fb
文字のサイズ フォントを小さくする 現在の文字の大きさ フォントを大きくする
bargerIcon

351話~360話

351話

バトル場 戦闘大会会場

アルバズンアルバズン「食らえ!」
アルバズンの攻撃 体内破壊LV4
リボッグリボッグ「!」
リボッグは攻撃をよけた

アルバズンアルバズン。O○(でかいわりには動きが速いな)
リボッグに500のダメージ
リボッグリボッグ「く!」
アルバズンアルバズン「この攻撃範囲だ。背後にでも回り込まない限り、
よけるのは不可能だ」
リボッグリボッグ「まともに食らうと2倍か」

ジュオアジュオア。O○(だが、負担が大きい。できれば直接当てておきたかった)

アルバズンアルバズン「おおおおお!」
アルバズンの攻撃 攻撃力破壊LV4

リボッグリボッグ「!」
リボッグは攻撃をよけた
アルバズンアルバズン「必死だな。お前に攻撃力がなくなると何もできないからな」
リボッグリボッグ「てめえもな」
リボッグの攻撃 アルバズンは攻撃を受け止めた
アルバズンアルバズン「・・。終わりだ」
アルバズンの攻撃 体内破壊LV4
リボッグリボッグ「おおおお!!!」
リボッグに1000のダメージ
リボッグの攻撃 連続頭突き アルバズンに300のダメージ
アルバズンに300のダメージ アルバズンに300のダメージ
アルバズンに300のダメージ アルバズンに300のダメージ
アルバズンアルバズン「・・・!!」
アルバズンの攻撃 攻撃力破壊LV4
リボッグリボッグ「・・・あ!」
リボッグの攻撃力が4分の1になった
司会者ネクタル司会者ネクタル「おっとこれは・・・・!!」
アルバズンアルバズン。O○(やったぞ・・・)
リボッグリボッグ「しまった・・・!」

ベルフベルフ「やったな。アルバズンの勝利が見えたぜ」
ジュオアジュオア「・・・」

司会者ネクタル司会者ネクタル「リボッグ選手!攻撃力が大幅に破壊されてしまいました!
この効果は試合終了まで持続します!」

リボッグリボッグ「悪いが、まだ負ける気がしねえな」
アルバズンアルバズン「何!?」

352話

バトル場 戦闘大会会場

リボッグリボッグ「「貴様に俺の突進は避けきれないぜ」
アルバズンアルバズン「攻撃回数で・・・勝負をつける気か」
リボッグリボッグ「食らえ!」
リボッグの攻撃 突進 アルバズンに50のダメージ
アルバズンアルバズン「威力がないってことは、俺に十分反撃をする余裕を与えるということだ」
アルバズンの攻撃 リボッグに200のダメージ
リボッグリボッグ「食らえ!」
リボッグの攻撃 高速衝撃弾突進 アルバズンに250のダメージ
アルバズンアルバズン。O○(4分の1とはいえこの威力か・・・)
リボッグの攻撃 高速衝撃弾突進 アルバズンに250のダメージ
アルバズンの攻撃 体内破壊LV3
リボッグは攻撃をよけた
アルバズンアルバズン「!」
リボッグリボッグ「攻撃速度が落ちてるぞ」
アルバズンアルバズン。O○(・・・LV4の負担がきている)

アルバズンは肩を落とした

司会者ネクタル司会者ネクタル「おっとアルバズン選手!無理をしすぎたのか!?
体勢を崩してしまいましたーー!」

リボッグの攻撃 連続頭突き アルバズンに75のダメージ
アルバズンに75のダメージ アルバズンに75のダメージ
アルバズンに75のダメージ アルバズンに75のダメージ
アルバズンアルバズン「・・・!」
アルバズンに75のダメージ アルバズンに75のダメージ
アルバズンに75のダメージ アルバズンに75のダメージ

クウガクウガ「よし!勝てるぞ!」

アルバズンに75のダメージ アルバズンに75のダメージ
アルバズンに75のダメージ アルバズンに75のダメージ
アルバズンの様子がおかしい

ジュオアジュオア。O○(・・・?)

