fb
文字のサイズ フォントを小さくする 現在の文字の大きさ フォントを大きくする
bargerIcon

401話~410話

401話

用心棒の黒い巣

バルベーダ(額に3つの傷の男)バルベーダ「・・・こんな奴に・・!!」
ライデーネは槍を装備した
バルベーダ(額に3つの傷の男)バルベーダ「!」
ライデーネライデーネ「こんな奴で悪かったね」
ライデーネの攻撃 高速2連突き
バルベーダは攻撃をよけた
ライデーネは右手をバルベーダに向けた
バルベーダ(額に3つの傷の男)バルベーダ「!」
メガスパーク バルベーダに1900のダメージ
バルベーダ(額に3つの傷の男)バルベーダ「・・・!!」

ファウサンファウサン。O○(勝てる・・・勝てるぞ!!)

バルベーダ(額に3つの傷の男)バルベーダ。O○(この俺の腕では、奴の雷のカウンターを食らっちまうな)
ライデーネライデーネ「諦めな」
バルベーダ(額に3つの傷の男)バルベーダ「仕方ねえ。てめえなんぞに見せたくはなかったが・・・最終形態だ」
ライデーネライデーネ「最終形態?また変形するのか。飽きないねー」
バルベーダの腕が変形していく
ライデーネライデーネ「その前に仕留めるさ」

ライデーネの攻撃 メガスパーク
バルベーダ(額に3つの傷の男)バルベーダ「・・・!」
バルベーダに1900のダメージ
バルベーダ(額に3つの傷の男)バルベーダ。O○(間に合え!)
ライデーネライデーネ「間に合わせないよ」
ライデーネは槍に雷を込めた
ライデーネの攻撃 千の雷槍
「バリバリバリバリ!!」
バルベーダの右腕が巨大な触手になった
バルベーダ(額に3つの傷の男)バルベーダ「片方が間に合ったようだ」
バルベーダの右の触手がライデーネの攻撃を吸収していく
ライデーネライデーネ「!?」
バルベーダの左腕が触手になった
バルベーダ(額に3つの傷の男)バルベーダ「おおおおおおおおおおお!!」

ファウサンファウサン「い・・・色が変形していく!!」

ライデーネライデーネ「くそ・・・遅かったか!・・・それにしてもさっきの奴といい、用心棒ってのはこういう化け物だらけだな!」
バルベーダの触手が銀色になった
バルベーダ(額に3つの傷の男)バルベーダ「最終形態に敵はねえ」
バルベーダの攻撃 銀の触手
ライデーネは攻撃をよけた
バルベーダの左の触手攻撃
ライデーネに1000のダメージ
ライデーネライデーネ「くそっ!」
ライデーネの攻撃 メガスパーク
バルベーダの左の触手が雷を吸収した
ライデーネライデーネ「・・・なんで吸収するんだよ!?」

ファウサンファウサン。O○(やばい)
ジメンティスジメンティス「くそ・・・」

バルベーダ(額に3つの傷の男)バルベーダ「これが最終形態だ。誰も止められはしねえさ」
バルベーダは触手を振り上げた
ライデーネライデーネ「・・・速・・!」
バルベーダの攻撃 銀の触手
ライデーネに3000のダメージ

ライデーネライデーネ「うぐあああああああ!!」
バルベーダ(額に3つの傷の男)バルベーダ「苦しいか?苦しいだろう。この瞬間だよ。てめえら全員が俺に勝てやしないという確信をもったこの瞬間。たまらねえぜ!!」

402話

用心棒の黒い巣

ファウサンファウサン「ライデーネ!!」

ライデーネライデーネ。O○(こりゃ・・・やば・・・)
バルベーダの攻撃 触手

ファウサンファウサン。O○(なんて不規則な動きだ。
これじゃ避けられるわけがない)

ライデーネに600のダメージ
ライデーネの攻撃 ドラゴンスパーク
バルベーダの左の触手が雷を吸収した
ライデーネライデーネ「・・・!?」
バルベーダ(額に3つの傷の男)バルベーダ「無駄だ」
バルベーダの攻撃 連続触手
ライデーネに600のダメージ ライデーネに600のダメージ
ライデーネに600のダメージ ライデーネに600のダメージ
ライデーネライデーネ「ぐあぁ・・・・!」
ライデーネは倒れた

