fb
文字のサイズ フォントを小さくする 現在の文字の大きさ フォントを大きくする
bargerIcon

251話~260話

251話

バトル場 戦闘大会会場

ローデローデ「あの男は注意が必要だね。ピノンでは時間がかかる。
ここは、すぐに終わらせちゃおうか」
ローデはキドンオを見た。
ピノンピノン「頼むぞ」

キドンオは前に出た
ブレイザブレイザ「!」

観覧席1 バトル場

クウガクウガ「!」

バトル場 戦闘大会会場

ブレイザブレイザ「何かしゃべったらどうだ?」
キドンオキドンオ「・・・」
司会者ネクタル司会者ネクタル「それでは試合をどうぞぉ!」
ブレイザブレイザVSキドンオキドンオ
剣戦闘開始剣
キドンオはゆっくりと剣を前に向けた
ブレイザブレイザ「こっちからいくぞ」
ブレイザはナイフを投げた
「シュルシュルシュル!」
キドンオは揺れた
ブレイザブレイザ「!」
攻撃が当たらなかった
ナイフがふたたびキドンオに襲い掛かる
ブレイザブレイザ。O〇(妙な奴だ)
しかしナイフが当たらなかった

ブレイザブレイザ「くそ・・・!」

ダーキェダーキェ「ブレイザ!前だ!前を見ろ!」

ブレイザブレイザ「?」
目の前にキドンオいた
ブレイザブレイザ「い・・・いつの間に!」
キドンオの攻撃 ブレイザに200のダメージ
ブレイザブレイザ「くそ!」
ブレイザは一歩下がった
キドンオの攻撃 螺旋剣の舞

ダーキェダーキェ「うおお、あれは!ピノンとかいう奴と同じ技!」

ブレイザブレイザ「野郎が!」
ブレイザに500のダメージ
ブレイザブレイザ「!」
ブレイザの攻撃 キドンオに攻撃が当たらない
キドンオの連続攻撃
ブレイザブレイザ「・・・・!!」
ブレイザに大ダメージ ブレイザは気絶した

観覧席1 バトル場

フィンブレクフィンブレク「攻撃が速い・・・しかも型にはまっていない。
どこから攻撃がくるのか予測もできない。あれではかわしようがない」
クウガクウガ「・・・」

バトル場 戦闘大会会場

司会者ネクタル司会者ネクタル「・・・ブレイザ選手、手も足もでませんましたーー!!
灼熱の赤い薔薇、Bブロック決勝進出決定!!」

252話

観覧席1 バトル場

クウガクウガ「行ってくる」
ヨージュ、ジュオア、アルバズンはうなづいた

廊下 戦闘大会会場

ダーキェダーキェ「ちくしょう。負けちまった」
ブレイザブレイザ「せっかくの金が」
アヴィアヴィ「来年があるわ」
クウガ達と合流した
リボッグリボッグ「おいダーキェ。お前負けたみてえだな」
ダーキェダーキェ「あん?今日は調子がわるかっただけだコラ」
リボッグリボッグ「てめえ、いいわけをちゃんと作っておいたとは、
ちょっと頭がいいんだな。ほめてやるぜ」
ダーキェダーキェ「なんだとこの野郎!」

フィンブレクフィンブレク「おっと喧嘩はなしなし。次の試合で影響が出ては困る」
リボッグリボッグ「おいおい、こんなザコ楽勝だぜ」
ダーキェダーキェ「あん?」

ブレイザブレイザ「・・・歯がたたなかった」
フィンブレクフィンブレク「よく見ていた。見たことのない技だった」
クウガクウガ「・・・キドンオは強いな」
リボッグリボッグ「もう後戻りはできねえクガ」
フィンブレクフィンブレク「クウガだ」
リボッグリボッグ「クガー?」
フィンブレクフィンブレク「クウガ」
ブレイザブレイザ「そろそろ試合が始まる。行け、てめえら」
クウガクウガ「ああ!」
クウガ達はバトル場に行った

