fb
文字のサイズ フォントを小さくする 現在の文字の大きさ フォントを大きくする
bargerIcon

781話~

781話

市街地 バスクズドゥン国

リボッグリボッグ「く・・・くそ、どうすれば」
平和委員長平和委員長「せいぜい生き残る事だな。私はこの狂人薬を克服して見せる」
平和委員長は逃げだした

リボッグはゆっくりと歩きだした

デズキロア本体が現れた
デズキロア本体デズキロア本体「おい、どこへいく?」

リボッグリボッグ「・・・・!?」

デズキロア本体デズキロア本体「早速だが・・・」
デズキロア本体は武器を構えた

リボッグは逃げだした
デズキロア本体が追ってきた

デズキロア本体デズキロア本体「逃がすか、残り二人も俺が始末して真・6神塊に戻るんだ!!」

デズキロア本体の攻撃 連続阿修羅斬り
リボッグに20000のダメージ リボッグに20000のダメージ
リボッグに20000のダメージ リボッグに20000のダメージ
リボッグに20000のダメージ リボッグに20000のダメージ
リボッグ「!」
デズキロア本体の攻撃 絶・神速阿修羅斬
リボッグリボッグ「ぐあああああああ!!」
リボッグに大ダメージ リボッグは倒れた

デズキロア本体デズキロア本体「とどめは刺さねえ。そのまま息絶えるんだな」
デズキロアが10体現れた
デズキロアデズキロアデズキロアデズキロアデズキロアデズキロアデズキロアデズキロアデズキロアデズキロア
デズキロア本体デズキロア本体「穴を掘れ、こいつを生き埋めだ」

ラングの村 アーガフ国

砂漠と化していた
「ドン!!」

地面から穴が開いた
ヨージュが出てきた
ヨージュヨージュ「砂漠か・・・何もかもなくなってしまった。だが、奴のおかげで命だけは助かった」

穴の中から声がした
?ビス「おい、まだ毒が残ってる」
ヨージュヨージュ「ああ、息は止めている」

ヨージュは穴の中に入った

 

一か月後・・・

782話

酒場 バスクズドゥン国

魔法モニタが設置されている
客1「すごいねぇ、魔法モニタ。これで映像を世界配信できるらしいじゃないの」
客2「この前、英雄デクラメが戦争の企てたクウガを捕らえた時の映像が流れた時は本当に安心したよ」
元平和委員長が酒を飲んでいる
酒場のマスター「あんたは?」
平和委員長元平和委員長「私に名前を聞かれるのは何年ぶりだろうか。ドルキアだ」
酒場のマスター「あんたの目を見れば分かる。苦労した目だ」
平和委員長ドルキア「まあな。ん?魔法モニタが点灯したぞ。中継か?」

魔法モニタからデクラメの映像が映った
デクラメ(モニタ)「全世界の皆様、悲しいお知らせでございます。たった今、極悪人クウガが逃走いたしました」

客1「何だと!?」
客2「平和委員会は何をやっているんだ!!」

デクラメ(新・世界最高権力者)「私が新たなる世界最高権力者でありながらこの失態、全世界の皆様にどう伝えればよいのか言葉が浮かびません。ただ、私は誓いましょう。必ずクウガを捕らえ、即座に公開処刑映像中継いたします!」
デクラメの横にはデオシシスと新・6神塊が立っていた

デオシシスデオシシス(新・平和委員長)

???(???)(新・6神塊)
アスデロン(元8悪塊、黄金の目)(新・6神塊)
ミルギィア(元8悪塊 無限の人斬り) (新・6神塊)
ドスラゲイモンドスラゲイモン(新・6神塊)
アシュトウアシュトウ(新・6神塊)
デズキロア本体デズキロア本体(新・6神塊)


デオシシスデオシシス「クウガは魔力で力を封じた牢屋に収監し、厳重に警戒していきました。しかし彼には仲間がいたのです。油断していました。今からその仲間の顔を公開します」

