fb
文字のサイズ フォントを小さくする 現在の文字の大きさ フォントを大きくする
bargerIcon

261話~270話

261話

バトル場 戦闘大会会場

応援団応援団「セーキ!セーキ!」
セキはフィンブレクに両手を向けた
セキセキ「おおおお!!」
セキはファイヤーボールを唱えた
「ボボボボボボボボボボボボ!!!」

リボッグリボッグ「通常のファイヤーボールに変え、数を増やしたか。
なんて数だよ」
クウガクウガ「これが最後の攻防になりそうだ」

フィンブレクはタウォーギュを唱えた
ウォーターボールが飛んでいく
「ドドドドドドドドドド!!」

セキセキ。O○(タウォーギュで対抗か!)

バトル場 戦闘大会会場

ブレイザブレイザ「勝負が決まった」
ダーキェダーキェ「あん?互角だぜ」
ジュオアジュオア「・・・いや、セキの魔力が切れかかっている」
ダーキェダーキェ「まじかよ!」
ジュオアジュオア「この試合でもフィンブレクは魔力の底を見せないようだ。
セキは間違った選択をした」

バトル場 戦闘大会会場

「ドドドドドド!」
打ち合いが続いている
セキセキ。O○(く・・・なぜ・・・・!なぜ
あれだけ打っているのに尽きない・・・俺の魔力が
奴に劣っているのか・・・!)

ファウサンが戦闘の準備に入った
ファウサンファウサン「・・・フィンブレクか。名前を覚えておこう」

司会者ネクタル司会者ネクタル「セキ選手!フィンブレクのタウォーギュに押されぎみだ!」

セキセキ「まけてたまるか!まけてたま・・・!!」
セキに100のダメージ セキに100のダメージ
セキに100のダメージ セキに100のダメージ
セキセキ「ぐあっ!」
セキに100のダメージ セキに100のダメージ
司会者ネクタル司会者ネクタル「おっと!とうとうヒットしました!
セキ選手に次々とタウォーギュが!」
セキに100のダメージ セキに100のダメージ
セキに100のダメージ セキに100のダメージ
セキセキ「うおおお!」
セキの攻撃 太陽炎
フィンブレクフィンブレク「!」
「ビーーーー!!!」
フィンブレクは攻撃をよけた
応援団応援団「セーキ!セーキ!」
セキに100のダメージ セキに100のダメージ
セキに100のダメージ セキに100のダメージ
セキセキ「がは・・・!」
セキは気絶した
フィンブレクフィンブレク「や・・・やった!!!」
司会者ネクタル司会者ネクタル「フィンブレク選手!何とスフィム城の
セキ選手に勝利してしまいました!」

262話

バトル場 戦闘大会会場

司会者ネクタル司会者ネクタル「会場中がどよめいています!
セキを倒した無名のフィンブレクに対して注目が集まったのです!」

客達客達「フィンブレクか・・・いい選手だな・・・」
客達客達「すげぇ・・・魔法剣かっこいいよまじで」

フィンブレクフィンブレク「勝った・・・俺が・・・」

クウガクウガ「あいつなら勝つと思っていた」

ファウサンファウサン「決勝でまさか一敗をしてしまうとは・・・!」
セキが目を覚めた
セキセキ「・・・くそ。負けたのか」
フィンブレクフィンブレク「いい戦いだった」
セキセキ「・・・知らんな」
セキは戻った
フィンブレクフィンブレク「・・・」
フィンブレクは戻った

フィンブレクフィンブレク「答えが見つかった。戦いを始めてよかった。
最初はどうかと思ったが、ついに勝ってしまった。
クウガ、お前も強い奴に勝ちたいのだろう?」
クウガクウガ「ああ。俺も同じだ」
リボッグリボッグ「勝つには世界だろ。うぜぇほどクソ強えのがいやがる。
たとえば、裏の牛人間とかな」
クウガクウガ。O○(まだいるのか・・・)
リボッグリボッグ「さて、俺はあんまり戦ってねえから、あとの二人は
まとめてぶっつぶしてやるぜ」