観覧席1 バトル場

ヨージュヨージュ「おお、人が多くなってきたな。
スフィム城の試合になると毎年こうだから困る」
ブレイザ達が戻った
ブレイザダーキェザバドアヴィ
ヨージュヨージュ「おかえり」
ダーキェダーキェ「おう!で、試合は始まったか?」
ヨージュヨージュ「これからだ」

バトル場入り口 戦闘大会会場

フィンブレクフィンブレク「・・・」
クウガクウガ「フィンブレク?」
フィンブレクフィンブレク「・・・緊張しているかも」
クウガクウガ「行こうフィンブレク。勝てば飯がたくさん食える」
フィンブレクフィンブレク「勝てるかどうか以前に不安が襲ってくる。
相手は、これまでとは格が違う」
リボッグリボッグ「てめえらしくねえな。試合を
楽しめりゃそれでいいじゃねえか?」
フィンブレクフィンブレク「・・・すまない。行こう」
クウガ達は中に入った

253話

バトル場 戦闘大会会場

「オオオオオオオオオオ!!
スフィム城!スフィム城!スフィム城!」

観覧席1 バトル場

ダーキェダーキェ「な・・・なんだこりゃ?」
ヨージュヨージュ「スフィム城応援団だよ。
 中にはファンも紛れているから戦闘がやりにくい。あいつら、大丈夫かな」

バトル場 戦闘大会会場

司会者ネクタル司会者ネクタル「さぁ、優勝候補スフィム城の試合がついに
今年始まるのです!去年、優勝したゼムディグループに続いて2位で
世界大会へ進出を果たしたスフィム城!今年、天才エリクィーダは
今年どんな成長を遂げているのか非常に楽しみです!」

応援団応援団「スフィム城!スフィム城!勝て勝てスフィム城!!」

クウガチームが入場した
クウガフィンブレクリボッグ
司会者ネクタル司会者ネクタル「チーム入場です!
おっと、フィンブレク選手緊張状態です!
毎年こういう選手はあとを耐えませんね!
他の二人は大丈夫ですが、試合に影響してこなければいいです!」

応援団応援団「スフィム城!スフィム城!勝て勝てスフィム城!!」

クウガクウガ「フィンブレク?」
フィンブレクフィンブレク「クウガ・・・この試合・・・今まで以上に苦しい
戦いになると思うが、勝とう・・・」
クウガクウガ「大丈夫か?」
フィンブレクフィンブレク「大丈夫だ。・・・まずは俺がでる、
試合をすればプレッシャーに勝てるはずだ」
リボッグリボッグ「だといいがな」
フィンブレクフィンブレク。o〇(まさか、これほどのプレッシャーとは・・・。
かつてサルフライド道場も初登場時、この応援団によって
何をさせてもらえなかったと聞くが・・・今なら分かるような気がする)

応援団応援団「スフィム城!スフィム城!スフィム城!!」
リボッグリボッグ「うるせえな。人間どもの声で耳が腐るぜ」

観覧席の女性達観覧席の女性達「キャー!!天才エリクィーダ様ーーー!!」
クウガフィンブレクリボッグ「!」


スフィム城が入場してきた
観覧席の女性達観覧席の女性達「キャー!!エリクィーダ様ーーー!!」
応援団応援団「スフィム城!スフィム城!スフィム城!!」

両チーム、ベンチについた。

エリクィーダエリクィーダ「この試合、相手は観客だ。
いい演出をしたまえ。僕を失望させないように」
セキセキ「その通りに致します」
セキが前に出た

応援団応援団「おおおおお!!」
司会者ネクタル「スフィム城、セキ選手を前にだしてきました!」

フィンブレクフィンブレク「行って来る」
リボッグリボッグ「おい、震えてるぞ」
フィンブレクが前に出た

セキセキ「・・・」
フィンブレクフィンブレク。O〇(・・・!!セキという男、
まるでこの試合など眼中にないような目だ)
司会者ネクタル司会者ネクタル「試合開始!!」
フィンブレクフィンブレク VS セキセキ
剣戦闘開始剣

