fb
文字のサイズ フォントを小さくする 現在の文字の大きさ フォントを大きくする
bargerIcon

281話~290話

281話

バトル場 戦闘大会会場

セキセキ「・・・何だと!」
ファウサンファウサン「ここまで暗黒属性攻撃を使えるのか・・・」

観覧席4 戦闘大会会場

ピノンピノン「今の攻撃は?」
ローデローデ「暗黒属性でしょ?」

バトル場 戦闘大会会場

エリクィーダエリクィーダ「・・・僕は今攻撃を食らったのか?」
クウガクウガ「さっきまでの俺とは違うぞ」
エリクィーダの目の色が変わった

セキセキ「予選で見れるとは・・エリクィーダ様の本当の戦いが」

クウガの攻撃 エリクィーダの分身ステップ 攻撃をよけた
クウガクウガ「・・・くそ!」
エリクィーダの攻撃 みだれぎり
司会者ネクタル司会者ネクタル「エリクィーダ選手、挑発のつもりか、クウガ選手の
攻撃をしてきました!」
クウガの攻撃 みだれぎり
「ギィィン!」

司会者ネクタル司会者ネクタル「攻撃同士がぶつかったが、両者ノーダメージです!」

エリクィーダはライトンの魔法を唱えた
クウガクウガ「!」

ファウサンファウサン「ライトンはセキのレーザーファイアと同等のスピードを持つ
避けれないはずだ」

クウガは攻撃をよけた
クウガクウガ「!」

司会者ネクタル司会者ネクタル「ああ、またしてもクウガがよけた方向に
エリクィーダがいました!!」

セキセキ。O○(それより・・・ライトンを避けただと・・・!!)

クウガクウガ「そこに来るのはわかってたぞ」
エリクィーダエリクィーダ「!」
クウガの攻撃 エリクィーダに100のダメージ クウガの攻撃 エリクィーダに100のダメージ
クウガの攻撃 エリクィーダに100のダメージ クウガの攻撃 エリクィーダに100のダメージ
クウガの攻撃 エリクィーダに100のダメージ クウガの攻撃 エリクィーダに100のダメージ

フィンブレク「連続攻撃だ!あのエリクィーダがかわしきえていない!」

クウガクウガ「とりゃっ」
クウガの攻撃 エリクィーダは消えた
クウガクウガ「!?」

セキセキ「分身に見えるステップはさらにスピードをあげることで
今度は姿がまったく見えなくなる」

リボッグリボッグ「おい、見えないぞ。逃げたか?」
フィンブレクフィンブレク「いや、目を錯覚させる動きで見えないだけだ」

282話

バトル場 戦闘大会会場

司会者ネクタル司会者ネクタル「エリクィーダ選手!
姿が見えなくなりました!エリクィーダいわく
高速ステップとのことです!」

応援団応援団「エリクィーダ!エリクィーダ!」

エリクィーダはファイヤーボールを唱えた
クウガクウガ「!」
クウガは攻撃を弾いた
クウガクウガ。O○(どこから飛んでくるか予測が出来ない!)
エリクィーダエリクィーダ「気配も消している」

フィンブレクフィンブレク。O○(気配が見えないとはいえ、今のクウガなら
攻撃をかわすことはできる。何か別の目的があるはずだ)

クウガの攻撃 エリクィーダは攻撃を止めた

司会者ネクタル司会者ネクタル「クウガ選手!
エリクィーダの位置が分かっているようです!」

上からファイヤーボールが複数に降ってきた
クウガクウガ「・・・く!」
クウガは攻撃をよけた

エリクィーダの攻撃

クウガクウガ「そこだ!」
カウンター エリクィーダに100のダメージ
エリクィーダエリクィーダ「・・・!」

エリクィーダの攻撃
クウガはカウンターをしようとした
エリクィーダは攻撃をしなかった

フィンブレクフィンブレク「気をつけろ!時間をかせいでいるようだ!!」

クウガクウガ「何!?」

セキセキ「遅い。詠唱時間30秒」
ファウサンファウサン「スフィム城のトップにしか覚えることの許されない2つの攻撃。
剣技スフィムブレイク、そして魔法スフィムファイア・・・」

