fb
文字のサイズ フォントを小さくする 現在の文字の大きさ フォントを大きくする
bargerIcon

411話~420話

411話

スコーディオスコーディオ「確かに死んだはず!」

クウガクウガ「ああ、一度はな」
クウガはスコーディオに斬りかかってきた
スコーディオスコーディオ「!」
スコーディオは右手を広げた
「ズバッ!」

「!」

スコーディオに大ダメージ
スコーディオスコーディオ「ぐああああああああ!!!」

ドゥーパドゥーパドゥーパドゥーパ「あの右手は強大な攻撃力には対応できない」

スコーディオスコーディオ「くそ・・・!」
スコーディオはライトンを唱えた
クウガはライトンを弾いた
クウガの攻撃 スコーディオに800のダメージ
スコーディオスコーディオ「が・・・がはっ!」
スコーディオは死亡した

チャコルダ(6神塊一人・元懸賞金49000G)チャコルダ。O○(通常攻撃でそれほどの破壊力か)

ギュスタンギュスタン「死に足りねえか!じゃあもう一度地獄に送ってやるか!」
ギュスタンの攻撃 クウガは攻撃をよけた
ギュスタンギュスタン「・・・ちぃっ!」
ギュスタンギュスタン VS クウガクウガ

フィンブレクフィンブレク「ドゥーパドゥーパがいるな」
リボッグリボッグ「そうだな」
フィンブレクフィンブレク「どうもあいつには何かありそうだ」
フィンブレクはドゥーパドゥーパに向かっていった

ドゥーパドゥーパドゥーパドゥーパ「また会ったね。催眠剣を食らうかな?」
フィンブレクフィンブレク「効かないな」
ドゥーパドゥーパドゥーパドゥーパ VS フィンブレクフィンブレク

リボッグリボッグ「俺はあれか」
リボッグはアロを睨みつけた
アロアロ「・・・」
アロアロ VS リボッグリボッグ
アロアロ 「戦いたくないんだ」
リボッグリボッグ「そうか。じゃあ、てめえは何もしなくていいぜ。
俺が地獄へ落としてやるまでよ」

ブレイザブレイザ(頼むぞ・・・クウガ、フィンブレク、リボッグ。お前たちにすべてを託す)

412話

ギュスタンギュスタン「フハハハハハ!」
クウガクウガ「第一戦目はお前が丁度いいな」
クウガは構えた
ギュスタンギュスタン「そうかよ」
クウガが消えた
ギュスタンギュスタン「!」

「ズバッ!」

ギュスタンに800のダメージ ギュスタンに800のダメージ
ギュスタンギュスタン「くそ!」
ギュスタンの攻撃 人食剣
「ガリガリガリガリ!!」
クウガは剣で攻撃を受け止めた
ギュスタンギュスタン。O○(くそ・・・おかしいぞ)

ギュスタンは腕に力を込めた
クウガクウガ「?」
ギュスタンギュスタン「タヴォーギュ上級魔法:タヴォージャ」
ギュスタンはタヴォージャを唱えた
クウガクウガ「・・・」
クウガは剣で魔法を弾いた
ギュスタンギュスタン「・・・!?」

ブレイザブレイザ。O○(強い・・・。この短期間に何をしたんだ!?)

ギュスタンギュスタン「そんなはずあるか!何かカラクリがあるはずだ!
能力強化系の魔法か?それとも別人が化けてるのか?」
クウガクウガ「本物だ」
ギュスタンギュスタン「そうか本物か!」
ギュスタンは手の平をクウガに向けた
クウガクウガ「?」
ギュスタンはタヴォーギュを連続で唱えた
「ズババババババババババババ!!」
クウガはみだれ斬りを放った
タヴォーギュを全て返した
ギュスタンギュスタン「おおおぉお!」
ギュスタンはタオーギュを唱えた
クウガクウガ「・・・」
クウガは剣で魔法を弾いた