254話

観覧席2 バトル場

サイドットサイドット「よく見ておくんだ。スフィム城の試合を。
サルフライド道場と並び、もっともゼムディグループに
近づいているチームなのだから」
ダイス「はい。来年のためにも」
カンペカンペ「ですね」

バトル場 戦闘大会会場

応援団応援団「いけいけスフィム城!!セーキ!セーキ!」
セキはフィンブレクに接近した
フィンブレクフィンブレク「!」
フィンブレクの攻撃 セキは攻撃をかわした
セキセキ「命中率85%」
フィンブレクフィンブレク「?」
セキはファイアーボールをとなえた
フィンブレクフィンブレク。o〇(この至近距離で・・・!)

司会者ネクタル司会者ネクタル「速い!セキ選手、詠唱時間がないのでは
ないかというくらい一瞬にしてファイアーボールを唱えました!」

セキはファイアーボールをとなえた
フィンブレクはよけようとした
セキセキ「フッ」
セキはまた新しいファイアーボールを唱えた
フィンブレクに80のダメージ

フィンブレクフィンブレク。O〇(最初のはフェイントか!)

司会者ネクタル司会者ネクタル「これです!セキ選手の避けた方向を狙って
また魔法を放つ魔法発動スピードを活かした攻撃法!
フィンブレク選手に考える時間をまったく与えません!」

フィンブレクフィンブレク「避けている最中に攻撃するとは・・・」
セキセキ「棄権しろ。お前は恥をかく」
フィンブレクフィンブレク「戦いはこれからだ」

フィンブレクは魔法剣・炎を発動させた
セキセキ。o〇(一回戦と比べると発動が速くなっている・・・)
フィンブレクの攻撃
応援団応援団「セーキ!セーキ!!」
フィンブレクフィンブレク「・・・!」
セキは攻撃をよけた
セキは攻撃をしようとした
セキセキ。O〇(物理攻撃を跳ね返す壁か・・・)
セキはファイヤーボールを連続で唱えた
「ボボボボボボ!!」
フィンブレクフィンブレク「・・・何!」

255話

バトル場 戦闘大会会場

「ギュオオオオ!!」
フィンブレクフィンブレク。O〇(・・・なんだこの数は!・・・10はある)
フィンブレクに300のダメージ
セキセキ「攻撃命中率100%だな」
セキはサンスピアをフィンブレクに向けた
フィンブレクフィンブレク「!」
セキの攻撃 フィンブレクに100のダメージ
フィンブレクフィンブレク「・・・!」

クウガクウガ。O〇(魔法ダメージを受けた直後、一時的に壁がなくなるタイミング。
そのタイミングに攻撃してきたのか!)

フィンブレクフィンブレク「くそ・・・!」
フィンブレクの攻撃 剣から炎がほとばしる
セキは攻撃を止めた
フィンブレクフィンブレク「・・・これからだ」

応援団応援団「セーキ!セーキ!」
フィンブレクフィンブレク「!」
セキはファイヤーボールを唱えた フィンブレクに80のダメージ

フィンブレクフィンブレク。O〇(・・・勝つんじゃないのか!?)

2年前 バトル場 戦闘大会会場

司会者ネクタル司会者ネクタル「でた、セキ選手の止まらない魔法!
ファイヤーボールを連打しています!」
「ドドドドドドド!!」
サイドットサイドット「ぐああああ!!」
サイドットは食らいながらもセキに向かってきた
司会者ネクタル司会者ネクタル「サイドット選手、まだです!まだ終わっていません!
これだけの攻撃を食らいながらも向かっていきます!」
ダイスダイス「サイドット!!」

2年前 観覧席 バトル場

フィンブレクフィンブレク「なんだこの選手は」
リネリネ「強い。この選手だけで相手チームは全滅に追い込まれている」
フィンブレクフィンブレク「よく見ておけリネ。夢実現のための大きな壁だ」
リネリネ「ああ。いつか、奴らに勝てるまでになりたい」
フィンブレクフィンブレクoO〇(まだ、ちょっとしか使えていない魔法剣を磨くしかない)