エリクィーダエリクィーダ「よく戦ったが、これで終わりだ」
エリクィーダはスフィムファイアの魔法を唱えた

「ギュオオオオ!」

クウガクウガ「そのスピードなら・・・」
スフィムファイアがクウガについてくる
クウガクウガ「!」

ファウサンファウサン。O○(・・・そのスフィムファイアはただの囮。
本物のスフィムファイアは当たる直前までは目に見えない)

283話

バトル場 戦闘大会会場

「ギュオオオオオ!!」
クウガクウガ。O○(くそ・・・!炎がついてくる!)
クウガは偽のスフィムファイアを止めた
エリクィーダエリクィーダ。O○(止めたな)

「ズン!!」
クウガの真上にいきなり本物のスフィムファイアが現れた

クウガクウガ「!!」

スフィムファイアがそのまま落ちた クウガに600のダメージ
クウガクウガ「・・・!」

ファウサンファウサンoO○(スフィムファイアの威力はスフィムブレイクに比べると遥かに劣る。
だが、この魔法は・・・)

フィンブレクフィンブレク「命中率だ」
リボッグリボッグ「命中率?」
フィンブレクフィンブレク「この攻撃は100%相手に当たる。あのゼムディにも当たるほどだ。
前回の大会で、ジュオアがこの魔法によって敗れた。苦戦はしたが」
リボッグリボッグ「必ず当たる魔法かよ。俺はしんじねえ。そんな魔法」
フィンブレクフィンブレク「だが、普通の魔法に比べると詠唱時間が長い。
その間、大技は放てないはず」
リボッグリボッグ「おいおい、やたら詳しいなてめえは。
よく敵を見てるじゃねえか。そういうマニアか?」
フィンブレクフィンブレク「ち、ちょっと待て・・・それはない」

観覧席2 戦闘大会会場

アルバズンアルバズン「あれを出したって事は全力ってことか」
ヨージュヨージュ「わ、前見た時より魔法になれてるような気がする」
アルバズンアルバズン「去年はやられたが、今年はスフィムファイア対策を練っている」
ジュオアジュオア「一応な」
ブレイザブレイザ「なんてレベルが高い大会だ」

バトル場 戦闘大会会場

クウガクウガ「・・・」
エリクィーダエリクィーダ「君はこの魔法の芸術の一部を知ったに過ぎない」
クウガクウガ「どういう事だ」
エリクィーダエリクィーダ「・・・」
クウガクウガ「撃たせるか!」
クウガの攻撃 エリクィーダに100のダメージ
エリクィーダエリクィーダ。O○(僕がよける方向を予測している。攻撃が当たるわけだ・・・)
クウガの攻撃 黒い三日月 エリクィーダに700のダメージ
エリクィーダエリクィーダ「・・・!」

司会者ネクタル司会者ネクタル「クウガ選手!やったらやり返します!もうこの勝負、
分からなくなりつつあります!見てください応援団を!」

応援団応援団「エリクィーダ!エリクィーダ!!」
応援団応援団「クウガ!クウガ!!」

司会者ネクタル司会者ネクタル「クウガの見事な戦いぶりに、エリクィーダ派とクウガ派に
分断されたのです!!」

284話

バトル場 戦闘大会会場

エリクィーダは高速ステップをはじめた 見えなくなった
クウガクウガ「!」

リボッグリボッグ「また放つ気だ」

クウガの攻撃 エリクィーダに攻撃が当たらない
クウガクウガ「どこだ!」
クウガはダークボールを唱えた エリクィーダに攻撃が当たらない
クウガはダークボールを唱えた エリクィーダに攻撃が当たらない

エリクィーダの攻撃
クウガクウガ。O○(現れた!)
クウガは攻撃を止めた
エリクィーダエリクィーダ「・・・」
ふたたびエリクィーダは高速ステップをはじめた 見えなくなった

クウガの攻撃 エリクィーダに攻撃が当たらない
クウガは振り向いた
エリクィーダエリクィーダ「!」

フィンブレクフィンブレク「あぶない所だった」

エリクィーダエリクィーダ「30秒だ」
クウガクウガ「!」
エリクィーダはスフィムファイアを唱えた
「ギュオオオオオ!!」
クウガは囮のスフィムファイアをよけた
エリクィーダエリクィーダ「・・・」
クウガの頭上にスフィムファイアが現れた

