fb
文字のサイズ フォントを小さくする 現在の文字の大きさ フォントを大きくする
bargerIcon

471話~480話

471話

戦闘大会会場 港町ファンヴァール

フーガンフーガン「流星刃突」
「ズババババババッ!!」
流星刃突 カトゥンに2500のダメージ
カトゥンカトゥン「・・・ぐっ!」

司会者ワイドラクセル司会者ワイドラクセル「フーガン選手の流星刃突です!この技で全試合を勝ち進んできました!」

オーラムクオーラムク。O○(フーガンが強いのはそれだけではない。我々にしか知らない特殊能力がある)

フーガンフーガン「いい感じだ」
カトゥンカトゥン。O○(強い・・・これが4強の力か)
フーガンの攻撃 高速斬り
カトゥンカトゥン「この程度・・・」
カトゥンは攻撃をよけた

フーガンは神に祈った 時間が3秒戻った

フーガンの攻撃 高速斬り
フーガンフーガン「この程度・・・」
カトゥンは攻撃をよけた 目の前にフーガンがいた
カトゥンカトゥン「な・・・何!?」
フーガンフーガン「流星強撃」

オーラムクオーラムク。O○(使用回数は限られているが、時を3秒戻すことができる)

「ズドン!!」
カトゥンカトゥン「が・・・がはっ!」

カトゥンに5000のダメージ

司会者ワイドラクセル司会者ワイドラクセル「強い・・・やはり圧倒しています!」

フーガンフーガン「いい調子だ・・・・?」
フーガンはよろけた

オーラムクオーラムク「?」
ソロウズソロウズ「何だ?」

穴 戦闘大会会場 港町ファンヴァール

チャコルダガディウレイズ「捕まえた。グェッヘッヘッヘッ」

ブジェネイロブジェネイロ。O○(体の一部を転送させる能力か・・・)

戦闘大会会場 港町ファンヴァール

カトゥンカトゥン「?」

レイグロム(6神塊)ギレイグロム。O○(効いてきたようだ)

フーガンフーガン「ぐ・・・何だ。体が思うように動かない」
カトゥンカトゥン「?・・・そうか。分かったぞ。かすかに俺の攻撃が当たっていたのだな」
カトゥンは剣を構えた

ソロウズソロウズ「どうしたフーガン!」

司会者ワイドラクセル司会者ワイドラクセル「フーガン選手!突然動きが止まりました!どうしたのでしょう!?」

472話

戦闘大会会場 港町ファンヴァール

カトゥンの攻撃 フーガンの精神にダメージ

フーガンフーガン「・・・くっ!」
フーガンは神に祈ろうとした 卵が孵化した
フーガンフーガン「!?・・・な、何だこれはっ!」」
祈ることができなかった

裏の穴 戦闘大会会場 港町ファンヴァール

チャコルダガディウレイズ「俺の体内から排出された卵が孵化したようだ」

ガディウレイズの腕には卵がびっしりついている

ブジェネイロブジェネイロ「じゃあ今までのは?」

チャコルダガディウレイズ「グェッヘッヘッ。俺の体液が卵にこびりついていたのだ。生身の人間には耐えられないだろう。・・・そして卵が孵化したとき、何が始まると思う?」

ブジェネイロブジェネイロ「さあ・・・」

チャコルダガディウレイズ「幼虫が人肉を食らい、成虫となる」

ブジェネイロブジェネイロ。O○(・・・恐ろしい)

戦闘大会会場 港町ファンヴァール

フーガンフーガン「ぐあああああ!!」
カトゥンカトゥン「!?」
フーガンの全身に何かが動いている

オーラムクオーラムク「フーガン!!」

裏の穴 戦闘大会会場 港町ファンヴァール

ブジェネイロブジェネイロ「ばれないのか?」
チャコルダガディウレイズ「目には見えんよ」

戦闘大会会場 港町ファンヴァール

フーガンの肉が食われていく
カトゥンカトゥン「な・・・何!?」
フーガンフーガン「ぐあああああああ!!」

幼虫が成虫になった

オーラムクオーラムク「何があった」

フーガンは倒れた
カトゥンは身動きがとれない

司会者ワイドラクセル司会者ワイドラクセル「フーガン選手!どうしたのでしょうか!?いったい何が起きているのか分かりません!カトゥン選手の技がそれほど特殊なものなのでしょうか!?」