観覧席1 戦闘大会会場

アルバズンアルバズン「この試合を、ゼムディグループはどう思ったかな?」
ジュオアジュオア「フィンブレクの潜在能力には気づくはず」
ブレイザブレイザ「俺も修行をしないと奴らに置いていかれるか」
ヨージュヨージュ「いい仲間を見つけたなあ、クウガは」

バトル場 戦闘大会会場

セキセキ「エリクィーダ様。すいません」
エリクィーダエリクィーダ「僕の描いた芸術じゃない」
セキセキ「・・・この償いはします」
ファウサンファウサン「おまかせくださいエリクィーダ様。
フィンブレクはもう戦えない状態。あとの二人は私が無傷で終わらせましょう」
エリクィーダエリクィーダ「期待していようファウサン君」

ファウサンが前に出た
リボッグが前に出た
応援団応援団「スフィム城!ファウサン!ファウサン!」

司会者ネクタル司会者ネクタル「両選手前に出ました!このリボッグ選手は前回の試合で
ミング選手にまったく手出しをさせませんでした!おそらく強いのでしょう!
しかし今度の相手はスフィム城のファウサン選手!
ミング選手とはまったく違うレベルなのです!」

観覧席2 戦闘大会会場

ミングミング「かんべんしてくれ」
ストライバストライバ「気にするなよ」

バトル場 戦闘大会会場

ファウサンファウサン「残りはザコだ。この試合、5分もいらんな」
応援団応援団「ファウサン!ファウサン!ファファファファファウサン!」
司会者ネクタル司会者ネクタル「それでは、試合をはじめてください!」

263話

バトル場 戦闘大会会場

応援団応援団「ファウサン!ファウサン!スフィム城のファウサン!!」
リボッグリボッグ「うるせえな」
リボッグリボッグVSファウサンファウサン
剣戦闘開始剣
リボッグの攻撃 ファウサンは攻撃をよけた
リボッグリボッグ「あん?」
ファウサンファウサン「・・・スキだらけだ」
ファウサンはレイピアをリボッグに向けた

クウガクウガ「速い!あっというまにリボッグの背後を取った!」
フィンブレクフィンブレク「危険なのは速さではない。
戦士育成道場レイヴェインにはコフェンという特殊な目を持つ男がいるが、
実は奴もそれをもっている」
クウガクウガ「!」
フィンブレクフィンブレク「それも3つだ」

ファウサンの攻撃
司会者ネクタル司会者ネクタル「おっと、ファウサン選手!リボッグの背後とり、
攻撃をしかけた!」

「ガキィン!」
ミス リボッグにダメージを与えられない
ファウサンファウサン「?」
リボッグリボッグ「おいクソ野郎。何かするんじゃなかったのか?」
ファウサンの攻撃
「ガキィン!」
ミス リボッグにダメージを与えられない
ファウサンファウサン。o○(どうなっている。コイツの体は)
リボッグは振り向いた
リボッグリボッグ「・・・5分もいらんと言ったな。その通りだぜ」
リボッグの攻撃 頭突き
ファウサンファウサン「!」
ファウサンに100のダメージ
リボッグリボッグ「てめえが俺に破壊されるんだからよ!」
リボッグの攻撃 ハイスピンホーン
「ギュルルゴゴゴー!!」
ファウサンに200のダメージ
ファウサンファウサン「・・・く」

セキセキ「く、何者だあいつは。見たところ牛人間。・・・それに
あれは特殊金属でしょうか?」
エリクィーダエリクィーダ「オリハルコンだ」
セキセキ。o○(オリハルコン・・・ここで見るとは)

264話

バトル場 戦闘大会会場

ファウサンファウサン「・・・大した攻撃力だ」
リボッグリボッグ「あん?これが最高だと思ってるのか?
おっと、会話している間に5分になっちまうぜ」
リボッグの攻撃 突進
ファウサンは攻撃をよけた
応援団応援団「ファウサン!ファウサン!」

セキセキ「さっさと終わらせるんだファウサン!」

ファウサンファウサン「負けた奴に言われたくない」
ファウサンの攻撃 レイピアダンス
「ギュルルルルルル!!」
リボッグリボッグ「!」
ファウサンファウサン「これがお前に・・・!」
「ドシィン!!」
ファウサンに200のダメージ
リボッグの突進だった
リボッグリボッグ「これが俺の衝撃弾突進だ」