ギュスタンギュスタン「・・・!!」
ギュスタンはスピルドンを唱えた
クウガクウガ「?」
ギュスタンのスピードが2倍になった
ギュスタンギュスタン「フハハハハハ!これでどうだ?あ?」
ギュスタンの攻撃 高速人食剣
「ガリガリガリガリガリ!!!」

クウガクウガ「とてつもない攻撃だな」
クウガは闇の力を解放した

413話

「ドォオオオオオオ!!!」
ギュスタンギュスタン「それがどうした?俺のコイツは止められねえぜ!」
「ガリガリガリガリ」
高速人食剣

クウガは剣を向けた 黒い渦が発生した
「ギュルルルルル!!」
ギュスタンの放つ高速人食剣が渦に消されていく
ギュスタンギュスタン「!」
クウガクウガ「今度はこっちの番だ!」
ギュスタンギュスタン「くそが!」
クウガの攻撃 漆黒乱れ切り
「ババババババババ!!」
ギュスタン800のダメージ ギュスタンは800のダメージ
ギュスタンは800のダメージ ギュスタンは800のダメージ
ギュスタンは800のダメージ
ギュスタンギュスタン「うぉおおおおおお!!!」
ギュスタンの攻撃 人食剣
クウガは攻撃を防いだ
ギュスタンギュスタン「何で俺の攻撃が通じないんだ!!」
クウガクウガ「闇魔法だ」
ギュスタンギュスタン「!」

クウガはダークルを唱えた
「ズオオオオオオ!!!」
ギュスタンギュスタン。O○(こいつ。一瞬にして魔法を・・・何だこの詠唱時間の短さは!?)
ギュスタンに3000のダメージ

チャコルダ(6神塊一人・元懸賞金49000G)チャコルダ。O○(驚かせてくれるな)

クウガクウガ「俺はチャコルダを倒す!」
クウガの攻撃
ギュスタンギュスタン「フハハハハハ!・・・な、何言ってやがる!
俺がどれだけ強くなって3の数字を得たかわかるかテメエに!!」
ギュスタンは自分の片腕を切り落とした
クウガクウガ「!」

ギュスタンの人食い剣がその腕を食う
「ガリガリガリガリガリガリ!!」
クウガクウガ「・・・何だ?」

人食い剣がさらに殺気を帯びてきた
ギュスタン「教えてやろうか?俺達は普通じゃねぇ。もう死んだが、ウイルス野郎は一番最悪だぜ。さぁ始めようか!
今度の人食剣は俺にも止められないぜ!強くなったテメェを目の前にしても、コイツの方が恐いぜフハハハハハ!!」

ドゥーパドゥーパドゥーパドゥーパ。O○(ギュスタン、とうとう奥の手を使ったか)

414話

カヌイ街・港

フィンブレクはギュスタンを見ていた
フィンブレクフィンブレク。O○(あの男、なんて奴だ。自分の腕を喰わせるなんて・・・)
ドゥーパドゥーパドゥーパドゥーパ「なぜ本気を出さない?」
フィンブレクフィンブレク「お前こそ」
ドゥーパドゥーパドゥーパドゥーパ「・・・」

リボッグの攻撃 アロは攻撃をよけた
アロの攻撃 リボッグは攻撃を止めた
リボッグリボッグ「やる気があんのかてめえは!」
リボッグの攻撃 アロは攻撃を止めた アロは軽く吹き飛んだ
アロアロ「・・・」
リボッグリボッグ「ちっ」