裏の穴 戦闘大会会場 港町ファンヴァール

チャコルダガディウレイズ「成虫になると、食事は不要と判断し破壊を始める」

観覧席 戦闘大会会場 港町ファンヴァール

フィンブレクフィンブレク「おかしくないか?」
クウガクウガ「ああ。止めたほうがいいのでは?」

473話

戦闘大会会場 港町ファンヴァール

フーガンフーガン。O○(体の中に虫が入って行く!苦しい!声が出ない!!)

カトゥンカトゥン「この程度か。オーラムク瞑白教会!」
フーガンフーガン。O○(すまない・・・オーラムク。ソロウズ・・・俺は)

オーラムクオーラムク。O○(おかしいぞ)
ソロウズソロウズ「フーガン!」

フーガンの動きが止まった

ソロウズソロウズ「返事しろフーガン!!」
オーラムクオーラムク「くっ!」

フーガンは死亡した

観覧席 戦闘大会会場 港町ファンヴァール

クウガクウガ「よし、止め・・・ん?」
リボッグリボッグ「オーラムクという男が何かに気づいたか」
フィンブレクフィンブレク「そうだな」

戦闘大会会場 港町ファンヴァール

ソロウズソロウズ「許さんぞ!!」
ソロウズは前に出ようとした
オーラムクは止めた
ソロウズソロウズ「な・・・なぜ止める!」
オーラムクの拳が震えている
ソロウズソロウズ「オーラムク・・・?」

戦闘大会会場 港町ファンヴァール

司会者ワイドラクセル司会者ワイドラクセル「ソロウズ選手!死んでしまいました!大アクシデントです。・・・しかしこれは戦闘大会。戦死者などのアクシデントはつきものです。ソロウズ選手には申し訳ないのですが、カトゥン選手の勝利になります・・・」

レイグロム(6神塊)ギレイグロム「よくやったカトゥン。その武器を使いこなしているではないか」
カトゥンカトゥン「いえ、あの男が弱すぎただけかもしれません」
リネリネ「俺の番だ」
リネは前に出た

オーラムクオーラムク「この試合を棄権する!」

司会者ワイドラクセル司会者ワイドラクセル「え!?」

オーラムクオラームク「棄権するといった」

司会者ワイドラクセル司会者ワイドラクセル「そ・・・そうですか。オーラムク瞑白教会、試合を棄権いたしました。・・・いえ、フーガン選手のことを考えると仕方がないかもしれません」

カトゥンカトゥン「棄権か。いい判断だ」

レイグロム(6神塊)ギレイグロム。O○(ほう、見抜いたかオーラムク)

裏の穴 戦闘大会会場 港町ファンヴァール

チャコルダガディウレイズ「もう終わりか。第二の卵をこんなに用意していたのに」

474話

観覧席 戦闘大会会場 港町ファンヴァール

観客1観客1「うそ・・・オーラムク瞑白教会が棄権!?」
観客2観客2「何で戦わないんだ?」
観客3観客3「フーガンが亡くなったんだぞ!お前何言ってるんだ!」
観客2観客2「あ・・・そうだ」

選手控え室 戦闘大会会場 港町ファンヴァール

オーラムクオーラムク「・・・」
ソロウズソロウズ「棄権ってどういう事だよ!悔しくないのかオーラムク!」
オーラムクオーラムク「一瞬だが、腕を見た」
ソロウズソロウズ「腕!?」
オーラムクオーラムク「最初は気のせいだと思ったが、あのフーガンの苦しみ方は・・・そいつの手によるものだった。このまま試合を続けたらどうなると思う?」
ソロウズソロウズ「まさか俺たちも!?」
オーラムクオーラムク「何者かは知らないが・・・汚い手を使うとは!!」
オーラムクは拳で机を叩いた
ソロウズソロウズ「笑っていた。あのギレイグロムという男」