ジメンティスジメンティス「。O○(皆・・・やられる・・・)

ファウサンファウサン。O○(もう少し待てば・・・麻痺が治るはず・・・)
バルベーダ(額に3つの傷の男)バルベーダ「おっと、そこの動けない奴をまず完全に仕留めておかないと」
バルベーダはファウサンを睨みつけた
ファウサンファウサン「!」

ジメンティスジメンティス「。O○(蛇封魂刀を真に扱える物は、刀に封じ込まれた
魂と自らの魂を融合することによって、新しい力を解放できる・・・)

バルベーダの攻撃 連続触手
ファウサンに600のダメージ ファウサンに600のダメージ
ファウサンに600のダメージ ファウサンに600のダメージ

ジメンティスジメンティス「。O○(止むを得ない。失敗するかもしれないが)
ジメンティスは蛇封魂刀を飲み込んだ
ジメンティスジメンティス「ウオオオオオォォォォォオオオ!!」

ファウサンライデーネ「!」
バルベーダ(額に3つの傷の男)「!」

ジメンティスが変化した
バルベーダ(額に3つの傷の男)バルベーダ「・・・何だそれは?」
ジメンティスジメンティス「成功だ。・・・これが何だって?フッ、俺もまだよく分からないのだ」

港 カルージャの町

セキに300のダメージ
魔物魔物2「これが俺のスピード、あんたにゃついていけないぜ。
こんなに強いとは思わなかっただろケハハハハ!!」」
セキセキ「・・・そうか。だが、これでようやく分かった」
魔物魔物1「何?」
セキセキ「次の戦いがあるんでな、本当のレーザーファイアで終わりにする」
セキの目の本気になった
セキの攻撃 ネオレーザーファイア
魔物魔物1「ぐげぇぇ!!!」
魔物1に1000のダメージ
魔物1は死亡した
魔物魔物2「!?」

403話

用心棒の黒い巣

バルベーダは触手を伸ばした
ジメンティスジメンティス「・・・」
ジメンティスに攻撃が当たらない
バルベーダ(額に3つの傷の男)バルベーダ「!」
ジメンティスジメンティス「そんな顔をするな。お前が驚いている以上に俺は今の自分が信じられないのだ」
バルベーダ(額に3つの傷の男)バルベーダ「ふざけやがって!」
バルベーダの攻撃 連続触手
ジメンティスは攻撃をよけた ジメンティスは攻撃をよけた
ジメンティスは攻撃をよけた ジメンティスは攻撃をよけた
バルベーダ(額に3つの傷の男)バルベーダ。O○(俺の攻撃が全て当たらない・・・!?」
ジメンティスの攻撃 バルベーダは攻撃をよけた
ジメンティスジメンティス「今のは俺の得意攻撃範囲に誘い込むための、布石だ」
バルベーダ(額に3つの傷の男)バルベーダ「!」
ジメンティスは右手が素早く動いた
ジメンティスの攻撃 蛇魂拳
バルベーダに1400のダメージ
ジメンティスの攻撃 蛇魂蹴
バルベーダに1400のダメージ
バルベーダは吹き飛んだ
ジメンティスジメンティス「これほどまでとは・・・」
ジメンティスはバルベーダに両手を向けた
バルベーダ(額に3つの傷の男)バルベーダ「!?」
ジメンティスジメンティス「肉を裂け蛇の刃」
蛇の形をした刃が100本バルベーダを切り裂く
蛇刀乱
「バリバリバリバリ!!」
バルベーダ(額に3つの傷の男)バルベーダ「ウオオオオオォォオオ!!」
バルベーダに3200のダメージ

ファウサンファウサン。O○(この威力・・・バルベーダを遥かに凌いでいる)
バルベーダ(額に3つの傷の男)バルベーダ「おのれ・・・!」
バルベーダの後ろにライデーネが立っていた
ライデーネライデーネ「チッチッチッ、
相手が3人だってこと忘れないほうがいいぜ」
ライデーネライデーネ「まだ動けるかてめえ・・!」