クウガクウガ「よし!」
クウガはスフィムファイアをとめた それも囮だった
クウガクウガ「な・・・!」

リボッグリボッグ「あん?また囮か」

クウガクウガ「!?」
クウガの真下に本物のスフィムファイアが現れた
クウガに600のダメージ
クウガクウガ「・・・!」
エリクィーダエリクィーダ「回避不可能だ。
スフィムファイアを避ける事ができた者は誰一人いない」

セキセキ。O○(本物がいつくるのは、かエリクィーダ様のみ知る。
毎回違うのがこのスフィムファイアの特徴だ)

エリクィーダは高速ステップを始めた
司会者ネクタル司会者ネクタル「またです!エリクィーダ選手、消え・・・」
クウガクウガ「そこだ!」
クウガの攻撃 エリクィーダに100のダメージ クウガの攻撃 エリクィーダに100のダメージ
クウガの攻撃 エリクィーダに100のダメージ クウガの攻撃 エリクィーダに100のダメージ
クウガの攻撃 エリクィーダに100のダメージ クウガの攻撃 エリクィーダに100のダメージ
エリクィーダエリクィーダ「・・・!!」

フィンブレクフィンブレク。O○(よし。ついてこれるようになったか)

285話

バトル場 戦闘大会会場

クウガの攻撃 エリクィーダに100のダメージ クウガの攻撃 エリクィーダに100のダメージ
クウガの攻撃 エリクィーダに100のダメージ クウガの攻撃 エリクィーダに100のダメージ
クウガの攻撃 エリクィーダに100のダメージ クウガの攻撃 エリクィーダに100のダメージ
司会者ネクタル司会者ネクタル「クウガ選手にはエリクィーダの高速ステップが
見えるようになりました!」
クウガクウガ「見えないようになっているが騙されないぞ!」
エリクィーダエリクィーダ「・・・く。だが、スフィムファイアは撃てる」

応援団応援団「クウガ!クウガ!エリクィーダ!エリクィーダ!」

ファウサンファウサン「ダメージは連続攻撃で受けていたが、
きっと何か”溜め”を同時にしていたに違いない」
セキセキ「俺にもそう見えた」

エリクィーダはスフィムファイアを唱えた
エリクィーダエリクィーダ「最後だ」
クウガクウガ「・・・」

司会者ネクタル司会者ネクタル「おっとクウガ選手!エリクィーダに向かっていきました!
攻撃をよけるのはあきらめているのです!」

セキセキ「それも罠だ」

クウガに600のダメージ
クウガクウガ「・・・ぐ!」
エリクィーダは剣をすぐに高速回転させた

フィンブレクフィンブレク「!!・・・まずい、スフィムファイアを食らった直後だと防御不可能!」

セキセキ。O○(スフィムファイアを放っている時のみ、
相手が自分から近づいてきたら、スフィムブレイクが瞬時に発動する。
しかも今のエリクィーダ様は瞬時に発動するのを分かっているのにも関わらず、
さっきのダメージを受けながら”溜め”をしていたような気がする。つまり・・・
スフィムブレイクを連続で放てる)

リボッグリボッグ「くそ!勝てそうだったのに!!」

エリクィーダエリクィーダ「決勝リーグに行くのはスフィム城だ」
エリクィーダの攻撃 スフィムブレイク
司会者ネクタル司会者ネクタル「これはエリクィーダ選手!最強の剣技
がふたたび放たれました!」

フィンブレクフィンブレク。O○(頼むクウガ・・・!)

286話

バトル場 戦闘大会会場

クウガクウガ「まだ間に合う!!」
クウガの攻撃 黒い三日月 クウガの攻撃 黒い三日月
司会者ネクタル司会者ネクタル「クウガ選手!黒い三日月を2つで対抗します!」
エリクィーダエリクィーダ。O○(・・・一気に二発だと)
エリクィーダは剣をまた高速回転させた

ファウサンファウサン「何!スフィムブレイクが両サイドから黒い三日月に挟まれている!
攻撃を止めるため・・・それが狙いだったか! 」

エリクィーダのスフィムブレイクが無効化された
クウガクウガ。O○(まだ何かくる・・・)
エリクィーダの攻撃 スフィムブレイク
司会者ネクタル司会者ネクタル「おっと!クウガ選手がやっとのおもいで止めた
スフィムブレイクがまた放たれた!気づかれないように溜めていたのです!!」
クウガはダークボールの魔法を唱えた
「ボボボボボボボボボボボ!!」
エリクィーダエリクィーダ「・・・今さら何を」
司会者ネクタル司会者ネクタル「クウガ選手!大量のダークボールを放った!」

ファウサンファウサン。O○(これは・・・・!!)