2年前 バトル場 戦闘大会会場

サイドットサイドット「・・・」
サイドットは気絶した
セキセキ「無駄な事を」
司会者ネクタル司会者ネクタル「セキ選手!まったくの無傷で3人を倒してしまいました!!」

バトル場 戦闘大会会場

フィンブレクフィンブレク「燃えろ!剣!」
フィンブレクの攻撃 魔法剣・炎
セキは攻撃をよけた

応援団応援団「セーキ!セーキ!スフィム城!スフィム城!」
セキはサンスピアを天にかざした
フィンブレクフィンブレク「?」
セキが太陽光に照らされる

司会者ネクタル司会者ネクタル「これは・・・・!セキ選手のあの攻撃です!」

セキセキ「命中率75%」
セキの攻撃 太陽炎
サンスピアから太陽の炎がフィンブレクを襲う
フィンブレクフィンブレク。O〇(きたか・・・!この攻撃で
どれだけの選手が倒れたのだろうか・・・)
「ビーーーー!!!」

クウガクウガ。O〇(大丈夫だ。今のフィンブレクなら避けれる!)

応援団応援団「いけいけセキ!スフィム城!スフィム城!)
フィンブレクフィンブレク「・・・っく!」

フィンブレクに1000のダメージ
クウガリボッグ「!!」
フィンブレクフィンブレク「・・・・!!」
フィンブレクはガクンと腰を落とした

256話

バトル場 戦闘大会会場

司会者ネクタル司会者ネクタル「セキの太陽炎がフィンブレクにまともに
食らってしまったー!!」
フィンブレクフィンブレク「・・・くそっ!」
応援団応援団「スフィム城!スフィム城!

セキセキ「かろうじて立っているとはいえ、もう身動きは取れないだろう」
フィンブレクフィンブレク「・・・」

リボッグリボッグ「とんでもない攻撃力だ。見てわかるぜ」
クウガクウガ「ああ」
応援団応援団「セーキ!セーキ!!」

観覧席1 バトル場

アルバズンアルバズン「去年より進化してないか?」
ジュオアジュオア「技を磨いたのだろう。気になるのはフィンブレクだ」
ダーキェダーキェ「ああ、なんか動きが鈍いな」
ヨージュヨージュ「おーい、フィンブレク!緊張してるのかーー!」

バトル場 戦闘大会会場

フィンブレクフィンブレク「大丈夫だ!」

観覧席1 バトル場

ヨージュヨージュ「そうかー」

バトル場 戦闘大会会場

セキの攻撃
フィンブレクフィンブレク。o○(やられる・・・避けるんだ!)
応援団応援団「太陽炎!太陽炎!!」
フィンブレクに80のダメージ
セキセキ「命中率100%」
フィンブレクフィンブレク「!」
セキの攻撃 フィンブレクに80のダメージ
セキの攻撃 フィンブレクに80のダメージ
セキの攻撃 フィンブレクに80のダメージ
司会者ネクタル司会者ネクタル「セキ選手の連続攻撃!すべて当たっています!」
セキはサンスピアを天にかざした
フィンブレクフィンブレク「!」

リボッグリボッグ「おいフィンブレク。お前交代だ!!」
フィンブレクフィンブレク「!」
フィンブレクはリボッグの方向を向いた
フィンブレクフィンブレク「俺はまだ戦える!」
リボッグリボッグ「あん?関係ねえな。お前より俺のほうが強いからよ」
フィンブレクフィンブレク「・・・あんにゃろ」

フィンブレクはセキの方向に向き直した
リボッグリボッグ「ちっ、無視かよ」

応援団応援団「スフィム城スフィム城!」
セキセキ「命中率100%」
セキの攻撃 太陽炎
「ビーーーー!!!」
フィンブレクは攻撃をよけた
セキセキ「!」

観覧席1 バトル場

ジュオアジュオア「お」
ブレイザブレイザ「やっと自分を取り戻したな」

257話

バトル場 戦闘大会会場

セキセキ「必ず当たると思ってたものをよけたか」
フィンブレクフィンブレク「計算どおりにいくと思うな」
応援団応援団「セーキ!セーキ!!」
フィンブレクは魔法剣・風を発動させた
フィンブレクの攻撃 セキは攻撃をよけた
セキセキ「フッ」