ファウサンファウサン「・・・!」

クウガクウガ「いい調子だ。ファウサンという男、一方的にやられてる」
フィンブレクフィンブレク「リボッグが予想外に強かったのだろう」

ファウサンの攻撃 ミス リボッグにダメージを与えられない
リボッグリボッグ「無駄だ」
ファウサンファウサン「オリハルコンとはいえ、強大な攻撃力には耐えられまい」
ファウサンの攻撃 レイピアダンス

クウガクウガ「まずい、この至近距離では・・!」

リボッグに100のダメージ
リボッグリボッグ「くそ!それが狙いだったか」
ファウサンファウサン「くそはこっちだ。すでに5分を過ぎている」
リボッグリボッグ「てめえが見たくもない踊りをするからだ」

クウガクウガ「特殊金属だったはず・・・」
フィンブレクフィンブレク「相手はファウサンだ。特殊金属でも突破口は簡単に開ける」

ファウサンは無限の目を発動した
会場全体にファウサンの目が張り巡らされる

クウガフィンブレク「!!」
フィンブレクフィンブレク「使ってきた!」

応援団応援団「おーー!ファウサン!ファウサン!」
リボッグリボッグ「あん?」
ファウサンファウサン「断言しよう。これから一方的な攻撃が始まる」
リボッグリボッグ「無限の目か」

265話

観覧席2 バトル場

ジメンティスジメンティス「知っていたか?」
コフェンコフェン「知っていた」

バトル場 戦闘大会会場

司会者ネクタル司会者ネクタル「ファウサン選手!無限の目が発動しました!」
応援団応援団「ファウサン!ファウサン!ファウサン!」
ファウサンの攻撃 リボッグは攻撃をよけた
ファウサンファウサン。o○(何!)

フィンブレクフィンブレク「よけてる!リボッグはスピードもある」

リボッグリボッグ「俺を誰だと思ってる?牛王だぜ」
ファウサンファウサン「あまり調子に乗らない方がいい」
ファウサンはリボッグのすぐ後ろにいた
リボッグリボッグ「!」
ファウサンの攻撃 リボッグに25のダメージ
リボッグリボッグ「ちっ」
ファウサンファウサン。o○(くそ・・!オリハルコンだった)
リボッグの攻撃 ファウサンは攻撃を避けた

フィンブレクフィンブレク「リボッグ!全方向から見られている!
これから攻撃をしてくるぞと思わせないようにするんだ!
フェイントをかけるか、いきなり攻撃をしかけるかどちらかに・・・」

リボッグリボッグ「いわれなくても分かってるぜ」
リボッグの攻撃 ファウサンは攻撃をよけた
ファウサンファウサン「すべ分か・・・」

「ドシィン!!」

ファウサンに300のダメージ
司会者ネクタル司会者ネクタル「おっとファウサン選手油断していたのでしょうか!
リボッグのフェイントにあっさりとひっかかった!」

セキセキ。o○(無限の目で攻撃が完全に把握できるのではない。
あくまでも全方向から見るだけ。フェイントには逆にかかりやすいわけだ)

リボッグリボッグ「俺にその目は通用しないぜ」
ファウサンファウサン「こんなところで・・・!」

観覧席2 バトル場

コフェンコフェン「この試合は焼き付けておくつもりだ」
ストライバストライバ「なんで?」
コフェンコフェン「去年見たあの目をこちらのものにするためにも」

バトル場 戦闘大会会場

ファウサンファウサン。O○(・・・ただ硬いだけじゃないのか!
あの目を・・・あの目を使うしかないのか)
リボッグリボッグ「おいおい、なに暗い顔してんだよ。降参のサインか?あん?」
ファウサンファウサン「・・・」
ファウサンは目に意識を集中させた
「ゴゴゴゴゴ・・・・」
応援団応援団「スフィム城!スフィム城!ファウサン!ファウサン!」

フィンブレクフィンブレク「・・・あれがくるぞ。2つめの目が」
クウガクウガ「無限の目よりやっかいそうか?」
フィンブレクフィンブレク「残り二つの目はそうとうやっかいだ」