オーラムクオーラムク「だが、このまま黙って引き下がるわけにはいかない」

裏の穴 戦闘大会会場 港町ファンヴァール

レイグロム(6神塊)ギレイグロム「ご苦労さん」
チャコルダガディウレイズ「グェッヘッヘッ・・・全身が震えるねぇ。共同作業っていうのも。俺の愛情がちゃんと敵さんに届いたよ。もう死んでるがな」

通路 戦闘大会会場

クウガフィンブレクリボッグ

ゼムディグループが現れた

ゼムディポセロガウンブリザー


ゼムディゼムディ「今回も負けるつもりはない」
クウガクウガ「こっちこそ」
ポセロポセロ「あと10分で始まるよ」
フィンブレクフィンブレク「お前たちも力をさらにつけてきたようだな」
ガウンブリザーガウンブリザー「俺とピノンはそうだな。だがゼムディは違う。予選では真の力を隠している」
ゼムディゼムディ「まあ、隠すつもりはなかったが・・・相手の力が一定以上だと俺は第二の力を使う。予選では危険すぎるのだ」
クウガクウガ「そうか」

クウガチームとゼムディグループは会場入りした

475話

戦闘大会会場 港町ファンヴァール

司会者ワイドラクセル司会者ワイドラクセル「クウガチームとゼムディグループの試合がまもなく始まります!双方、アーガク国から出場されています!再戦ということになるのでしょうか!」

クウガフィンブレクリボッグ クウガチームが入場した

司会者ワイドラクセル司会者ワイドラクセル「砂王学園を制したビスチームに勝利を収めたばかりのクウガチーム。決して弱いチームではありません!今、入場しました!」

ゼムディポセロガウンブリザー ゼムディグループが入場した

司会者ワイドラクセル司会者ワイドラクセル「ゼムディグループです!予選で一度クウガチームに勝っています!今年のゼムディグループは去年とは比べ物にならない程の力をつけてきたようで、優勝候補の一角とまで言われています!」

両チーム、ベンチに腰を据えた

ガウンブリザーは立ち上がった
ガウンブリザーガウンブリザー。O○(リボッグ、俺はお前と再戦したい)

リボッグリボッグ「俺を見たな、ガウンブリザー」
リボッグは前に出た

フィンブレクフィンブレク「もう一度勝ってこい」

ガウンブリザーは前に出た
司会者ワイドラクセル司会者ワイドラクセル「早くも両選手、対戦相手が決まったようです!
それでは試合を始めてください!」

リボッグVSガウンブリザー

リボッグは突進しようとした
ガウンブリザーの影が両サイドから攻撃をしかける
リボッグリボッグ「!」
ガウンブリザーガウンブリザー「黒い用心棒の巣との戦い・・・あれで実力の差を痛感した。俺は必死に影のトレーニングを積んだ。今度こそ勝たせてもらうぞ」

フィンブレクフィンブレク「・・・これは!?」
クウガクウガ「影が武器を装備している!」

ガウンブリザーガウンブリザー「そして俺は黒刀を影へコピーすることに成功した」

影の連携攻撃
リボッグは攻撃をよけた

リボッグリボッグ「面白ぇ!」

476話

戦闘大会会場 港町ファンヴァール

ガウンブリザーの影が全員構えた
リボッグリボッグ「!」
ガウンブリザーの攻撃 黒い刃

フィンブレクフィンブレク「何という数だ!」

リボッグは防御した
ガウンブリザーガウンブリザー「!」
ミス ダメージを受けない
ガウンブリザーガウンブリザー「ますます硬くなってるな」

リボッグリボッグ「食らえ!」
リボッグの攻撃 突進

ガウンブリザーは影と位置が入れ替わった
リボッグは体を反転させる
ガウンブリザーガウンブリザー「!」

リボッグリボッグ「そこだ!」

リボッグの攻撃 高速衝撃弾突進
「ズドォオン!!」
ガウンブリザーガウンブリザー「くっ!」

ガウンブリザーに1000のダメージ
リボッグリボッグ「どうだ」
ガウンブリザーは白刀を抜いた

ガウンブリザーの攻撃 灰の十字架切り
リボッグの動きが一瞬止まる

ガウンブリザーガウンブリザー。O○(この一瞬のスキが命取りだぞリボッグ!)