エリクィーダの周囲をダークボールが包んだ
エリクィーダエリクィーダ「・・・前が見えない!!」
スフィムブレイクが当たらなかった
司会者ネクタル司会者ネクタル「エリクィーダ選手!攻撃が当たりません!
ダークボールに邪魔されたのです!」
エリクィーダは剣をまた高速回転させた
エリクィーダエリクィーダ「・・・まだ最後の・・・」

クウガクウガ「うおおおお!!」
司会者ネクタル司会者ネクタル「クウガ選手!もう動けるようになりましたた!」

エリクィーダエリクィーダ。O○(まずい・・ダークボールとやらのせいで、技が若干出遅れ・・・)
クウガの攻撃 暗黒十字刃 エリクィーダに1200のダメージ
エリクィーダエリクィーダ「・・・!!」
エリクィーダは戦闘不能になった

応援団応援団「おおおおおおお!!!」

司会者ネクタル司会者ネクタル「これは・・・!」

リボッグリボッグ「おいこれはどうなってる!」
フィンブレクフィンブレク「倒した・・・・エリクィーダを」
リボッグリボッグ「こいつは最高の日になりそうだ!祝いの酒が俺を待っている!!」

ファウサンは腰をがくっと落とした
セキセキ「・・・せめて俺が勝っていれば・・・!!」
ファウサンファウサン「すまないが俺は戦闘不能だ」

司会者ネクタル司会者ネクタル「クウガチーム!間違いなく強いです!
これでクウガチームは優勝候補スフィム城を下しました!
そして決勝リーグへの出場決定です!!」

フィンブレクとリボッグがクウガのとこまで走ってきた

応援団応援団「すごい試合をサンキューなーーー!クウガチーム!クウガチーム!!
スフィム城!スフィム城!!」

観覧席2 戦闘大会会場

ブレイザブレイザ「クウガの野郎、どこまで強くなるんだ」
ジュオアジュオア「次に俺達の試合が始まる。行くかアルバズン」
アルバズンアルバズン「いい試合が見れたな」
ヨージュヨージュ「そうか次はキミ達の決勝か」
ジュオアとアルバズンは戦闘大会会場へ向かった

287話

バトル場 戦闘大会会場

エリクィーダエリクィーダ「・・・僕に何が足りなかったんだ?」
セキセキ「そんな事はありません。スフィムブレイクが
当たっていたら確実に勝っていました。あれは予想外です」
ファウサンファウサン「また来年か・・・それまで砂漠の目をものにしてみせる」
スフィム城の3人は会場をあとにした

フィンブレクフィンブレク「勝てるとは思わなかった」
クウガクウガ「決勝リーグに勝って世界に行こう」
リボッグリボッグ「最初からそのつもりだぜ」
クウガ達は会場をあとにした

廊下 戦闘大会会場

エリクィーダファウサンセキ
ズワイマーが現れた
ズワイマーズワイマー「優勝候補がなんてザマだ!
負けたもの同士、協力し合えばなんとななるだろう、どうだ?ええ」
ファウサンファウサン「知らんな」
ズワイマーズワイマー「ちっ」
ズワイマーはいなくなった

観覧席3 戦闘大会会場

ゼムディゼムディ「エリクィーダが消えるか」
ポセロポセロ「おもろそーじゃん。今年は」

観覧席1 戦闘大会会場

クウガ達が戻ってきた
ダーキェダーキェ「元気そうだな。さっきまでの戦いが嘘みてえだ。
回復薬を作った奴は本当にすごいぜ」

バトル場 戦闘大会会場

サルフライド道場の試合が始まった。

司会者ネクタル司会者ネクタル「サルフライド道場!結局決勝まで2人しかでません!」
アルバズンアルバズン。o○(出ないのではなく、2人しかいないんだ。しょうがないだろう)