ジメンティスはもとの姿に戻った
ジメンティスジメンティス「・・・!?」

ライデーネの攻撃 メガスパーク
バルベーダ(額に3つの傷の男)バルベーダ「・・・!!」
バルベーダに1900のダメージ

ファウサンファウサン「ジメンティスがつくってくれたチャンス、
これは無駄にはできないな。今なら俺の黒い砂漠の目が通用するはずだ」
ファウサンの攻撃 黒い砂漠の目
バルベーダに1500のダメージ
バルベーダは倒れた

ジメンティスジメンティス。O○(やはり、体をコントロールしきれていないと、
元の姿に戻ってしまうか・・・)

バルベーダは起き上った
バルベーダ(額に3つの傷の男)バルベーダ「くそぉおおおおおお!!」
バルベーダは触手をライデーネに向けた
ファウサンファウサン「いいかげんくたばれ化け物め!」
ファウサンの攻撃 紫霊残月
バルベーダ(額に3つの傷の男)バルベーダ「!」
バルベーダに1500のダメージ
バルベーダ(額に3つの傷の男)バルベーダ「・・・・がはっ」
バルベーダは死亡した

404話

用心棒の黒い巣

ファウサンファウサン「ついに倒した」
ジメンティスジメンティス「他の奴らはどこに?」
ライデーネライデーネ「・・・さあ。もしかすると、アーガフ国に向かってるしれないぜ」
ファウサンファウサン「そうだな。戻ってみるか」
ジメンティスジメンティス「クウガ達との合流は後回しになりそうだな」

港 カルージャの町

魔物魔物2「グアアアア!!」
魔物2は死亡した

ギュスタンギュスタン「おっとてめえ」
ギュスタンはセキに近づいた
セキセキ「!」
ギュスタンギュスタン「先に終わっちゃあ、つまらねえぞ」
ギュスタンの攻撃 セキは攻撃をよけた
セキに500のダメージ
セキセキ「・・・!」
ギュスタンギュスタン「フハハハハ。悪い、俺とてめえじゃ話にならねえ。30%程度の力に
抑えといてやるからよ」
セキセキ「なめやがって」
ギュスタンギュスタン VS セキセキ
剣 戦闘開始 剣

オウギルの攻撃 ヘッドフラッシュ
魔物魔物10「うわ!眩しい!」
受付オウギル「つあああ!」
オウギルの攻撃 魔物10を倒した

キドンオは魔物3と魔物4を倒した
ローデは魔物5を倒した
ピノンは魔物6を倒した
ブレイザは魔物7を倒した
ダーキェは魔物8を倒した
ザバドは魔物9を倒した

アロとヴォレイジャが前にでた

キドンオキドンオ&ローデローデ&ピノンピノン VS アロアロ 
戦闘開始
ブレイザブレイザ&ダーキェダーキェ&ザバドザバド VS ヴォレイジャヴォレイジャ
戦闘開始
ブレイザブレイザ「てめえら、こいらは今の魔物のようにはいかないぜ」
ダーキェダーキェ「ああ、分かってるぜ」
ヴォレイジャヴォレイジャ「・・・」

ゾイマラメガゾイマラメガ「本気だしやがれ!」
ゾイマラメガは巨大な炎を発生させた
ガウンブリザーは攻撃をよけた
ガウンブリザーガウンブリザー。O○(ここまでレベルアップしているのか、
用心棒の黒い巣は!?)
ガウンブリザーの攻撃 灰の十字架斬り
ゾイマラメガの目の前に死神が斬りかかってくる幻影が移った
ゾイマラメガゾイマラメガ「何!?」
ゾイマラメガは一瞬動けなくなった
ゾイマラメガに1000のダメージ
ゾイマラメガゾイマラメガ「なめるなぁ!!」
ゾイマラメガは炎を発生させた
「ボシュボシュボシュボシュ!!」
ガウンブリザーガウンブリザー「!」
ガウンブリザーに1200のダメージ