アルバズンに75のダメージ アルバズンに75のダメージ
アルバズンアルバズン「おおおおお!!!」
ジュオアジュオア「やめろアルバズン!!」

アルバズンは破壊LVを5(MAX)に上げた
リボッグリボッグ「!」

アルバズンアルバズン。O○(ジュオア。あとは頼んだぞ)
アルバズンの攻撃 体内破壊LV5 リボッグに1900のダメージ
リボッグリボッグ「おああああ!」
アルバズンの攻撃 体内破壊LV5 リボッグに1900のダメージ
アルバズンの攻撃 体内破壊LV5 リボッグに1900のダメージ
アルバズンの攻撃 体内破壊LV5 リボッグに1900のダメージ
アルバズンアルバズン。O○(悔いはない・・・
サルフライド道場を・・・世界へ・・・)
リボッグリボッグ「・・・!」
リボッグは気絶した

司会者ネクタル司会者ネクタル「アルバズン選手!勝利です!
そして、立ったまま、動きません!」

ベルフベルフ「・・・おいおいただの大会だぜ」

アルバズンはそのまま動かない
ジュオアジュオア。O○(まさか・・・)

353話

バトル場 戦闘大会会場

クウガクウガ「どうしたんだ?アルバズンの様子がおかしいぞ」

ベルフはアルバズンをベンチに運んだ。
ジュオアジュオア「・・・息はあるが、体がボロボロだ。回復薬で
治しても、もう戦える体には戻らない」
ベルフベルフ「死んだわけじゃないんだな?」

司会者ネクタル司会者ネクタル「アルバズン選手!当分意識は戻らないでしょう!
試合はクウガチームとサルフライド道場、共に一勝ずつ。
次の試合で勝った方が世界で戦えるのです!」

観覧席1 戦闘大会会場

ダーキェダーキェ「くそ、惜しかったんだがな」
ヨージュヨージュ「頼むぞクウガ~」

バトル場 戦闘大会会場

フィンブレクはサルフライド道場のベンチに向かった
フィンブレクフィンブレク「アルバズンは大丈夫か?」
ジュオアジュオア「一命はとりとめたが、二度と戦えない」
フィンブレクフィンブレク「・・・」
ジュオアジュオア「こっちの方は気にするな。
・・・俺は必ずサルフライド道場を世界へ導く」
フィンブレクフィンブレク「そうか・・・だが、勝つのはクウガチームだ!」
フィンブレクはベンチに戻った
ジュオアジュオア。O○(アルバズンは後悔していないはず。
それは今から始まる試合で、俺が勝つからだ)
ジュオアは前に出た

リボッグは目がさめた
クウガクウガ「よし、いくぞ」
フィンブレクフィンブレク「頼むぞクウガ」
リボッグリボッグ「くそ、負けた」

クウガは前に出た
ジュオアジュオア「最後の戦いだ」
クウガクウガ「勝つ!」
司会者ネクタル司会者ネクタル「戦闘大会予選の決勝戦リーグ!
ついに最後の試合となりました!」
クウガクウガVSジュオアジュオア
剣 戦闘開始 剣

354話

バトル場 戦闘大会会場

ジュオアの攻撃
クウガは攻撃をよけた
クウガの攻撃 みだれ斬り
ジュオアは攻撃を防いだ
ジュオアジュオア「戦いを重ねる度、それも進化しているな」

観覧席1 戦闘大会会場

ダーキェダーキェ「おう、これが最後の試合か!目にやきつけておくぜ!」
ヨージュヨージュ「え?世界は見にいかないの?」
ダーキェダーキェ「自分の出場しない大会なんて興味ないぜ!」

バトル場 戦闘大会会場

クウガの攻撃 ジュオアは攻撃を防いだ
ジュオアはクウガの背後に回り込んだ
クウガクウガ「そこだ!」
クウガの攻撃 ジュオアは攻撃をよけた
ジュオアジュオア「バレたか」
司会者ネクタル司会者ネクタル「両者、まだ無傷でございます!」
クウガクウガ「いくぞ!」
クウガはダークボールを唱えた
ジュオアは片手でダークボールをはじいた
クウガクウガ「だろうな」
ジュオアジュオア「長期戦を望むつもりはないぞクウガ」
ジュオアはライトンを唱えた
司会者ネクタル司会者ネクタル「ジュオアのライトンのスピードは今大会No1です!」
クウガは手をライトンに向けた
「ズオオオオオオ!!!」
司会者ネクタル司会者ネクタル「クウガ選手!巨大なダークボールです!」
クウガはメガダークボールを唱えた
「バリバリバリバリバリ!!」