観覧席1 バトル場

ダーキェダーキェ「おいおい、あの紫ヘアーの野郎どうしたんだ?」
ジュオアジュオア「ファウサンは目を変更している。
 ゼムディグループとの戦いでは、いきなりあの目を使う」
アルバズンアルバズン「強敵と戦う以外は極力避ける。どうも体力消耗に絡むらしい」

266話

バトル場 戦闘大会会場

リボッグリボッグ「何だ今度は?」
ファウサンファウサン「鏡の目は、全てを映し出す」
ファウサンの鏡の目が発動した

観覧席1 バトル場

フィンブレクフィンブレク「鏡の目は、その名のとおり鏡。
見た相手そのものを自分の目に映し出し、全てが把握できる。
それだけではない。鏡のように攻撃を反射する」
クウガクウガ「反射?」
フィンブレクフィンブレク「ああ、しかもそれを自分でコントロールできるからやっかいだ」
クウガクウガ「?」

バトル場 戦闘大会会場

リボッグリボッグ「なんだかよく知らねえが、つぶしてやるぜ」
ファウサンファウサン「無駄だ。何もかもわかる。手に取るように。
見ているのではく、お前の内側にいるような感覚だ」
リボッグリボッグ「あん?」
リボッグの攻撃
ファウサンファウサン「読めた」
ファウサンはリボッグの真横に回り込んだ
リボッグリボッグ「!」
カウンター ファウサンの攻撃 リボッグに50のダメージ
リボッグリボッグ「この野郎!」
リボッグは攻撃しようとした
ファウサンファウサン「それも読んでる」
カウンター ファウサンの攻撃 リボッグに50のダメージ
リボッグリボッグ。O○(ま・・・まるで先に攻撃を読まれている・・・)
ファウサンファウサン「お前が少しづつダメージを受けているのが分かる」
リボッグリボッグ「あん?」

観覧席2 バトル場

ストライバストライバ「覚えたい目ってのは、あれのことか?」
コフェンはうなづいた

バトル場 戦闘大会会場

リボッグリボッグ「おらよ!」
リボッグの攻撃 フェイントだった
ファウサンファウサン「ああ、フェイントだろうな」
リボッグリボッグ「くそっ!」

クウガクウガ「あれ・・・リボッグの頭上・・・」
フィンブレクフィンブレク「リボッグのちょうど真上に
レイピアがあんなにたくさん・・リボッグ!!」

リボッグは上を見た
リボッグリボッグ「あん?」
ファウサンファウサン「霊力で生成されたレイピアだ」

レイピアの雨がリボッグに向かって降ってきた
「ドドドドドドドド!!」

267話

観覧席1 バトル場

ブレイザブレイザ。o○(あの霊力・・・俺よりはるかに高い)
ヨージュヨージュ「レイピアの雨だ!」

バトル場 戦闘大会会場

クウガクウガ「・・・なんだあの攻撃は!?」
フィンブレクフィンブレク「ファウサンは魔力がない代わりに霊力が高い。
霊力による攻撃を仕掛けてくる。
それを具現化したのが今の攻撃だ」

「ズバッ!!」
リボッグに150のダメージ
リボッグリボッグ「!」
ファウサンファウサン「霊力は防御力を無効化する場合がある」
リボッグリボッグ「おいおい調子に乗るなよ!」
リボッグの攻撃 ハイスピンホーン
ファウサンファウサン「見え見えだ」
ファウサンはリボッグの横に回り込んだ

クウガクウガ「攻撃する前から読まれている」
フィンブレクフィンブレク「相手の思考も鑑に映し出すからだ」

リボッグリボッグ「回り込んだところでそこに攻撃を加えればいいんだよ!」
リボッグの攻撃
ファウサンファウサン「こうもできる」
ファウサンはリボッグの目を見た
リボッグリボッグ「!」
リボッグに30のダメージ

クウガクウガ「な・・・何が起こった!位置が入れ替わったぞ!」
フィンブレクフィンブレク「今、リボッグはファウサンに攻撃をしかけたが、わざと
ファウサンが攻撃を受けようとした。
ところが寸前に位置が入れ替わり、リボッグが自分の攻撃を
自分で受けてしまったのだ。物理的に不可能だと思われるが、
鏡の目の特殊な作用で可能になる」
クウガクウガ「鏡の目か・・・」