ギュスタンギュスタン「あっちは盛り上がってるな。ザコ同士で面白そうに」
ギュスタンはガウンブリザーの戦いを見ていた
セキセキ「!」
セキの攻撃 ネオレーザーファイア
ギュスタンはよけた
セキセキ「・・・俺のネオレーザーファイアを見ずに避けるだと!?」

ガウンブリザーは白刀を抜いた
ゾイマラメガゾイマラメガ。O○(二刀流?)
ガウンブリザーガウンブリザー「望みどおり、本気がいかせてもらおう」

405話

港 カルージャの町

ガウンブリザーの攻撃 白刃陣
8つ影がぞれぞれ刃を形成する
「ズバババババ!!」
ゾイマラメガは囲まれた
ゾイマラメガゾイマラメガ「ウオオオオオオオ!!」
ゾイマラメガの全身が燃えた
「ボシュウウウウ!」
刃がすべて溶けた
全ての攻撃を受け付けない
ゾイマラメガゾイマラメガ「諦めろ!」
ガウンブリザーガウンブリザー「灰の十字架斬りは、白刀を抜いたとき、真の力を解放する」
ガウンブリザーの攻撃 灰の十字架斬り
ゾイマラメガの目の前に2体の死神が斬りかかってくる幻影が移った
ゾイマラメガは目を閉じていた
ガウンブリザーガウンブリザー「!」
ゾイマラメガゾイマラメガ「燃やしつくせ!竜獄炎!!」
ゾイマラメガは炎を吐いた 炎が複数、竜の形に変化していく
「ボボボボボボ!!」
ガウブリザーに500のダメージ ガウブリザーに500のダメージ
ガウブリザーに500のダメージ
ガウンブリザーガウンブリザー「く・・・くそ!」
ゾイマラメガゾイマラメガ「笑わせるぜ!それが貴様の本気か!」
ゾイマラメガの攻撃 ガウンブリザーに250のダメージ
ゾイマラメガの攻撃 ガウンブリザーは攻撃を止めた
ゾイマラメガの攻撃 ガウンブリザーに250のダメージ
ガウンブリザーの攻撃 ゾイマラメガは攻撃を止めた
ゾイマラメガの手が燃えた
「ボシュウウ!!」
ガウンブリザーは距離をとった
ガウンブリザーガウンブリザー。O○(危ないところだった・・・)

ピノンの攻撃 アロは攻撃を止めた
ローデローデ「まるで、戦う意思がないようだ」
アロアロ 「そう見えるか?」
キドンオキドンオ「・・・」
ピノンピノン「そう見える!」
アロアロ 「その方が好都合では?」
ピノンピノン「なめやがって!」
アロアロ 「やれやれ」

ガウンブリザーガウンブリザー「最大陣形攻撃、灰襲陣」
ガウンブリザーの影が増えていく
ゾイマラメガゾイマラメガ。O○(灰色の影!?)

ゾイマラメガは天龍獄炎の構えに入った
ゾイマラメガゾイマラメガ「その前に、終わらせてやるぜ!」

406話

港 カルージャの町

ゾイマラメガの攻撃 天龍獄炎
ガウンブリザーの攻撃 灰襲陣
天龍獄炎がガウンブリザーにヒットした
ゾイマラメガゾイマラメガ「ひゃはははははは!」
ガウンブリザーの位置が影と入れ替わった 攻撃が当たらない

ゾイマラメガゾイマラメガ「!」
灰色の影がゾイマラメガを囲む
ゾイマラメガゾイマラメガ「な・・・何だ!?」
一斉攻撃
「ババババババババ!!」
ゾイマラメガゾイマラメガ「ぐああああ!」
ゾイマラメガに1700のダメージ
ガウンブリザーの攻撃 灰の十字架斬り
ゾイマラメガゾイマラメガ「!」
ゾイマラメガの目の前に死神が斬りかかってくる幻影が移った
ゾイマラメガは一瞬動けなくなった
「バシュ!」
ゾイマラメガに1000のダメージ

スコーディオスコーディオ。O○(今のゾイマラメガに炎の柱は無理か。
ある程度回復したとはいえ、さきほどの戦いの影響がでている)