客1「何だよ!新・6神塊がいるんだろ!!」
客2「そうだそうだ!!」

デオシシスデオシシス「フィンブレク。魔法剣を巧みに利用し、無限の魔力をもっている。セパーツタ海峡のグレフソン。元6神塊ディーグ。裏の牛人間リウジェイド。そしてシャフダ道場のシャフタ、シンピオン。彼らを捕らえたものには賞金を与える。有力な情報でも最低10万Gは与えよう。どんな些細な情報でも構わない。10万Gだ」

デズキロア本体デズキロア本体。O〇(うまく逃げ切れたのか)

客1「お・・・おい、10万。ちょっと見ただけでもいいんだろ?」
客2「ああ、最高じゃねえか!!」

デオシシスデオシシス。O〇(クウガ、フィンブレク。逃げ切れると思うなよ。お前たちは全世界を敵に回したのだ)

中心街ソルドヴァーク ゾンソーガ大陸

オジェライ達が魔法モニタを見ていた

グラジウスグラジウス「なんだかひっかかるな」
ズァクズァク「デクラメの考えることだ。たぶん、この前映像で流れたクウガは偽物だろ」
男オジェライ「あいつには借りがある。どうだ?お前たち、そろそろ腕がなまってきてないか?」

ソディオライグ「ああ、そろそろ剣の切れ味を試したかったころだ」
酒場のマスターヌーズオウ「新・6神塊とやら。直接会うか」
エペラヌンエペラヌン「俺たち3人で決まりだな」

グラジウスグラジウス「俺はいい」

男オジェライ「ヌーズオウ、俺にとってクウガは恩人だ。何かあったらクウガをここへ」

酒場のマスターヌーズオウ「言われるまでもないよオジェライ」

783話

酒場のマスターエペラヌン

エペラヌンエペラヌン「リボッグの情報がないが、生きてるのか?」
酒場のマスターヌーズオウ「デズキロアが処分したらしいが、確証はない。生き埋めとの事らしいが、できれば生き延びていてほしいな」
エペラヌンエペラヌン「俺たちは本来探すべきものではない奴らを探している。これが6神塊にばれたら大変だぞ」
酒場のマスターヌーズオウ「そうしている時点で6神塊を敵に回している」
ソディオライグ「目の前に現れたやつは、斬ればいい」

船が一隻近づいてくる デズキロアが乗っている

ソディオライグ「言ったそばから、獲物がやってきたか」
酒場のマスターヌーズオウ「スライグの技術はもう平和委員会に浸透している。デズキロアの大量量産だな。ほかの6神塊にそれをやらないということは、デズキロアの細胞が量産されやすい特殊な細胞だったということだ」
酒場のマスターヌーズオウ「初耳だな。特殊な細胞か」

デズキロアデズキロア「何だてめえら、アーガフ国に何しに・・・」

ソディオライグは剣を抜いた
ソディオライグ「決まっているだろう」
ソディオライグの攻撃 ソディオクラッシュソード

デズキロアに70000のダメージ
デズキロアデズキロア「平和委員会にさから・・・」
デズキロアがとびかかってきた 
ソディオライグ「オジェライの読みでは、アーガフ国は独立し、ばれないように地下のシェルターで戦力を蓄えていると聞いたが・・・」

ゾディオライグは氷を纏った
デズキロアデズキロア「うおおおおおりゃあああひゃはは!!」
デズキロアの攻撃 神速阿修羅斬
ソディオライグの攻撃 アイスソディオクラッシュソード
「ズン!!」
デズキロアに大ダメージ
ソディオライグ「さらに高めたこの圧倒的な力を自慢できればそれでいい」
デズキロアデズキロア「ぎゃああああああ」
デズキロアは死亡した