ファウサンの攻撃 リボッグに30のダメージ
リボッグリボッグ。o○(くそ・・!もしこの体がオリハルコンでなければ今頃
とんでもないことになっている・・・)
ファウサンファウサン「もたもたしているヒマがあるか?」
リボッグリボッグ「!」
「ドドドドドドドド!!」

フィンブレクフィンブレク「全方向からレイピアの刃だ!」
クウガクウガ「どうする!」

リボッグリボッグ「うおおおお!!」
リボッグは腕を振り回した 全てのレイピアが破壊された

ファウサンの攻撃 紫霊残月
「ズバッ!」

セキセキ「囮にかかるとはバカな牛だ」

応援団応援団「おおお!ファウサン!ファウサン!」
リボッグに660のダメージ
ファウサンファウサン「言っただろう?すべての動きを把握しているって」

268話

バトル場 戦闘大会会場

応援団応援団「ファウサン!ファウサン!」
司会者ネクタル司会者ネクタル「リボッグ選手!ついにファウサン選手の攻撃をもろに
食らってしまいました!防御が強くかなりの長期戦になると思いましたが、
そろそろ決着がつくのでしょうか!?」
リボッグリボッグ「く・・・そ!なんだ今の破壊力は・・・!!」
ファウサンファウサン「自分の防御力に過信しないことだ。
オリハルコンとはいえ、攻撃によっては無に等しい場合もある」

フィンブレクフィンブレク「防御力を無効化している・・・!」
クウガクウガ「今の攻撃か」

リボッグリボッグ「だが、今ので完全に目がさめたぜ」
ファウサンファウサン「?」
リボッグリボッグ「かつて、裏の牛人間と戦ったときのことをよ」
ファウサンファウサン「何をするか分かっている」
リボッグの攻撃 高速衝撃弾突進
ファウサンは攻撃をよけた
リボッグリボッグ「そこだろ!」
リボッグの攻撃 ファウサンは攻撃をよけた
リボッグの攻撃 ファウサンは攻撃をよけた
ファウサンファウサン「何度やっても同じ結果だ!」
ファウサンの攻撃 リボッグに50のダメージ

クウガクウガ「だめだ!攻撃を全て読まれている!」
フィンブレクフィンブレク「まずい・・・まずいぞ」
クウガクウガ「?」
フィンブレクフィンブレク「そろそろ今までの攻撃が全て跳ね返ってくる」

ファウサンファウサン「さぁ、攻撃をしてこい」
リボッグリボッグ「人間ごときが!」
リボッグの攻撃 ファウサンは攻撃をよけた
リボッグの攻撃 ファウサンは攻撃をよけた
リボッグの攻撃 ハイスピンホーン ファウサンは攻撃をよけた
リボッグの攻撃 ファウサンは攻撃をよけた
リボッグリボッグ。O○(・・・おかしい)
ファウサンファウサン「おかしいと思って正解だ」
リボッグリボッグ。O○(・・・!心が読まれてる!鏡の目の効果かよ)

鏡の目 反射が発動した
今まで攻撃がすべてリボッグに襲い掛かる
リボッグリボッグ「あん?」

269話

バトル場 戦闘大会会場

リボッグリボッグ「・・・こんなのありかよ!」

クウガクウガ「フィンブレク!リボッグの分身のようなものが
リボッグに攻撃をしている!」
フィンブレクフィンブレク「くそ。これが鏡の目で一番厄介な所だ」

応援団応援団「ファウサン!ファウサン!」
ファウサンファウサン「じっくりと見物させてもらおう。
この鏡の目で」

セキセキ「勝負は決まりましたね」
エリクィーダエリクィーダ「セキ君。あの牛の目を見ろ」
セキセキ「?」
エリクィーダ「自分の攻撃ならかわせる自信を持った目だ」
セキセキ。O○(魔法剣使いといい、常識はずれの牛人間といい
なんなんだあのチームは・・・)