ゾイマラメガは倒れた
ガウンブリザーガウンブリザー「・・・」
ゾイマラメガゾイマラメガ「くそぉおおおお!」
ゾイマラメガは起き上った ゾイマラメガの攻撃 龍獄炎
ガウンブリザーは影と位置が入れ替わった
ゾイマラメガゾイマラメガ「!」
ガウンブリザーはゾイマラメガの後ろにいた
ガウンブリザーガウンブリザー「攻撃が単調だ」
ガウンブリザーの連続攻撃
ゾイマラメガゾイマラメガ「ぐああぁああああ!!」
ゾイマラメガは死亡した

エリクィーダエリクィーダ「・・・はぁはぁ」
スコーディオスコーディオ「あっちは終わったようだな」
エリクィーダエリクィーダ。O○(ライトンは無理か)
スコーディオの描いた円は黄色く輝いている
エリクィーダエリクィーダ。O○(僕の攻撃が吸収され、同じ攻撃が俺に返ってくる、一体どうす・・・)
スコーディオは光の円に左手を向けた
ライトン 光の円が砕けた エリクィーダに800のダメージ
エリクィーダエリクィーダ「・・・!」
エリクィーダは体勢を崩した
スコーディオスコーディオ「考えいるうちに、また問題増えた・・・という顔だな」

407話

港 カルージャの町

エリクィーダエリクィーダ「・・・」
スコーディオスコーディオ。O○(次はどうくるか)

エリクィーダの攻撃
スコーディオは右腕をエリクィーダに向けた
エリクィーダはスコーディオの背後に周り込んだ
スコーディオスコーディオ「?」
スコーディオは瞬時に手を動かした
エリクィーダエリクィーダ「!」

スコーディオはライトンを唱えた
エリクィーダに800のダメージ
スコーディオスコーディオ「攻撃も出来る」
スコーディオはライトンを唱えた
エリクィーダに800のダメージ
エリクィーダエリクィーダ「・・・!」
スコーディオスコーディオ「あまり魔力は使いたくないものだ」
スコーディオは円を描いた
エリクィーダエリクィーダ「!」
エリクィーダの攻撃 スコーディオは円を使って瞬間移動した
攻撃が当たらない
エリクィーダエリクィーダ。O○(くそ)
スコーディオは円を描いた
スコーディオスコーディオ「これで円は5つ」
スコーディオは手を動かした
エリクィーダエリクィーダ「何?」
円がスコーディオに近づく
スコーディオはすべての円に攻撃を加えた
エリクィーダに1500のダメージ
エリクィーダは体勢を崩した
スコーディオスコーディオ「そろそろきついのでは?」
エリクィーダエリクィーダ「お前の攻撃など・・・このスピードの前には・・・」
エリクィーダは高速ステップを始めた

スコーディオは目を閉じた

エリクィーダの攻撃 スフィムブレイク
スコーディオスコーディオ「そこだ!」
スコーディオの右手が攻撃を吸収した
エリクィーダエリクィーダ「!?」
スコーディオは左手をエリクィーダに向けた
スフィムブレイク エリクィーダに1800のダメージ
エリクィーダエリクィーダ「・・・!!」
エリクィーダは倒れた
スコーディオスコーディオ「経験の差だ」

408話

港 カルージャの町

エリクィーダは起き上った
スコーディオスコーディオ「!」
エリクィーダエリクィーダ「僕は天才エリクィーダだ!」
エリクィーダはスフィムファイアを唱えた
スコーディオスコーディオ。O○(速い!)
スコーディオは攻撃をよけた
エリクィーダは剣を高速回転させた スコーディオの背後を狙う
スコーディオスコーディオ「右手を警戒したか・・だが」
スコーディオが消えた

エリクィーダエリクィーダ「・・・!?」

スコーディオはエリクィーダから離れた別の光の円から現れた
スコーディオスコーディオ「お前が倒れている間、円を3つ描いていた
エリクィーダエリクィーダ「何!?」
エリクィーダの目の前に光の円があった