クウガクウガ「確かに普通じゃないな。片腕を犠牲にするとは・・!」
ギュスタンギュスタン「食いちぎれ人食い剣!!」
ギュスタンの攻撃
クウガはダークルを唱えた
ギュスタンギュスタン「言ったろ?コイツは止められねえ」
人食い剣はダークルを食った
クウガクウガ「!」
ギュスタンギュスタン「フハハハハ!返してやるぜ!!」
人食い剣がダークルを吐いた クウガは攻撃をよけた
クウガクウガ「・・・くそ」
人食い剣が大きく口を開いた
「グァアアアアア!!」
クウガクウガ「!」
クウガは避けた
ギュスタンギュスタン「逃げるか?度胸がねえ野郎だ。恐怖を味わってから死ぬより、一気に死んだ方が楽だぜ!」
人食い剣が大きく口を開いた
「グァアアアアア!!」
クウガは剣で受け止めた
「ギリギリギリギリ!」
ギュスタンは魔力を口に込めた
クウガクウガ「!」
ギュスタンはタヴォージャを唱えた
クウガは攻撃をよけた
人食い剣がクウガに襲いかかる
ギュスタンギュスタン「どこまでも食らいついていくぜ!」
クウガクウガ「くそ」
クウガは剣を向けた 黒い渦が発生した
人食い剣が黒い渦を飲み込んだ そして吐きだした
ギュスタンギュスタン「くたばれ!てめえごときが俺に勝つなんざ、早すぎるんだよ!!」
ギュスタンは人食い剣を振り上げた
ギュスタンの攻撃 人食い剣殺し食い
「シャアアアアアア!!!」
クウガクウガ「そういえばまだ試していなかったな」
クウガは剣に闇の力を込めた
クウガの攻撃 漆黒の双月
ギュスタンギュスタン「!」
人食い剣が砕けた ギュスタンに3200のダメージ

ギュスタンギュスタン「ぐぁ・・・何だと!?」
クウガはさらに闇の力を剣にこめた
クウガクウガ「お前のおかげで俺はさらに強くなれた」
クウガの攻撃

新・暗黒十字刃

「ザン!!」
ギュスタンに5000のダメージ

アロアロ「!」
ドゥーパドゥーパドゥーパドゥーパ「!」
チャコルダ(6神塊一人・元懸賞金49000G)チャコルダ「!」

アロの様子が変化した

415話

カヌイ街・港

ギュスタンギュスタン「くそぉおおおお!なぜだ、なぜ勝てねえんだ!!」
クウガクウガ「・・・」

突然、ギュスタンに大ダメージ
ギュスタンギュスタン「がああああぁあああ!」
チャコルダが攻撃をしていた
クウガクウガ「チャコルダ・・・!」
ギュスタンは気絶した

チャコルダ(6神塊一人・元懸賞金49000G)チャコルダ「腕のない欠陥品は、巣のイメージを崩す」
クウガクウガ「お前、仲間を何だと思っている」
チャコルダ(6神塊一人・元懸賞金49000G)チャコルダ「大切に思っているよ。役に立つ限りは」

アロアロ「これはまずい」
リボッグリボッグ「まずい?」
アロアロ「ギュスタンの敗北は、黒い用心棒の巣のイメージダウンになる・・・と聞いた」
リボッグリボッグ「ようやくやる気になったみてえだな」
アロは大地の槍をリボッグに向けた
リボッグリボッグ「!」
巨大な岩がリボッグに襲いかかる
リボッグリボッグ「・・・」
ミス リボッグはダメージを受けない
アロアロ「・・・」
リボッグリボッグ「俺は特殊・・・」
アロはストンダラの魔法を唱えた
「ゴゴゴゴゴゴゴ!」
無数の巨大な岩がリボッグに襲いかかる
アロの体が半透明になった
リボッグリボッグ「ん?」
リボッグは腕を振り回した
岩を全て砕いた
リボッグリボッグ。o○(何だ?野郎、透けてるぜ)

ドゥーパドゥーパドゥーパドゥーパ「あの男は特殊体質では、
魔法を唱えた直後、体がやや透明になり、攻撃を受け付けなくなる。
つまり思う存分魔法を詠唱できるのだ」
フィンブレクフィンブレク「何だと!?」