司会者ネクタル司会者ネクタル「どっちが優勢か!?」

クウガクウガ「・・・!?」
「ギュオオオオ!!!」
クウガクウガ。O○(お・・・圧されてる!)
ジュオアジュオア「威力は同じだが、ややこっちに部がアル」
クウガクウガ「!」

フィンブレクフィンブレク「・・・属性だ」
リボッグリボッグ「?」
フィンブレクフィンブレク「闇属性の魔法は、光属性に弱い」
リボッグリボッグ「威力でどうにかなる問題だろ?」
フィンブレクフィンブレク「互角ならばジュオアが有利だ」

クウガに500のダメージ
クウガクウガ「・・・!」
ジュオアジュオア。O○(エリクィーダ戦と比べると、ライトンに対してやや耐性を
持っているように見えるが、いずれにしろこの戦いは俺が有利だ)
司会者ネクタル司会者ネクタル「初めてのヒットです!」

355話

バトル場 戦闘大会会場

クウガクウガ。O○(魔法を打ち合っては不利だ!)
クウガの攻撃
ジュオアは攻撃をよけた
ジュオアジュオア「光の剣を受けろ!」
クウガクウガ「!」
ジュオアの攻撃 光速斬
クウガクウガ「!」
クウガの攻撃 黒い三日月

司会者ネクタル司会者ネクタル「技の激突です!」

ジュオアは技を止めた
クウガクウガ「!」
ジュオアはライトボールを唱えた

フィンブレクフィンブレク「この至近距離で魔法!?
ライトンではなく、あえて攻撃力の低い
ライトボールを選ぶことで、詠唱時間を省ける。
光属性を熟知した奴だからこそ、可能なのか・・・」

クウガに100のダメージ
クウガクウガ「・・・くそ!油断・・・」
ジュオアの攻撃 光速斬
クウガクウガ「!」
クウガに800のダメージ

ジュオアの剣が光り輝いている
クウガクウガ「・・・」
ジュオアジュオア「これは元々ただの鋼の剣だ。だが、俺がこうやって手にして光の剣となる。
この攻撃速度についてこれるかクウガ?」

ジュオアの攻撃 光速連続攻撃
クウガクウガ「・・・!」
クウガは攻撃をよけた
クウガに150のダメージ

クウガクウガ。O○(光っていて攻撃が見えるが・・・速すぎる!)
クウガに150のダメージ クウガに150のダメージ
クウガは攻撃をよけた クウガに150のダメージ

フィンブレクフィンブレク「避けきれない・・・!」

クウガに150のダメージ
クウガクウガ「おおおおお!」
クウガの攻撃 暗黒十字刃
ジュオアに1500のダメージ
ジュオアジュオア「・・・!」
クウガクウガ「勝つぞ!」
ジュオアジュオア「やるな」

356話

バトル場 戦闘大会会場

ジュオアの攻撃 光速連続攻撃
司会者ネクタル司会者ネクタル「ジュオア選手!攻撃を受けた直後、怯まず
ふたたびクウガへ連続攻撃を仕掛ける!」

会場が暗闇に包まれた

司会者ネクタル司会者ネクタル「おっと!会場の光が・・・!」

会場が明るくなった

クウガクウガ「!」
ジュオアジュオア「俺は光だ」
光速連続攻撃 クウガに150のダメージ
クウガに150のダメージ
クウガクウガ「・・・!」
クウガに150のダメージ
クウガの攻撃 みだれぎり
ジュオアに150のダメージ
クウガに150のダメージ クウガに150のダメージ
ジュオアに150のダメージ
クウガに150のダメージ クウガに150のダメージ

司会者ネクタル司会者ネクタル「これは・・・!クウガも攻撃回数で
負けていません!」

アルバズンアルバズン。O○(だが・・・ジュオアの方が光が加わっている分、
クウガにより2倍攻撃回数が・・・ん?)
リボッグリボッグ「お?」

クウガの攻撃 黒い三日月
ジュオアに800のダメージ
ジュオアジュオア「・・・!」
クウガクウガ「・・・よし!当たった」
ジュオアの攻撃 光速斬
クウガクウガ「!」
クウガに800のダメージ
クウガクウガ「・・・おおお!」
クウガの攻撃 黒い三日月
ジュオアに850のダメージ
ジュオアジュオア。O○(・・・技出す度にキレが増している)

司会者ネクタル司会者ネクタル「この試合どうなるのでしょうか!?」

ジュオアジュオア。O○(・・・強い!)
ジュオアは光の剣を魔力で生成した
クウガクウガ。O○(光の剣二刀流!?)

