fb
文字のサイズ フォントを小さくする 現在の文字の大きさ フォントを大きくする
bargerIcon

211話~210話

211話

牛の砦

牛人間ギャウ牛人間ギャウ「ここが牛の砦だ」
フィンブレクフィンブレク。o○(こんな所があったのか)
クウガ達は中に入った。
牛人間達がいた
牛人間牛人間牛人間牛人間牛人間牛人間
クウガクウガ「!」
牛人間牛人間A「人間がなぜここに・・・」
牛人間ギャウ牛人間ギャウ「牛人間王リボックに用がある」
牛人間牛人間A「ギャウさんがそう言うならしょうがない」

リボックの間 牛の砦

「!!」
牛人間ギャウ牛人間ギャウ「あいつが牛人間王リボッグだ。
ちなみに、体は特殊金属でできている」
クウガクウガ。O○(大きな力を感じる)
牛人間ギャウ牛人間ギャウ「リボッグ。人間を連れてきた」
リボッグリボッグ「貴様、ギャウか。
ギアディの野郎とでていったんじゃねえのか?
人間まで連れて、なにをたくらんでいる。ギアディの命令か?」
牛人間ギャウ牛人間ギャウ「ギアディは死んだ」
リボッグリボッグ「死んだ?」
牛人間ギャウ牛人間ギャウ「そこのクウガという男が倒したんだ」
リボッグリボッグ「だから言っておいたんだ。人間には
強い奴がいくらでもいるってよ」
牛人間ギャウ牛人間ギャウ「・・・」
リボッグリボッグ「で何だ?」
牛人間ギャウ牛人間ギャウ「戦闘大会に参加したいとか、この前言ってた」
リボッグリボッグ「ああ言った」
牛人間ギャウ牛人間ギャウ「そこで、こいつらと組んでみてはどうだ?」
リボッグリボッグ「そりゃいいな。しかし」
牛人間ギャウ牛人間ギャウ「しかし?」
リボッグリボッグ「これから起きることに生き延びればの話だ」
リボッグはクウガめがけて突進をしてきた
牛人間ギャウ牛人間ギャウ「リボッグ!待て!」
クウガクウガ「!」
リボッグの攻撃 スピンホーン
「ドドドドドドド!!」

212話

牛の砦

クウガは防御に入った。
リボッグリボッグ「ウオオオオオオオオ!!!」
「ドゴォォォーーーーン!!」
クウガは攻撃を受け止めた
リボッグリボッグ「まだ止まらないぜ!!」
突進の勢いでリボッグはクウガを壁に衝突させた
「ドガーーン!!」
牛人間ギャウ牛人間ギャウ。o○(クウガ・・・あの突進を受け止めたのか!?)
リボッグリボッグ「よくこの特殊金属でできた俺の体による
攻撃を受け止めることができたな!だが、もう止められねえな!!」
リボッグの攻撃 連続頭突き
クウガに100のダメージ クウガに100のダメージ
クウガに100のダメージ
クウガクウガ「ぐあっ!くそっ!」
フィンブレクフィンブレク「クウガ!ここは引き返そう!」
クウガクウガ「ああ」
クウガは逃げの体制に入った
リボッグリボッグ「逃がすか!!」
牛人間ギャウ牛人間ギャウ「待てクウガ!」
クウガクウガ「すまないギャウ!他をあたる」
クウガとフィンブレクは逃げた
リボッグは突進で追いかけてきた
フィンブレクフィンブレク「くらえ!」
フィンブレクは魔法剣で炎の壁を作った
リボッグリボッグ「小細工は通用しないぜ!!」
リボッグの突進は止まらない
「ドドドドドドド!!」
フィンブレクフィンブレク「・・・だめかっ!」
リボッグリボッグ「!!」
リボッグは壁にぶつかった
クウガクウガ「今だ!!」
クウガ達は無事に逃げることができた

