完全防御をした ミス ダメージを与えられない

スワイドゥーラは手をジフに向けた
スワイドゥーラの攻撃 効果破壊
ベクトムジフ「何!?隠し持っていたか」
ジフの完全防御が解けた
スワイドゥーラはジフに近づいた
スワイドゥーラの攻撃 体内破壊LV10000
ベクトムジフ「言っただろ?デートの約束があるんだ」

ジフは腕を鳴らした

スワイドゥーラ身動きが取れなくなった

ベクトムジフ「一本目の不思議な針発動。あの効果に期待したが残念。どうやらこれは金縛りの針のようだったな。効果時間は30秒」

ジフは力を溜めた
スワイドゥーラスワイドゥーラ「・・・くそ・・・」
ジフは力を溜めている
ベクトムジフ「25秒間で溜める攻撃力。お前にはもはや生き残れる術はない。一命をとりとめても瀕死状態ではまともに動けないだろう」

ジフは力を溜めている
ベクトムジフ「短かったが、素晴らしい戦いに感謝しよう」

ジフの攻撃 解放の一撃
ベクトムジフ「さらば」

「ドン!!」
スワイドゥーラに70万ダメージ

スワイドゥーラスワイドゥーラ「ぐぉあああああああ!!」


戻る