ジュオアの攻撃 光撃斬
クウガは攻撃をよけた
ジュオアの攻撃 光速斬
クウガに800のダメージ
ジュオアの攻撃 光撃斬
クウガは攻撃をよけた
クウガクウガ「・・・くそ!」
司会者ネクタル司会者ネクタル「ジュオア選手!攻撃頻度が大幅に上がりました!
二種類の技がクウガ選手に襲いかかります!」
ジュオアジュオア「この試合、必ず勝たなければならない」
ジュオアは力を溜めた

357話

バトル場 戦闘大会会場

ジュオアは力をためている
ジュオアジュオア「ライトン!」
ジュオアはライトンを唱えた
クウガクウガ「!」
クウガはライトンを剣で弾いた

フィンブレクフィンブレク「ライトンにしては遅い!囮だ」

ジュオアの攻撃 高速無心撃

観覧席4

セキセキ「攻撃力と。、スピードを兼ね備えた技か」
エリクィーダエリクィーダ「・・・」

バトル場 戦闘大会会場

クウガクウガ「・・・!!」
クウガに2200のダメージ
クウガクウガ「がはっ・・・」

司会者ネクタル司会者ネクタル「クウガ選手!大技を食らってしまいましたーー!」

ジュオアジュオア。O○(ゼムディ戦でもこれを使いたかったが、
奴の場合、攻撃を溜めている間、壁を造られるからだ)

クウガは倒れた

フィンブレクフィンブレク「クウガ!」
リボッグ「くそ!このままじゃ裏の牛人間どもと戦えないぜ!」

ジュオアは司会者に向いた

司会者ネクタル司会者ネクタル「クウガ選手!このまま起き上がれないと、
優勝はサルフライド道場となってしまいまいます!」

クウガクウガ「くそ・・・」
クウガは起き上がった
ジュオアの攻撃

司会者ネクタル司会者ネクタル「クウガ選手!なんとか起き上がりましたが、
ジュオア選手が攻撃を手を緩めません!」

クウガは攻撃をよけた
クウガクウガ「くそ!」
クウガの攻撃 黒い三日月
ジュオアは攻撃をよけた
ジュアオの攻撃 光速連続攻撃

フィンブレクフィンブレク「また連続攻撃だ!」

クウガクウガ「・・・くそ!俺は仲間を世界へ導くぞ!」
ジュオアジュオア「やってみろ!」

クウガの攻撃 みだれぎり
ジュオアに150のダメージ
クウガに150のダメージ クウガに150のダメージ
ジュオアに150のダメージ
クウガに150のダメージ クウガに150のダメージ
ジュオアに400のダメージ
ジュオアジュオア「・・・!」
ジュオアに400のダメージ
ジュオアジュオアoO○(なんだこれは・・・!?)

観覧席5

バルベーダ(額に3つの傷の男)??
バルベーダと女達が現れた
バルベーダ(額に3つの傷の男)バルベーダ「あいつか」
バルベーダはクウガを見た
女達は頷いた

358話

バトル場 戦闘大会会場

ジュオアジュオア。O○(何だこのみだれ斬りは・・・今までと違う・・・)
クウガクウガ「おおおお!!」
クウガの攻撃
ジュオアに400のダメージ ジュオアに400のダメージ
ジュオアに400のダメージ ジュオアに400のダメージ
ジュオアに400のダメージ ジュオアに400のダメージ
ジュオアジュオア「くそ・・・!」