酒場のマスターヌーズオウ「見えた、アーガフ国だ」
エペラヌンエペラヌン「完全に荒地だな」

ヌーズオウたちはアーガフ国に上陸した

デオシシス室 新平和委員会拠点 バスクズドゥン国

ノックがあった
デオシシスデオシシス「入れ」

ミルギィアだった
ミルギィア

デオシシスデオシシス「何だ、その表情は。俺のやり方に不満かな?」
ミルギィアミルギィア「俺より力のないものが平和委員長だと。ふざけるな」
デオシシスデオシシス「なるほど、やはりそう思っていたか」
ミルギィアの背後からデズキロア本体が現れた
デズキロア本体デズキロア本体「俺たちが貴様につくとでも思ったか?デクラメにはつけるが、貴様にはつけないな」
デズキロア本体の腕が6本になった
ミルギィアは剣を構えた

デオシシスは銃をミルギィアに向けた
デオシシスデオシシス「信頼されているからだ。答えになっていないかな?」

ミルギィアの攻撃 殺人剣デズラド型1
「ドン!!!」
デズキロア本体デズキロア本体。O○(これが殺人剣デズラドか。速く不規則でうねる動きで心臓を狙い、人間の目では覆うことができない)
デオシシスは銃で剣を止めた
ミルギィアミルギィア「ほう」
デズキロア本体デズキロア本体「・・・」
デズキロア本体の攻撃 絶・神速阿修羅斬
デオシシスに攻撃が届かない
ミルギィアミルギィア「その能力、把握済みだ」
「ドン!!」
デオシシスデオシシス「!?」
ミルギィアの剣がデオシシスの背中に突き刺さった

784話

デオシシス室 新平和委員会拠点 バスクズドゥン国

デオシシスに大ダメージ
デオシシスは銃を落とした

ミルギィアミルギィア「これで貴様の攻撃手段は・・・」

「ドッ!!」
ミルギィアの腹にデオシシスの拳が入った
ミルギィアに50000のダメージ
ミルギィアミルギィア「てめぇ・・・」
ミルギィアの攻撃 デオシシスは攻撃を止めた
ミルギィアミルギィア「!?」

デズキロア本体の攻撃  絶・神速阿修羅斬
デオシシスは防御した ダメージを受けない
デズキロア本体デズキロア本体「!?」

ミルギィアミルギィア「貴様・・・地底人!?」
デズキロア本体デズキロア本体。O〇(防御時に固くなる特性か)

デオシシスの攻撃 体内破壊LV10000
「ドン!!!!!」
ミルギィアは倒れた
デオシシスデオシシス「俺が平和委員長になった理由の1つ、これで納得しただろう」
ミルギィアミルギィア「く・・・!!」
デズキロア本体は剣を収めた

デズキロア本体デズキロア本体「ヒャヒャヒャヒャ、いいねぇ!!俺は納得した!おれは弱い奴なんかには従わねえ。旧平和委員長はあれだからな。あんたに聞く、デクラメも地底人か?」

デオシシスデオシシス「あの男は違う。地底人ではないが、強いことは確かだ。地底人は6神塊にも一人いる」
ミルギィアミルギィア「何だと・・・・!?」

アーガフ国

酒場のマスターエペラヌン

酒場のマスターヌーズオウ「やはり何もないな」

デズキロアが5体現れた
デズキロアデズキロアデズキロアデズキロアデズキロア
ソディオライグ「!?」
エペラヌンエペラヌン「またか」

デズキロアデズキロア1「何だお前、生き残りか?俺たちはアーガフ国でもし生き残ったやつがいた場合、処分するように命令をうけてるんだ。悪いが、死んでもらうぜ!!」

デズキロア達が襲い掛かってきた

空間超爆発
「ドン!!!」

デズキロア1が死亡した
デズキロアデズキロアデズキロアデズキロアデズキロア「!?」

スワイドゥーラだった
エペラヌンエペラヌン「お前は一体」

スワイドゥーラスワイドゥーラ「この時のために、蘇らされた者とでもいっておこうか」

785話


過去 生と死の狭間(クウガとアシュトウが来た後)