ガウンブリザーの攻撃 陣形攻撃:灰襲陣
「ズババババババ!」
リボッグに2000のダメージ

司会者ワイドラクセル司会者ワイドラクセル「何という陣形攻撃でしょう!ガウンブリザー選手!去年とはまるで別人です!」

クウガクウガ「・・・ここまで強くなっているとは」
フィンブレクフィンブレク「そろそろ、リボッグも燃えてくるころかな」

リボッグリボッグ「面白い!」

リボッグの体中の刃がうずいた
ガウンブリザーガウンブリザー「これからが本当の戦いになりそうだな」

477話

戦闘大会会場 港町ファンヴァール

リボッグリボッグ「手を抜くなよ」

リボッグの攻撃 刃の突進
ガウンブリザーの影が縦に並んだ
先頭の影が防御する

リボッグリボッグ「甘いな」

リボッグは突進に力を加えた
「ズン!」

ガウンブリザーガウンブリザー。O○(・・・!とんでもない力だな)

リボッグリボッグ「これ以上影を増やさないのか?」
ガウンブリザーガウンブリザー「無理だ。力が分散される」

リボッグの体から刃が離れる
「ババババ!」
ガウンブリザーガウンブリザー「刃地獄か・・・させん!」
ガウンブリザーは影を分散させ、それぞれ刃に向かっていった

リボッグリボッグ「!」

ガウンブリザーは力を抜いた ガウンブリザーは突進に吹き飛ばされる
ガウンブリザーは1000のダメージ
リボッグリボッグ「そうきたか。ダメージは半減だな」

ガウンブリザーは陣形を変えた

リボッグリボッグ「!」
ガウンブリザーガウンブリザー「灰翼の陣!!」

司会者ワイドラクセル司会者ワイドラクセル「おっと!ガウンブリザー選手!あのコーン選手を一瞬で沈めた大技を早くも出します!」

リボッグは防御した
ガウンブリザーガウンブリザー「防いで見せろ俺の最強の陣形を!!」

灰の翼がリボッグに襲い掛かる

478話

観覧席 戦闘大会会場 港町ファンヴァール

シンピオンシンピオン「ガウンブリザー、ここまで強くなったか」

戦闘魔法円 戦闘大会会場 港町ファンヴァール

クウガクウガ「あの陣形だ」
フィンブレクフィンブレク「努力家だな」

灰の翼がリボッグに襲い掛かる
リボッグリボッグ「ぐあああ・・・!」

「ズオオオオオオオン!!」

リボッグに4000のダメージ
リボッグはよろめいた

ガウンブリザーガウンブリザー。O○(この程度で倒れないことは分かっている)

ガウンブリザーの攻撃 灰の十字架斬り

ゼムディゼムディ。O○(今の奴なら単発ではなく続けてこの技を放つことができる)

リボッグに1000のダメージ

フィンブレクフィンブレク。O○(だめだ避けきれない。一瞬現れる死神がリボッグの動きを邪魔している)

リボッグリボッグ「く!」
ガウンブリザーの攻撃 灰の十字架斬り
リボッグは攻撃をよけた
ガウンブリザーガウンブリザー「後ろだ」
ガウンブリザーの攻撃 灰の十字架斬り

リボッグに1000のダメージ

リボッグリボッグ「ぐ!」
ガウンブリザーガウンブリザー「特殊金属、流石の防御力だな・・・ん?」

司会者ワイドラクセル司会者ワイドラクセル「な・・・何でしょうか!?空中に刃が舞っています!」

ガウンブリザーは上を見た
ガウンブリザーガウンブリザー「何!?」

リボッグリボッグ「バレたか。仕方ねぇ・・・今度こそ決めるぜ刃地獄」

ガウンブリザーガウンブリザー。O○(灰の十字架斬りを一度避けられたからダマされていたが・・・くそ、すべてはこの刃のためか)