スコーディオはライトンを唱えた
エリクィーダに800のダメージ
スコーディオはライトンを唱えた
エリクィーダに800のダメージ
エリクィーダエリクィーダ。O○(俺は戦意喪失してしまったのか・・・何もできない)
エリクィーダは気絶した
スコーディオスコーディオ「フッ」

セキセキ「エリクィーダ様ー!!」

チャコルダ(6神塊一人・元懸賞金49000G)チャコルダ「そろそろ時間だ」

ギュスタンギュスタン「50%まで力を解放する」
セキセキ「!?」
ギュスタンは服を一枚脱いだ
3の数字が見えた

アロアロ「・・・」
アロの攻撃の目つきが変わった
ローデローデ「え?」
ローデに大ダメージ ローデは気絶した
ピノンピノン「何が起きたんだ!?」
キドンオはアロの背中の数字を見た
2だった

ヴォレイジャに200のダメージ
ダーキェダーキェ「みたオラァアア!」
ヴォレイジャヴォレイジャ「くそ・・・思ったより苦戦だ」

ガウンブリザーはヴォレイジャを見た
ガウンブリザーガウンブリザー。O○(何だあいつは?新人か?俺がいた当時は、”あの男”がいたはずだが・・・)

ブレイザブレイザ「他は苦戦しているようだ。お前も本当の力を・・・」
ヴォレイジャヴォレイジャ「これが俺の全力だ!」
ザバドザバド「そうか。それは良かった」

カヌイ街・港

ライデーネが倒れた ジメンティスが倒れた ファウサンが倒れた
ファウサンファウサン「う・・・動けない」
ジメンティスジメンティス。O○(”あれ”をだせなかったとはいえ・・・なんて強さだ。歯が立たない)
ファウサンファウサン「お前も・・・黒い用心棒・・・か・・・」
目の前のドゥーパドゥーパが立っている
ドゥーパドゥーパドゥーパドゥーパ「・・・この姿では14だ」
ライデーネライデーネ「ま・・・こ・・・こいつの姿が変化した時、1の数字が見えた」
ドゥーパドゥーパは船に乗った

409話

港 カルージャの町

スコーディオにガウンブリザーが立ちはだかった
スコーディオスコーディオ VS ガウンブリザーガウンブリザー
スコーディオスコーディオ「実力的に俺が上。ましては貴様はゾイマラメガとの戦いで深い傷を負っている」
ガウンブリザーガウンブリザー「黙れ」
ガウンブリザーは白刀を抜いた
ガウンブリザーの攻撃 灰の十字架切り
スコーディオの右手が攻撃を吸収した
ガウンブリザーガウンブリザー「・・・くそ」
スコーディオは左手を出した
灰の十字架切り ガウンブリザーに1300のダメージ
スコーディオはライトンを唱えた
ガウンブリザーに800のダメージ
ガウンブリザーは倒れた ガウンブリザーは動けない
スコーディオスコーディオ「・・・グレンピスタに勝てなかった男が俺に挑むとは」

ヴォレイジャの攻撃 水柱
「ギュオオオオ!」
ダーキェダーキェ「またきたぞ!」
ブレイザブレイザ「早く終わらせて、他を加勢するぞ」
ザバドに230のダメージ
ヴォレイジャヴォレイジャ「・・・はぁ、はぁ」
?「ああ、終わらせてやるぜすぐに」
「!」
ブレイザブレイザ「何だと!?」
?はギュスタンだった ギュスタンはヴォレイジャに剣を向けた
ヴォレイジャヴォレイジャ「な・・・何するんだお前!」
ギュスタンギュスタン「召喚の済んだてめえは使用済みだよ」
ギュスタンの攻撃 人食剣
「ガリガリガリガリ!!」
ヴォレイジャヴォレイジャ「ぎゃあああああああ!!」
ヴォレイジャに3000のダメージ
ヴォレイジャは死亡した
ザバドザバド「バカな・・・!?」
ザバドはセキ達の方を向いた
セキが気絶していた
ギュスタンギュスタン「アロは俺より先に終わったみたいだ」
ブレイザブレイザ「じゃあ俺たちだけか!?」
ダーキェはアロの方を見た