ジュオアは距離をおいた

司会者ネクタル司会者ネクタル「ジュオア選手!クウガ選手に反撃を食らいました!」

観覧席5 バトル場

ジュオアジュオア「だが、クウガダメージも相当大きいぜ」
フィンブレクフィンブレク「・・・」

観覧席6 バトル場

ピノンピノン「もしかすると・・・お前があげた武器に使い慣れたのでは?」
キドンオは頷いた
ローデローデ「鉄の剣じゃ壊れるのが心配で無意識に力加減するときもあるからね」

バトル場 戦闘大会会場

クウガの攻撃 ジュオアは攻撃をよけた ジュオア「食らえ!」
ジュオアの攻撃 光撃斬
クウガは剣で攻撃を止めた
ジュオアジュオア「・・・!?」
ジュオアはクウガの剣を見た
ジュオアジュオア。O○(装備を変えていたか
・・・いや、装備だけでここまで差が出るとは思えない。
剣の耐久を恐れて攻撃の手を緩めていたのか・・・無意識に)

フィンブレクフィンブレク「クウガの攻撃は全てワンランク上がるだろう」
リボッグリボッグ「何?」

クウガの攻撃 黒い三日月
ジュオアは攻撃をよけようとした
「ズバッ!」
ジュオアに900のダメージ
ジュオアジュオア。o○(速い・・・・!)

観覧席5 戦闘大会会場

バルベーダ(額に3つの傷の男)バルベーダ「・・・試合後、弱ったところで叩く。
”あんた”が手を下すまでもない。
しかしあんたがあの塔からこっそり破壊兵器を持ち込んだと聞いたときは驚いたぜ。
俺は諦めるが、チャコルダは黙ってないぜ」
??
女達が姿を消した

バトル場 戦闘大会会場

ベルフベルフ「おいおい、やばいぞ」

クウガの攻撃 ジュオアに300のダメージ
ジュオアはぐらついた
クウガはぐらついた
クウガクウガ「・・・!」
ジュオアジュオア。O○(・・・も、もう一度、高速無心撃だ・・・
今度こそ起き上がれなくなる)

359話

バトル場 戦闘大会会場

ジュオアはライトンを唱えた
クウガは剣でライトンを弾いた
ジュオアジュオア「!」

観覧席4

セキセキ「バカな・・!ジュオアのライトンだぞ!スピードで
俺のレーザービームを遥かに凌いでいるというのに」

バトル場 戦闘大会会場

ジュオアジュオア「おおお!」
ジュオアはライトンを唱えた クウガは剣で弾いた
ジュオアはライトンを唱えた クウガは剣で弾いた
クウガクウガ「いくぞ!」
クウガの攻撃 ジュオアに300のダメージ
クウガクウガ「・・・ぐ!」
クウガはぐらついた
ジュオアジュオア「やっぱり高速無心撃が影響しているな」
ジュオアは力をためた
クウガの攻撃 ジュオアは攻撃をよけた

フィンブレクフィンブレク。O○(まずい、ダメージをかなり食らっている影響だ)

クウガクウガ「・・・くそ」
ジュオアは一瞬でクウガの背後に移動した
ジュオアジュオア「いくぞ!」
クウガクウガ「くそ!二度と食らうか!」
クウガはよけようとした

フィンブレクフィンブレク「上だクウガ!」

クウガクウガ「え?」
クウガの真上からライトンが落ちてきた
クウガクウガ「・・・ぐ!」
クウガに700のダメージ
クウガはよろめいた
ジュオアジュオア「終わりだ!高速無心撃!!」
クウガクウガ。O○(しまった!)
クウガに2200のダメージ
クウガクウガ「ぐあああああ!・・・が・・・・!」

クウガの動きが止まった
クウガは倒れかけた
司会者ネクタル司会者ネクタル「クウガ選手!またもや食らってしまいましたーーー!!
これは絶望的です!!」
ジュオアジュオア「・・・」
ジュオアはクウガに背を向けた
司会者ネクタル司会者ネクタル「ジュオア選手!勝ちを確信したのか、退場に入り始めましたー!」
クウガは体勢を直した

フィンブレクフィンブレク「!」

クウガクウガ「・・・げほ、おおおおおお
・・・!俺は、倒れないぞ!!」
ジュオアジュオア「!」
クウガの攻撃 みだれ斬り
ジュオアジュオア「!」
ジュオアは魔力を集中した
ジュオアジュオア「ライズ・・・!」
ジュオアに400のダメージ ジュオアに400のダメージ
ジュオアに400のダメージ ジュオアに400のダメージ
ジュオアに400のダメージ ジュオアに400のダメージ
ジュオアに400のダメージ ジュオアに400のダメージ
ジュオアに400のダメージ ジュオアに400のダメージ