ファウサンファウサン「!」
エリクィーダエリクィーダ「風の刃か」

「ズバッ!!」
セキセキ「!」
剣から発せられた風の刃でセキに100のダメージ
フィンブレクフィンブレク「これも計算のうちか?」
セキセキ「生意気な」
セキはファイヤーボールを唱えた
「ボボボボボボボボ!!」

クウガクウガ「とんでもない数だ!」

フィンブレクはファイヤーボールに向かって走った
セキセキ「!」
フィンブレクの攻撃 魔法剣・風
ファイヤーボールをどんどん斬っていく
「バシュバシュバシュバシュ!」
セキセキ「・・・!」

観覧席1 バトル場

ヨージュヨージュ「上手い!」
ザバドザバド「なるほど、ファイヤーボールはああやって斬られるのか。
俺の火炎玉の弱点でもある」

バトル場 戦闘大会会場

応援団応援団「スフィム城!スフィム城!」
フィンブレクフィンブレク「さぁ、どうする」
フィンブレクはセキの目の前で魔法剣を雷に変えた
セキセキ「!」
フィンブレクの攻撃 魔法剣・雷
セキに400のダメージ
セキセキ「ぐ・・・!」
フィンブレクの攻撃
「バリバリバリバリ!」
セキは攻撃を受け止めた
フィンブレクフィンブレク「これは電気だ」
セキに200のダメージ
セキセキ「・・・ち!」
セキの攻撃 フィンブレクは攻撃を跳ね返した
セキセキ「しまった。跳ね返すんだった・・」
セキに100のダメージ
フィンブレクフィンブレク「・・・どうする?」
セキセキ「・・・確かに、計算通りにはいかないようだ。
ザコという見方はやめよう」
フィンブレクフィンブレク「見たかリボッグ?」

リボッグリボッグ「まだ気にしてんのか」

セキセキ「世界を経験した力を見せてやる」
フィンブレクフィンブレク。o○(・・・ついに本気を出すか)

258話

バトル場 戦闘大会会場

セキの攻撃
応援団応援団「セーキ!セーキ!」
フィンブレクは攻撃をよけた
セキセキ「その位置、命中率100%」
フィンブレクフィンブレク「!」
セキはレーザーファイアを唱えた
「ギュン!!」

ファウサンファウサン「あれか。あれは俺でも避けれない」

「ビュン!!」
フィンブレクは150のダメージ
フィンブレクフィンブレク「く!」

クウガクウガ「速くて見えない・・・」

フィンブレクの攻撃 魔法剣・炎
「ズオオオオ!!」
セキは攻撃をよけた
フィンブレクフィンブレク「・・・」
フィンブレクの攻撃 魔法剣・風
風の刃をセキに飛ばした
「ズバッ!」
セキに100のダメージ セキの100のダメージ
フィンブレクフィンブレク「こっちも当たる」
セキセキ「そうか」
フィンブレクは構えている
セキセキ。o○(・・・太陽炎が当たる確立が20%か・・・今は)
セキはレーザーファイアを唱えた
フィンブレクは魔法剣・氷で氷の壁を張る
「ビュン!」
氷の壁が壊れた

セキはレーザーファイアを唱えた
フィンブレクフィンブレク「ぐ!」
フィンブレクに150のダメージ
応援団応援団「スフィム城!スフィム城!!」
フィンブレクフィンブレク「・・・回避不可能か」
セキセキ「貴様では不可能だ。レーザーファイアはファイヤーボールの
3倍のスピードを持っている」

観覧席 バトル場

ジュオアジュオア「あれが本来のセキの攻撃だ。レーザーファイアでじわじわと
相手を追い詰め、動きが鈍くなったところで太陽炎をかます」
ダーキェダーキェ「じゃああれを避けない限り勝てないって事かよ?」
ヨージュヨージュ「そうなんだよな」