リボッグリボッグ「大技を放った直後ならば大量の影は作れないだろう」

リボッグの攻撃 刃地獄

「バリバリバリバリバリ!!」

479話

戦闘魔法円 戦闘大会会場 港町ファンヴァール

リボッグの攻撃 刃地獄

「バリバリバリバリバリ!!」

ガウンブリザーガウンブリザー。O○(影が・・・間に合わない!)
ガウンブリザーに5000のダメージ
ガウンブリザーガウンブリザー「・・・!!!」

フィンブレクフィンブレク「効いたぞ」

ガウンブリザーは倒れた
リボッグリボッグ「どうだ俺の刃地獄は?」
ガウンブリザーガウンブリザー「・・・効いたな・・・これは・・・」
ガウンブリザーは起き上がった
ガウンブリザーガウンブリザー「・・・ぐっ!」

司会者ワイドラクセル司会者ワイドラクセル「いい戦いです!この勝負、どちらが勝ってもおかしくはないでしょう!」

ガウンブリザーの攻撃 白い刃 リボッグは攻撃をよけた
リボッグの突進 ガウンブリザーは攻撃をよけた
ガウンブリザーの攻撃 灰の十字架斬り リボッグに1000のダメージ
リボッグの攻撃 高速衝撃弾突進 ガウンブリザーに1000のダメージ
ガウンブリザーの攻撃 灰の十字架斬り リボッグに1000のダメージ
リボッグの攻撃 高速衝撃弾突進 ガウンブリザーに1000のダメージ
リボッグはよろめいた
ガウンブリザーはよろめいた

ガウンブリザーは影を増やした
ガウンブリザーガウンブリザー「らちがあかないな。ようやく、攻撃ができるようになった」

リボッグリボッグ「そうか、全て切り刻んでやるぜ!!」

フィンブレクフィンブレク「最後の攻防が始まるぞ」
クウガクウガ「ああ」

ガウンブリザーガウンブリザー「これで決める」
リボッグリボッグ「互いに、ダメージは大きい・・・これで勝負が決まりそうだな」

480話

戦闘魔法円 戦闘大会会場 港町ファンヴァール

ガウンブリザーの攻撃 陣形攻撃:灰襲陣
リボッグの攻撃 刃地獄

ゼムディゼムディ「いい戦いを見せてくれる」

刃が中に舞う ガウンブリザーの影が増殖する

「ズガガガガガガガガ!!!」

フィンブレクフィンブレク「影と刃が激突している!」

司会者ワイドラクセル司会者ワイドラクセル「双方の大技が炸裂!どっちも譲りません!攻撃が途絶える、もしくは圧された方が負けになるでしょう!」

「ズガガガガガガガガ!!!」

クウガクウガ「大量の踊る刃と、灰の翼か」

ガウンブリザーガウンブリザー「これで終わりだ!!!」
ガウンブリザーの影が全員、黒刀と白刀を装備した
リボッグリボッグ「何!?」

司会者ワイドラクセル司会者ワイドラクセル「ガウンブリザー選手!最後の最後に大技を隠していました!!」

ガウンブリザーの影が全員 灰の十字架斬り
「バリバリバリバリ!!!」
リボッグリボッグ「やられた・・・!!」

リボッグに大ダメージ リボッグは倒れた

リボッグリボッグ「動けねえ。まさかこんな大技をもっていたとは」
ガウンブリザーガウンブリザー「立っているので精一杯。俺も動けない。
だがこれで1勝1敗だな」

司会者ワイドラクセル司会者ワイドラクセル「ガウンブリザー選手の勝利です!!」

ゼムディゼムディ「ほぼ相打ちだな。戦況は五分五分」
ポセロポセロ「ガウンブリザーはもう動けないよ。次は俺とフィンブレクかな♪」


戻る