スワイドゥーラが倒れている
目の前にアーヴェイが立っていた
アーヴェイアーヴェイ。O〇(さて、そろそろだ)
アーヴェイはスワイドゥーラに刺激を与えた

スワイドゥーラは目が覚めた

スワイドゥーラスワイドゥーラ「・・・!?君は」
アーヴェイアーヴェイ「ここは時間の流れが遅い生と死のはざまだよ」
スワイドゥーラスワイドゥーラ「俺は生きている?」
アーヴェイアーヴェイ「お前は今魂の状態さ。そして、肉体を冷凍保存している」

スワイドゥーラスワイドゥーラ「何が目的だ?」
アーヴェイアーヴェイ「今、お前が作った破壊兵器を誰が使っていると思う?」
スワイドゥーラスワイドゥーラ「破壊兵器は壊れて使用不可能になったはず」
アーヴェイアーヴェイ「ガディウレイズに回収されて、修理されたんだよ。そして今でも平和委員長が自分の所有物として使っている」
スワイドゥーラスワイドゥーラ「俺の破壊兵器が?」

アーヴェイアーヴェイ「クウガにすべてを託した。かつての仲間であったアシュトウも復活させたが、あいつには裏切られてしまったよ・・・」

スワイドゥーラスワイドゥーラ「そんなことどうでもいい。俺の破壊兵器を勝手に利用されているのは気にくわないな」
アーヴェイアーヴェイ「このまま生き返っても、すぐにやられるのがオチだ。よかったら、この時間がゆるやかに流れている世界で修行をしてみないかい?」
スワイドゥーラスワイドゥーラ「俺が強くなるのか?」
アーヴェイアーヴェイ「もちろん。あんたなら俺の何倍も強くなれる素質がある」
スワイドゥーラスワイドゥーラ「俺に素質?」
アーヴェイアーヴェイ「そのかわり、裏切りのアシュトウ、そしてやがて動くあの二人を止めてくれ」
スワイドゥーラスワイドゥーラ「あの男?」

アーヴェイアーヴェイ「裏の平和委員長デクラメ、そして地底人ガメゴドム」

過去:破壊魔力砲発射数日前 アーガフ国

アシュトウアシュトウ。O〇(いよいよこの国も終わりだ)
「みつけたぞアシュトウ」
アシュトウアシュトウ「!?」

スワイドゥーラだった

アシュトウアシュトウ「スワイドゥーラ、生きていたのか・・・」
スワイドゥーラスワイドゥーラ「さてキミには、聞きたいことがある。教えてもらおうか」
アシュトウアシュトウ「フッ、断ると言ったら?」

スワイドゥーラは笑った
スワイドゥーラスワイドゥーラ「素晴らしい。抵抗する人間ほど破壊への欲が高まる」

アシュトウアシュトウ「どうやって生き延びたか知らないが、もう貴様の時代は終わった。教えてやろう。今度こそ終わりだ」

786話

過去:破壊魔力砲発射数日前 アーガフ国

スワイドゥーラはアシュトウに手を伸ばした
アシュトウは位置を変えながらスワイドゥーラに接近した
スワイドゥーラスワイドゥーラ「動きが速いな」

スワイドゥーラは空間破壊を放った アシュトウとスワイドゥーラの位置が入れ替わった
アシュトウアシュトウ「!」
スワイドゥーラスワイドゥーラ「ククク、一瞬の混乱が命取りだ」
スワイドゥーラの攻撃 体内破壊LV10000
アシュトウアシュトウ「!!」
アシュトウに2000000のダメージ
アシュトウアシュトウ「がはっ」
アシュトウは笑った

アシュトウから血しぶきが猛毒だった

スワイドゥーラスワイドゥーラ「!」
スワイドゥーラは毒に侵された

アシュトウは蠍剣を背中から出した
アシュトウアシュトウ「罠にかかるとは・・・」

スワイドゥーラに30000のダメージ
スワイドゥーラスワイドゥーラ。O○(何だこの毒は・・・)