リボッグリボッグ「この程度大したことないぜ!」

司会者ネクタル司会者ネクタル「おっと!リボッグ選手!鏡の目によって
反射してきた今までのリボッグの攻撃をことごとく
かわしているではありませんか!」

ファウサンファウサン「何だと!」

フィンブレクフィンブレク「・・・とんだ心配だった」
クウガクウガ「ああ。これならいける!」
フィンブレクフィンブレク「・・・」

ファウサンファウサン。O○(なぜ、攻撃があたらないんだ?
奴は鏡の目の事を知っていたのか!
よけるために、でわざと今まで攻撃のスピードを遅くしていたのか!)
リボッグリボッグ「なんでた?・・・て目ぇしてやがるな。教えてやるぜ。
裏の牛人間の攻撃に慣れているからだよ。残念だったな。
俺はそいつらを倒すためにここにやってきた」
ファウサンファウサン「・・・あのチームか」
リボッグは鏡の目によって反射してきた攻撃を全てよけた

ファウサンファウサン「しかし、お前の攻撃は俺には当たらない。
状況に変わりはないのだ」

フィンブレクフィンブレク「・・・攻撃が当たらなければ
ずっとファウサン優勢だ。リボッグはじわりじわりとやられていく。
・・・何かいい方法はないのだろうか?」
クウガクウガ。O○(何か、あるはずだ。鏡の目を攻略する方法が!)

リボッグリボッグ。O○(・・・とにかく当てるしかねえだろうが)

270話

バトル場 戦闘大会会場

応援団応援団「スフィム城!スフィム城!
ファウサン!ファウサン!」
ファウサンファウサン「教えてやろう。今の状況を。
お前に勝ち目がないという事だ」
リボッグリボッグ。O○(仕方ねえな。やるしかねえな)
ファウサンファウサン「何だ?」
リボッグリボッグ「分かってるだろう?」
ファウサンファウサン「鏡の目で全てお見通しだからな。
受けてやろう。最高速のお前の突進を」

フィンブレクフィンブレク「今までの突進は何だったんだ?」
クウガクウガ「最高速?」

リボッグリボッグ「最高速は体力を消耗する。
使わなかったのはそのためだ。一気に決めるぜ」

ファウサンファウサン「紫霊残月でとどめをさす」
リボッグリボッグ「二度目はくらわねえ」

リボッグの攻撃 突進
ファウサンファウサン「!」
ファウサンに100のダメージ
ファウサンファウサン。O○(・・・!・・・鏡の目で把握しているが
つ・・・ついていけない)
リボッグの攻撃 突進 ファウサンに100のダメージ
リボッグリボッグ「うおおおお!!」

セキセキ「攻撃が急に当たった」
エリクィーダエリクィーダ「動物的本能によるものか。
鏡の目で把握できても、人の脳では動物的本能には対応しきれない」

クウガクウガ「突進が早い・・・あとは」
フィンブレクフィンブレク「ああ。それだけないな。独特なリズムをだしている。
俺達にはない、牛人間独特のリズムだ」

リボッグの攻撃 突進 ファウサンに100のダメージ
ファウサンファウサン「・・・!」
リボッグの攻撃 突進 ファウサンに100のダメージ
ファウサンファウサン。O○(何だ?何を考えているのか分からない。
つぎはどこから突進が・・・)
リボッグの攻撃 高速衝撃弾突進 ファウサンに500のダメージ
ファウサンファウサン「ぐああ・・!」
リボッグリボッグ。O○(体力が・・・決めなければ)
リボッグの攻撃 突進 ファウサンに100のダメージ
リボッグの攻撃 突進 ファウサンに100のダメージ
リボッグの攻撃 突進 ファウサンに100のダメージ
リボッグの攻撃 突進 ファウサンに100のダメージ
ファウサンファウサン。O○(・・・ま・・・負ける!)
ファウサンは両目を手で覆った
リボッグリボッグ「!」
ファウサンは黒い砂漠の目を発動させた

フィンブレククウガ「!!」
フィンブレクフィンブレク「ついに使ったか!最後の目を」

セキセキ「くっ・・・それほどの相手なのか!」

バトル場 戦闘大会会場

アルバズンアルバズン。O○(予選決勝では負けたくないというプライド絡みか)


戻る