キドンオとピノンとローデが気絶していた
アロは退屈そうに立っていた

ダーキェダーキェ「まじかよ・・・ん?」

オウギルがアロの背後から迫ってくる
受付オウギル「スキあり!」
オウギルの攻撃 斧回転
「ギュルルルルルル!!」
ミス アロにダメージを与えられない
受付オウギル「バ・・・バカな!」
アロアロ「いるのは分かっていた。ただ、やる気がないだけさ」
受付オウギル「なめやがって!食らえ!斧地獄!!」
オウギルは斧をさらに回転させた

ダーキェダーキェ「おお!あれは大会で見せた・・・」

アロアロ「仕方ないね・・・」
アロは攻撃を止めた
受付オウギル「・・・・!?」
アロは手をオウギルに向けた 閃光 オウギルに大ダメージ
受付オウギル「ぐあああああぁぁ!!」
オウギルは気絶した

ドゥーパドゥーパ
ドゥーパドゥーパが現れた

ガウンブリザーガウンブリザー。O○(ド・・・ドゥーパドゥーパ!?)

410話

港 カルージャの町

ドゥーパドゥーパドゥーパドゥーパ「遅れた」
チャコルダ(6神塊一人・元懸賞金49000G)チャコルダ「そうか、だがお前の出番はなさそうだ」

ガウンブリザーガウンブリザー。O○(おしまいだ・・・)

ギュスタンギュスタン「おい見ろ。この戦況。絶望的だろう?
感想を言ってみるか?」
ブレイザブレイザ「・・・」

ドゥーパドゥーパドゥーパドゥーパ「・・・確かに俺の出る幕はなさそうだ。
この弱い14番として弱者の死を見送ってやろう」

ギュスタンギュスタン「てめえからいくか」
ギュスタンはダーキェを鋭く睨んだ
ダーキェダーキェ「!」
ギュスタンの攻撃 ダーキェは攻撃をよけた
ギュスタンギュスタン「避けれないだろ?50%だぜ」
ギュスタンの剣の向きが急激に変化した
「ギュルルルル!」
牙がダーキェを向く
ダーキェダーキェ「くそぉおおおおお!!」
人食剣
「ガリガリガリガリガリ!」
ダーキェダーキェに3000のダメージ
ダーキェはふらついている
ブレイザブレイザ「ダーキェ!!」
ブレイザの攻撃 コントロールナイフ
ギュスタンは攻撃をよけた
ギュスタンギュスタン「フッ」
ナイフがギュスタンに戻ってきた
ギュスタンにナイフが刺さった
ブレイザブレイザ「よし!」
ギュスタンに2のダメージ
ブレイザブレイザ「!」

ギュスタンギュスタン「弱すぎだろ」

ザバドザバド「おおぉお!」
ザバドの攻撃 火炎玉
ギュスタンは攻撃を弾いた

ギュスタンギュスタン「フハハハハ!」
ギュスタンは一瞬でザバドの背後に移動した
ザバドザバド「!」
ギュスタンギュスタン「食らえ人食剣!」
ギュスタンの攻撃 人食剣
「ガリガリガリガリ!」
ザバドに3000のダメージ
ザバドは倒れた
ザバドザバド「ぐあ・・・!」
ブレイザの攻撃 霊光破
ギュスタンは攻撃をよけた
ギュスタンギュスタン「襲え人食いの剣!」
人食剣から唾液が飛んだ
「ビシュウ!」
ブレイザに800のダメージ
ブレイザブレイザ「!」
ギュスタンギュスタン「おい、死んどくか!」
ギュスタンは剣を振り上げた
ブレイザブレイザ。O○(強すぎる・・・)

?「間に合ったか」

ギュスタンギュスタン「・・・?」
ブレイザブレイザ「おお・・・」

チャコルダ(6神塊一人・元懸賞金49000G)ドゥーパドゥーパアロギュスタンスコーディオ「!!」

クウガフィンブレクリボッグ クウガ達だった

スコーディオスコーディオ「バカな・・!?」
チャコルダ(6神塊一人・元懸賞金49000G)チャコルダ「生きていたか」


戻る