アシュトウアシュトウ「蠍剣から放つ剣技は毒を受けている者に対して壮大なダメージを与える」
アシュトウは剣を構えた

スワイドゥーラスワイドゥーラ「!」

アシュトウの攻撃 蠍の絶技
「ドドドドドドドド!!!」
スワイドゥーラに70000のダメージ スワイドゥーラに70000のダメージ
スワイドゥーラに70000のダメージ スワイドゥーラに70000のダメージ
スワイドゥーラスワイドゥーラ「がはっ!」
スワイドゥーラに毒の30000のダメージ

スワイドゥーラスワイドゥーラ「これは・・・予想外だ」
超空間爆発 アシュトウは攻撃をよけた
超空間爆発 アシュトウは攻撃をよけた
アシュトウアシュトウ。O○(瞬時に放つとは・・・)

スワイドゥーラの手がアシュトウに触れた
アシュトウアシュトウ「?」
スワイドゥーラスワイドゥーラ「笑える!こんな単純な手にかかるとはな」
アシュトウアシュトウ「貴様・・・」
アシュトウの攻撃 攻撃ができない
スワイドゥーラスワイドゥーラ「無駄だ。キミの能力は今、破壊された」
アシュトウアシュトウ「何だと・・・・!?」

スワイドゥーラの攻撃 体内破壊LV100000
アシュトウに2000000のダメージ

アシュトウは倒れた
アシュトウアシュトウ「くそ、ここで俺は終わるわけにはいかない」
スワイドゥーラスワイドゥーラ「教えろ。これから何がおこるかを」
アシュトウアシュトウ「くっ・・・いいだろう」

過去:破壊魔力砲発射数日前 ラングの村 アーガフ国

数時間後

スワイドゥーラスワイドゥーラ「・・・というわけだ」
村長ラングの村村長「それは大変だ!」
ヨージュヨージュ「悪人のあんたがいうことでも、その目は本当かもな。地下にでも身を潜めるか」
?ビス「破壊兵器に魔力と毒・・・信じられんな。そこまで技術が進歩しているのか」
村長ラングの村村長「最近の平和委員会ならやりかねない。まずはこの情報をアガーフ国全体に知らせるぞ。奴らの好きにはさせん!!」

787話

穴の中 クロデュスの街 破壊砲発射前 ラングの村 アーガフ国

スワイドゥーラが穴に入ってきた
街の人々「く・・・来るな!!」
ライデーネライデーネ「正義の英雄だったスワイドゥーラもずいぶん嫌われ者になったようだね」

スワイドゥーラスワイドゥーラ「キミはライディーネか、生き残っていたとは」
ゴールドナイト達「スワイドゥーラ様、本物でしょうか!?わ、我々はついていきます!」

外で大きな音がした

ライデーネライデーネ。O○(破壊魔力砲・・・ゴールドタワーも後かななくなくなるんだね・・・)

音がおさまった
街の人々が出ようとした ゴールドナイトが制した
ゴールドナイト達「まだです、まだ毒が空気中に飛散しています!!」

ライデーネライデーネ「これからどうするつもりなんだ?」
スワイドゥーラスワイドゥーラ「毒が消えるまで時間がかかる。一か月後、戦力を集め平和委員会をつぶす」
ライデーネライデーネ「おぉ、正気!?」

国境付近 アーガフ国

デズキロア達は全滅した

ソディオライグ「なかなかやるな、だが俺一人でも倒せた」
エペラヌンエペラヌン「空間を爆発か・・・」
スワイドゥーラは笑った
スワイドゥーラスワイドゥーラ「で、キミたちはなぜここへ?」
酒場のマスターヌーズオウ「俺の名はヌーズオウ、そしてソディオライグにエペラヌン。ソンソーガ大陸から来たものだ」
スワイドゥーラスワイドゥーラ「ほう、ソンソーガ大陸。素晴らしい戦力だ」
酒場のマスターヌーズオウ「アーガフ国が破壊兵器によって攻撃されたことを知り、急きょ助けにきた。この大陸のクウガという男には借りがあってな」
スワイドゥーラスワイドゥーラ「話は早いな。平和委員会を叩く覚悟は?」
酒場のマスターヌーズオウ「多分、話し合って通じる相手ではないな。クウガを助けるにはそれしか手がないと思っている」