悪蠍悪蠍「派手にやれキリーグ」

キリーグキリーグ「初出場なもんで、人の命とかどうでもいいんですよ」
アルバズンアルバズン「前置きはいい」
キリーグキリーグ「そうですか。じゃあお言葉に甘えさせてもらいましょうか」
キリーグの攻撃 アルバズンは攻撃をよけた
キリーグキリーグ「?」
アルバズンはキリーグの背後にまわりこんだ
アルバズンの攻撃 防御破壊撃
司会者ネクタル司会者ネクタル「でた!アルバズンの防御破壊!相手の防御力を下げる特殊攻撃!」
キリーグは笑った
キリーグは抜け殻を捨てた 防御破壊撃が抜け殻に命中
アルバズンアルバズン「!・・・特殊能力者か」

ジュオアジュオア。o○(・・・ここまで勝って来ただけに、楽な試合はさせてはくれないか・・・)

288話

バトル場 戦闘大会会場

キリーグキリーグ「おえええぇえええ!!」
司会者ネクタル司会者ネクタル「キリーグ選手、何か吐き出してきました!!」
キリーグの攻撃 分散胃液

アルバズンアルバズン「!」
アルバズンに80のダメージ

アルバズンアルバズン。O○(胃液が分散されて避け辛い。
まず・・・攻撃を当てるしかない)
キリーグキリーグ「おええええぇえええ!!」

キリーグの攻撃 分散胃液 アルバズンが向かってくる
キリーグキリーグ「!」

悪蠍悪蠍「バティモ」
バティモバティモ「うい」
悪蠍悪蠍「ちゃんと鼻つまんどけよ」
バティモバティモ「言われなくてもわかるばい」

アルバズンに80のダメージ
アルバズンアルバズン「食らえ!」
アルバズンの攻撃
キリーグキリーグ「この戦い、すぐに決着がつきそうですね」

キリーグは地獄の息を吐いた

司会者ネクタル司会者ネクタル「キリーグ選手!これは準決勝で見せたすごい匂いがする息です!
特に一番近くにいるものに対しては、神経を麻痺させる効果もあると・・・」

アルバズンアルバズン「技破壊!」

アルバズンの攻撃 技破壊
キリーグキリーグ「俺の息が効かない・・・!?」

司会者ネクタル司会者ネクタル「アルバズン選手!技破壊を仕掛けてきました!
キリーグ選手の地獄の息は効いているのでしょうか!?」
キリーグ選手の技をすべて封印された
キリーグキリーグ「しまった・・・!!」
アルバズンアルバズン「お前の技は数分間封印された」
キリーグキリーグ「あなたは動けるのですか・・・・僕の息を食らって」

アルバズンアルバズン「よほどでなければ効かない」
キリーグキリーグ「もうだめです。あとはまかせましたよバティモ先輩!」
キリーグは降参した

ジュオアジュオア。O○(修行が役に立った。今のアルバズンならば、
ほとんどの特殊攻撃は効かないな)

司会者ネクタル司会者ネクタル「アルバズン選手!まずは一勝です!」

悪蠍悪蠍「使えねぇなキリーグは」
バティモバティモ「あいつは俺が教えたことを何一つ覚えてねえな。
俺が本当の地獄の息を吐いちゃるばい」

289話

バトル場 戦闘大会会場

バティモが前に出た
アルバズンアルバズン。O○(今の奴よりやばそうだな)
バティモバティモ「俺の胃液はキリーグの倍よ」
司会者ネクタル司会者ネクタル「バティモ選手が前に出ました!
アルバズン選手との戦いが始まります!」
アルバズンアルバズンVSバティモバティモ
剣戦闘開始剣
バティモは胃液を吐いた
アルバズンは攻撃をよけた
バティモバティモ「今のはフェイクみたいなものばい!!ぶはあああああーーーー!!」
バティモの攻撃 黒い胃液

ジュオアジュオア「・・・黒い胃液?」

バティモバティモ「俺の胃液は鉄をも溶かすばい!」
アルバズンに200のダメージ
アルバズンアルバズン「・・・!」

観覧席1 バトル場

フィンブレクフィンブレク「威力だけではない。命中までのスピードも速い」
ダーキェダーキェ「おいおいおい、人間かよバティモっちゅう野郎は」

バトル場 戦闘大会会場

アルバズンアルバズン「今度はこっちの番だ」
アルバズンの攻撃 技破壊
バティモは抜け殻を捨てた
アルバズンアルバズン「!」
技破壊が抜け殻に命中
バティモバティモ「俺の抜け殻はちと違うばい」
バティモの抜け殻がアルバズンに襲い掛かってきた
抜け殻の攻撃 溶解唾液
アルバズンアルバズン「!」
アルバズンは攻撃をよけた
アルバズンアルバズン。O○(速い・・・)
バティモバティモ「ぶはあ!!!」
バティモは地獄の息を吐いた