ベルフベルフ「・・・だめだ!止められない!」

ジュオアジュオア「・・・が・・・!」
ジュオアは気絶した

司会者ネクタル司会者ネクタル「これは・・・クウガ選手!クウガ選手の勝利です!
もう一つの世界への切符はクウガチームが手にしましたーー!!」

360話

バトル場 戦闘大会会場

クウガクウガ「勝ったぞ!!!」

フィンブレクフィンブレク「これでゼムディグループにリベンジできる」
リボッグリボッグ。O○(これで奴らと戦える)

司会者ネクタル司会者ネクタル「これで全ての試合が終了いたしました!
間もなく結果発表が行われるでしょう!」

バトル場の前 戦闘大会会場

バルベーダ(額に3つの傷の男)バルベーダ「・・・やるか」
エリクィーダ、ファウサン、セキが現れた
エリクィーダファウサンセキ
セキセキ「何をしている」
バルベーダ(額に3つの傷の男)バルベーダ。O○(ちっ、邪魔が入ったか)

バトル場 戦闘大会会場

決勝リーグ参加の全ての選手が入場した

司会者ネクタル司会者ネクタル「優勝はゼムディグループ!
準優勝はクウガチーム!
3位にサルフライド道場、4位は灼熱の赤い薔薇となっております!
さぁ、そして最優秀選手5名のの発表です!」

リボッグリボッグ「俺だろ?」

司会者ネクタル司会者ネクタル「まずはゼムディ選手!」

ゼムディゼムディ「・・・」
ポセロポセロ「嬉しそうだね」

司会者ネクタル司会者ネクタル「クウガ選手!」

フィンブレクフィンブレク「良かったな」
クウガクウガ「ああ」

司会者ネクタル司会者ネクタル「ジュオア選手!」

ジュオアジュオア。O○(すまないアルバズン)
ベルフベルフ「なんでお前なんだよ。俺みたいなイケメン系が
が普通とるだろ?」

司会者ネクタル司会者ネクタル「ポセロ選手!」

ポセロポセロ「やったね」
ゼムディゼムディ「去年もそうだが、悪いなガウンブリザー」
ガウンブリザーガウンブリザー「気にしてないさ」

司会者ネクタル司会者ネクタル「最後はフィンブレク選手です!」

フィンブレクフィンブレク「・・・別に嬉しくはない」
リボッグリボッグ「てめえ笑いながら言うなよ」
クウガクウガ「これで飯がうまくなるな」

司会者ネクタル司会者ネクタル「以上です!」

ピノンピノン「来年はどうする?」
キドンオは頷いた
ピノンピノン「よし。決まりだ」
ローデローデ「あのさ、よかったら一緒についてきてもいいかな?」
ピノンピノン「ああ。お前がいると心強い」

観覧席1 戦闘大会会場

ヨージュヨージュ「あいつら、やったな。来年も俺も出場するぞ」
ブレイザブレイザ「バトルはそんなに甘くないぞ」
ダーキェダーキェ「最優秀選手か~取りたかったちくしょー!」

バトル場 戦闘大会会場

司会者ネクタル司会者ネクタル「これにて閉会とさせていただきます!
各自解散してください!」

ジュオアがクウガチームに近づいた
ジュオアジュオア「負けたよクウガ」
クウガクウガ「お前と戦えてよかったジュオア」
ジュオアジュオア「次は世界だな」
フィンブレクフィンブレク「どんな奴らがくるのかまったく想像できない」
ジュオアジュオア「応援に行くからよろしくな」
フィンブレクフィンブレク「心強い」
クウガクウガ「お前達、一緒にメシ食いに行こう。キラー盗賊とかもいるんだ」
ジュオアジュオア「行こう。ベルフも一緒に」
ベルフとアルバズンがやってきた
ベルフベルフ「俺は何でも食うぜ」
ジュオアジュオア「大丈夫かアルバズン?」
アルバズンアルバズン「もう戦えないが、回復薬ですっかり元気だ。食事に行こう


戻る