ソディオライグ「まぁ、どうでもいい。この剣を存分に振り回せればな」
酒場のマスターヌーズオウ「まぁ、たった4人で奴らに歯向かうのは無謀だ。クウガたちを探すしかなさそうだな」
スワイドゥーラスワイドゥーラ「少なくともこの大陸にはいないだろうな」

788話

地下拠点 ラング村 アーガフ国

スワイドゥーラたちが入った

スワイドゥーラ酒場のマスターエペラヌン

全員毒で倒れていた

スワイドゥーラスワイドゥーラ「!!」

ヨージュヨージュ「す・・・すまない、バレてしまったようだ」
ヨージュは気絶した

酒場のマスターヌーズオウ「息を止めろ!!」

スワイドゥーラたちは息を止めた

アシュトウミルギィア

アスデロン「スワイドゥーラ一人のはずでは?アシュトウ、話が違うぞ」
アシュトウアシュトウ「くっ・・・四人!?」

ソディオライグ「あのアシュトウという男と戦うにはここでは不利だ」
ヌーズオウは目で合図した
スワイドゥーラスワイドゥーラ「逃げるか」

スワイドゥーラ達は地上に逃げた
アスデロン「・・・」
アスデロンの目が黄金に輝いた

時間が戻された

 

スワイドゥーラたちが入った

スワイドゥーラ酒場のマスターエペラヌン

全員毒で倒れていた

スワイドゥーラスワイドゥーラ「!!」

ヨージュヨージュ「す・・・すまない、バレてしまったようだ」
ヨージュは気絶した

酒場のマスターヌーズオウ「息を・・・!!」
既に毒噴射がはじまっていて遅かった

スワイドゥーラたちは毒に侵された

アシュトウアシュトウ「さすが、黄金の目」
アスデロン「その毒の効果は?」
アシュトウアシュトウ「5分だ。5分で身動きが取れなくなるほどの苦痛を味わう」
ミルギィアミルギィア「じゃあ始めるとするか!!!」

スワイドゥーラは毒の50000ダメージを受けた
ヌーズオウは毒の50000ダメージを受けた
ソディオライグは毒の50000ダメージを受けた
エペラヌンは毒の50000ダメージを受けた

エペラヌンエペラヌン「ぐっ黄金の目とは一体・・・」

アシュトウアシュトウ「心配無用だったな。貴様らに勝ち目はない」

ミルギィアの攻撃 カウンター
ヌーズオウの攻撃 神速絶技

ミルギィアミルギィア「何!?」
ミルギィアに150000のダメージ

アシュトウは神速剣技を覚えた
アスデロン「・・・速い動きか」
アシュトウアシュトウ「これはいい、使えそうだな」

アスデロンは黄金の目で時間を戻した

ミルギィアの攻撃 カウンター
ヌーズオウの攻撃 神速絶技

アスデロンが攻撃を止めた
酒場のマスターヌーズオウ「と・・・止めた!?」

スワイドゥーラの攻撃 体内破壊LV10000
アシュトウの攻撃 神速剣技
アシュトウアシュトウ「残念、こっちのほうが速い」

スワイドゥーラに150000のダメージ

スワイドゥーラは毒の100000ダメージを受けた
ヌーズオウは毒の100000ダメージを受けた
ソディオライグは毒の100000ダメージを受けた
エペラヌンは毒の100000ダメージを受けた

スワイドゥーラスワイドゥーラ「がはっ」

ネオ・ソディオクラッシュソード ミス、アシュトウにダメージを与えられない
アシュトウアシュトウ「さきほど倒れたビスという男から覚えた完全防御という技だ」
ソディオライグ「ほう・・・」

アスデロン「今の技も覚えたか?」
アシュトウアシュトウ「覚えた」

エペラヌンエペラヌン。O○(うかつに技を出せないな。毒を使うだけでなく、一度見た技を覚えてしまうのか・・・そしてこちらの行動が全て相手に把握されている。どういうことだ)


戻る