アルバズンは地面に手を前に出す
アルバズンアルバズン「空間破壊!!」
バティモの地獄の息が空間破壊で消された
バティモバティモ「やるね」

ジュオアジュオア。O○(空間破壊はそれだけなく、相手にいきなり近づくことも出来る。
相手との距離を破壊することによって)

アルバズンは続けて空間破壊をした
一気にバティモに近づいた
バティモバティモ「!!」
アルバズンの攻撃 右手で体内破壊 左手で防御破壊
司会者ネクタル司会者ネクタル「アルバズン選手、一気にバティモを攻める!!」
バティモバティモ「俺は何度でも脱皮できるばい」
攻撃が抜け殻に命中した
アルバズンアルバズン「!」
抜け殻がアルバズンに抱きついた
バティモバティモ「はいおしまーい!」
アルバズンアルバズン。O○(くそ!外れない!!)
抜け殻が爆発した 
「ドゴォオオオン!!」

290話

バトル場 戦闘大会会場

爆発した所にアルバズンはいなかった
司会者ネクタル司会者ネクタル「アルバズン選手!バティモの攻撃をよけたのでしょうか?」

ジュオアジュオア。O○(空間破壊が間に合ったな)

アルバズンアルバズン「とにかく当てるしかない」
バティモバティモ「当てても無駄だけどな。抜け殻を破壊するのか?」
アルバズンアルバズン「抜け殻の中に本体がある。新しい抜け殻が
できるまでに攻撃をすればいいだけの事だ」
バティモバティモ「その通り。でも無駄ばい」
バティモの攻撃 黒い胃液
アルバズンは空間破壊を使った
バティモバティモ「・・・?」
アルバズンアルバズン「両手だ」
司会者ネクタル司会者ネクタル「アルバズン選手!バティモ選手の頭上に移動し、
両腕で体内破壊を仕掛けます!」
アルバズンの攻撃 体内破壊
バティモの抜け殻に命中
アルバズンアルバズン「食らえ!」
アルバズンの攻撃 体内破壊
バティモバティモ「なぜなら、止める自信があるからばい」
バティモは攻撃を片手で止めた
アルバズンアルバズン「何!」
バティモバティモ「たっぷり食らわしてやるばい」
バティモの攻撃 黒い胃液 アルバズンは攻撃をよけた
バティモバティモ「げろげろげー!!」
バティモの攻撃 黒い胃液 アルバズンは攻撃をよけた

観覧席1 バトル場

フィンブレクフィンブレク「苦戦しているな。相手のチームは初出場ながら
優勝候補レベルの実力をもっている」
ヨージュヨージュ「あのアルバズンがここまで苦戦するなんて・・・」

バトル場 戦闘大会会場

アルバズンアルバズン。O○(攻撃が・・・まったく通用しない・・・
リミッターを解除するしかないのか・・・)
バティモバティモ「黒い胃液を簡単によけるようになったか」
アルバズンアルバズン「本気を出そう」
バティモバティモ「本気を出す?」

アルバズンは自分に攻撃をした
バティモバティモ「?」
アルバズンアルバズン「能力制限破壊!」
能力制限破壊
アルバズンの全ての能力が上がった
アルバズンアルバズン「一気に終わらせよう」
司会者ネクタル司会者ネクタル「アルバズン選手!ものすごいスピードで攻撃してきます!
さっきまでとはまるで別人!去年のトーナメントで見せた実力です!」

バティモバティモ「けっ!」
バティモの攻撃 カウンター ブラッディクロー
アルバズンに700のダメージ
アルバズンアルバズン「うおああああ!!」

バティモバティモ「お前が本気じゃなかったのはお見通し。
俺も本気をだしていなかったばい。もうどうなってもしらんばい」
バティモから蒸気が湧き出てきた

キリーグキリーグ「あーあ」
悪蠍悪蠍「蒸気を出したとき、能力が5倍になるってのは本当らしいな」


戻る