アロは魔力を溜めている
リボッグリボッグ「食らえ!」
リボッグはアロに突進した 攻撃がすり抜けた
リボッグリボッグ「?」
リボッグはアロに突進した 攻撃がすり抜けた
アロはストンダラの上級魔法:ストージャを唱えた
無数の特殊金属がリボッグに襲いかかる
「ゴゴゴゴゴゴゴ!!!!」
リボッグに1900のダメージ

416話

スコーディオスコーディオ「確かに死んだはず!」

クウガクウガ「ああ、一度はな」
クウガはスコーディオに斬りかかってきた
スコーディオスコーディオ「!」
スコーディオは右手を広げた
「ズバッ!」

「!」

スコーディオに大ダメージ
スコーディオスコーディオ「ぐああああああああ!!!」

ドゥーパドゥーパドゥーパドゥーパ「あの右手は強大な攻撃力には対応できない」

スコーディオスコーディオ「くそ・・・!」
スコーディオはライトンを唱えた
クウガはライトンを弾いた
クウガの攻撃 スコーディオに800のダメージ
スコーディオスコーディオ「が・・・がはっ!」

417話

港 カルージャの町

リボッグリボッグ「野郎・・・」
リボッグの攻撃 高速衝撃弾突進
「ドオオオオォー!」
アロの体をすりぬけた
アロは体は半透明になっている
アロの攻撃 体が一瞬元に戻った
リボッグリボッグ「?」
リボッグは攻撃を受け止めた
リボッグリボッグ。o○(そういう事か)
アロの攻撃 リボッグは攻撃を止めた
アロアロ「弾けろ」
リボッグリボッグ「!」
地面が大きく揺れた
溶岩が噴き出す
アロは大地の槍を溶岩に向けた
溶岩がリボッグを襲う
リボッグは攻撃をよけた
アロは大地の槍を溶岩に向けた
リボッグ「まったく、武器に頼りすぎだてめえは」
リボッグがアロの背後に回った
アロアロ「!」

リボッグの全身から刃が出た
リボッグの攻撃 刃の突進
アロに2000のダメージ
リボッグ「至近距離が俺が有利だ」
アロアロ「・・・そうらしいな」

アロはストージャを唱えた
リボッグリボッグ「!」
無数の特殊金属がリボッグに襲いかかる
リボッグは防御にはいった
ストージャが右にそれた
リボッグリボッグ「フェイクか・・・ん?」
アロは天を見上げていた
溶岩の雨が降りそそぐ
アロアロ「・・・」
溶岩の雨がアロに降り注ぐ
リボッグリボッグ「・・・?」
アロの皮膚が溶岩の雨をどんどん取り込んでいく

418話

港 カルージャの町

「ドドドドドドドド!!」
溶岩の雨がアロに降り注ぐ
アロアロ「・・・」
アロの皮膚が雨をどんどん取り込んでいく

リボッグリボッグ「何をしているんだてめえは」

アロは溶岩の力を取り込んだ

アロアロ「放てマグラス」
リボッグリボッグ「攻撃のためか。面白ぇ!避けてやるぜ!」

アロの攻撃 溶岩特殊攻撃 マグラス
アロは口を大きく開けた
無数の溶岩の腕がリボッグに襲いかかる
リボッグは攻撃をよけた
腕がついてくる
リボッグリボッグ「!」
腕が全てリボッグの前で破裂した
リボッグに1000のダメージ

ドゥーパドゥーパドゥーパドゥーパ「マグラスの攻撃は3段階だ」
フィンブレクフィンブレク「3段階?」

破裂した場所に向かって溶岩の雨が降り注いだ
「ドシャーーー!」
リボッグに1000のダメージ
リボッグリボッグ「・・・!」

アロの体温が上昇し体が岩のようになった
「ゴォーーーー」
リボッグに突進

リボッグリボッグ。O○(なんだそりゃ?)
リボッグはアロを睨みつけた
アロアロ「!」
「ガシィイイン!」
リボッグはアロを受け止めた
アロアロ。O○(何という・・・パワーだ)
リボッグの連続攻撃
「ドドドドドドドドドドドド!!」
アロに500のダメージ アロに500のダメージ
アロに500のダメージ アロに500のダメージ
アロに500のダメージ アロに500のダメージ
アロに500のダメージ アロに500のダメージ