バトル場 戦闘大会会場

フィンブレクフィンブレク「・・・さて、どうするか」

259話

バトル場 戦闘大会会場

セキはレーザーファイアを唱えた
フィンブレクフィンブレク「避けるぞ」
フィンブレクに150のダメージ
フィンブレクフィンブレク「くそ!」
セキはレーザーファイアを唱えた
フィンブレクは氷の壁を張った
氷の壁が壊れた
セキはレーザーファイアを唱えた
フィンブレクは氷の壁をふたたび張ろうとした

クウガクウガ「だめか!追いつかない!」
フィンブレクに150のダメージ

セキの背後からファイヤーボールが向かってきた
セキセキ「把握済みだ」
セキは攻撃をよけた
応援団応援団「セーキ!セーキ!」
フィンブレクフィンブレク。O○(やはり・・・スフィム城の壁は・・・
届かないのか・・・)

リボッグリボッグ「おい!斬ったらどうだ?」

フィンブレクフィンブレク「いや、無理だ!速くて・・・」

リボッグリボッグ「おい。そりゃ普通に斬りゃ追いつかねえだろう?」

フィンブレクフィンブレク「どういう意味だ・・・!?」
セキセキ「さて、そろそろ立っているのもつらくきただろう?」
フィンブレクフィンブレク。O○(そうか!そういう事か)
フィンブレクは魔法剣・風を発動させた
セキはレーザーファイアを唱えた

フィンブレクはレーザーファイアを斬った
「ズバッ!」
セキセキ「!」

フィンブレクの攻撃 風のスピードいかし連続攻撃
「バシュバシュバシュバシュ!!」
セキに400のダメージ
セキセキ「・・・!」
応援団応援団「セーキ!セーキ!」
セキはレーザーファイアを唱えようとした
フィンブレクフィンブレク「・・・む」
レーザーウォーターだった

クウガクウガ「フェイント!?」

フィンブレクはレーザーウォーターを斬った
セキセキ「くそっ!」
セキの攻撃 フィンブレクは攻撃をよけた
フィンブレクフィンブレク「勝たせてもらう!」
セキセキ。o○(負けるわけにはいかない・・・仕方ない。
魔力は使うが、レーザーファイア最大速度だ!)

260話

バトル場 戦闘大会会場

セキはレーザーファイアを唱えた
フィンブレクはレーザーファイアを斬ろうとした
フィンブレクフィンブレク「!」
フィンブレクに150のダメージ
フィンブレクフィンブレク。o○(・・・タイミングが合わない!
スピードが上がったのか・・・!)
セキセキ「まさか、この試合で最大速度を使うことになるとは・・・」

クウガクウガ「くそ!フィンブレクのダメージが大きい!」

セキはレーザーファイアを唱えた
フィンブレクフィンブレク「これで何度目だ?」
セキセキ「?」
フィンブレクはレーザーファイアをよけた

ファウサンファウサン「・・・!」

セキセキ。o○(偶然だ。避けるのは至難の業)
セキはレーザーファイアを唱えた
フィンブレクは攻撃をよけた

観覧席1 バトル場

アルバズンアルバズン「まさかゼムディグループ以外で
セキのレーザーファイアが避けられる姿を見れるとは・・・」
ジュオアジュオア「フィンブレクは魔法剣もそうだが、戦いの才能も並外れている。
効率のいい避け方を戦いの中からつかんだのだ。
セキのレーザーファイアはもう当たらない」

バトル場 戦闘大会会場

セキセキ「俺のレーザーファイアを見切ったと!?」
フィンブレクフィンブレク「いや。お前がレーザーファイアを唱えるときの手の動きで分かる」
セキセキ。o○(・・・手の動き!?)
フィンブレクの攻撃 魔法剣氷
セキに300のダメージ
セキの攻撃 フィンブレクは攻撃を防いだ
フィンブレクの攻撃 魔法剣氷
セキに300のダメージ
セキは倒れた
フィンブレクフィンブレク「勝つぞ!」
セキセキ「まだだ・・・俺の魔力はまだ残っている!」

戻る