アロの体が粉々に砕けた
リボッグリボッグ「あっけねぇな。そんなもんか」

419話

港 カルージャの町

リボッグリボッグ「・・・!」
アロは地面に埋まっていた
リボッグ「砕けた筈じゃ・・・」
アロアロ「大地と一体となった俺は、体の一つや二つ砕けたところで・・・」
「ゴォーーーー」
アロの攻撃 地中からリボッグに突進 回転が加わっている
アロアロ「何も変化はない」
リボッグリボッグ「うおおおお!」
リボッグは攻撃を受け止めた
アロは体温をさらに上昇させた
「シュオォオオオ!」
リボッグリボッグ「おおおぉお!」
リボッグに500のダメージ
アロアロ「滅!」
リボッグリボッグ「?」

アロの体が破裂した
リボッグに1500のダメージ
リボッグリボッグ「・・・!」

アロアロ「最終段階」
リボッグリボッグ「今度はどこだ!」
リボッグはあたりを見回した 巨大な影に気がついた 上を見た
アロアロ「・・・」

天空から氷柱状の岩がリボッグの心臓を目がけている
リボッグリボッグ「まじかよ。その高さからだと俺の部が悪いじゃねえか」

アロの攻撃 マグラス天空突進

「ゴオオオオオオォオオオ!」
リボッグは攻撃をよけようとした 突進がそのままついてきた

リボッグリボッグ。O○(くそ!)

「ズバッ!!!!」
リボッグに4000のダメージ

420話

港 カルージャの町

リボッグリボッグ「ぐぉああああ・・・!」
アロアロ。O○(急所を外したか)
リボッグリボッグ「痛ぇ・・・、痛ぇが」
アロアロ「?」
リボッグはアロを見た
リボッグリボッグ「次はこうもうまくいかないぞ」
アロアロ「!?」
リボッグリボッグ「試してみるか?」
リボッグの攻撃 刃の突進
アロは手を伸ばした
巨大な岩が現れた 巨大な岩が砕けた
アロアロ「そんなに死にたいのか」

溶岩の雨が降りそそぐ
「ドドドドドドド!」
アロの皮膚が雨を取り込んでいく
アロアロ「放てマグラス」
アロの攻撃 溶岩特殊攻撃 マグラス
アロは口を大きく開けた
無数の溶岩の腕がリボッグに襲いかかる
リボッグはアロに向かっていった
腕が破裂した
リボッグに1000のダメージ
アロに1000のダメージ
リボッグリボッグ「どうだ!あ?」
アロアロ「・・・く!」
破裂した場所に向かって溶岩の雨が降り注いだ
リボッグは攻撃をよけた アロは攻撃をよけた
アロの体温が上昇し体が岩のようになった
リボッグリボッグ「来いよ」
アロアロ「止められると分かっていて、行くか?第二段階」
アロの体が粉々に砕けた

アロは地面に埋まっていた アロは体温をさらに上昇させた
突進 リボッグは攻撃を受け止めた
アロアロ。O○(同じだな)
アロの体が破裂した リボッグに1500のダメージ
リボッグリボッグ「・・・ちっ!」

アロアロ「最終段階」

天空から氷柱状の岩がリボッグの心臓を目がけている
リボッグリボッグ「・・・」
アロアロ「終わりだ。二度目は当てる」
リボッグリボッグ「そいつを砕けばいいんだろ?」
アロアロ「?」

リボッグの体から巨大な刃がいくつも放たれた
「バババババババ!」

クウガクウガ。O○(速くも使うか。修行で会得した新技を)


戻る