草原

30分後。
フィンブレクフィンブレク「時間はもうない。道場に帰ろう」
クウガクウガ「ああ」
クウガ達は廃道場に戻った

戦士育成道場レイヴェイン

ミングミング「アシュトウ。紹介しよう。ジメンティスだ」
アシュトウアシュトウ「この男か・・・」
ジメンティスジメンティス「俺は明日の大会のために死に物狂いで
修行を積んできた。負けるわけにいかない」
アシュトウアシュトウ「ああ、そうだな。だから俺は来た」
ジメンティスジメンティス「お前はレギュラーに決定だ。コフェンから話を聞いている。
俺はお前に期待している。それに応えてくれるよな?」
アシュトウアシュトウ「ああ。確認するまでもない」
ジメンティスジメンティス「よし」
コフェンコフェン「万が一、ロガズオと組むことになっても問題はない」
アシュトウアシュトウ「?」
ジメンティスジメンティス「弱者は、姿が醜くなろうとも、
自分が強くなることを望む傾向にある」
コフェンコフェン「寿命が減るが、仕方の無いこと」
ストライバストライバ「恐ろしいね・・・」
コフェンコフェン「ジメンティス。誰と組む?」
ジメンティスジメンティス「ミングとアシュトウと組む。コフェンは
ストライバとロガズオを頼む」
コフェンコフェン「ああ。分かった」

213話

戦闘大会会場受付 レティム城下町

ヨージュヨージュ「・・・」
ヨージュは壁に貼り付けられてるトーナメント表を見た。
クウガ達がバスで来た
ヨージュヨージュ「遅い」
フィンブレクフィンブレク「普通のつもりだ」
クウガクウガ「ヨージュは確か早起きだったな」
ヨージュヨージュ「クウガ、フィンブレク。トーナメント表だ。どう思う?」
フィンブレクフィンブレク「・・・登録名はクウガチームにしておいた」
クウガクウガ「そうか」
クウガ達はトーナメント表を見た

クウガクウガ「2回戦で奴らとあたるのか・・・」
フィンブレクフィンブレク「それより一回戦から強敵だ。戦闘連合組合っていったら
ベスト8の常連で・・・それに二人で戦うとなるとさらにきつい」
ヨージュヨージュ「それはきついな」
クウガ達は中に入った。
ヨージュヨージュ。o○(・・・ん?二人?)

戦闘大会会場

フィンブレクフィンブレク「俺たちの試合までちょっと時間がある。
今やっている・・・試合を見るか。 今の時間は、
Bブロックの試合が行われている。」
クウガクウガ「そうだな」
クウガ達はバトル場客席に入った。

バトル場の客席 戦闘大会会場

フィンブレクフィンブレク「けっこう人がいる」
ヨージュヨージュ「・・・クウガ。昨日は3人だったよな。アシュトウは?」
クウガクウガ「あいつは裏切った。
今は戦士育成道場レイヴェインのチームにいる」
ヨージュヨージュ「何だって!?」
フィンブレクフィンブレク「・・・それで、今俺たちは仲間集めを・・・ん?」
戦士育成道場レイヴェインの試合が始まろうとしていた。
クウガクウガ「あいつらだ」

バトル場 戦闘大会会場

司会者ネクタル司会者ネクタル「いよいよ、Bブロック第1試合がはじまります!」
ストライバストライバ「教会サイドットチームか」
コフェンコフェン「ロガズオ・・・気分はどうだ?」
ロガズオロガズオ「大丈夫だ。問題ない」
コフェンコフェン「早速見てみたい。お前のその力を」
ロガズオロガズオ「破壊してやるぜ!」
ロガズオが前に出た

214話

バトル場 戦闘大会会場

サイドットチームがでてきた。
司会者ネクタル司会者ネクタル「まずは戦士育成道場レイヴェインは、
ロガズオ選手、サイドットチームはカンペ選手がでました」
カンペカンペ「化け物め」
ロガズオロガズオ「化け物で悪かったな。覚悟はしたんだ」

バトル場の客席 戦闘大会会場

クウガクウガ「あれがロガズオ・・・!?」
フィンブレクフィンブレク「!・・・」

バトル場 戦闘大会会場

ロガズオロガズオ「審判!はやく合図をしてくれ!」
ロガズオロガズオVSカンペカンペ
剣戦闘開始剣
司会者ネクタル司会者ネクタル「試合開始!」
カンペカンペ「奴を捕らえろ!スネイクソード!」
カンペの攻撃 ミス ロガズオにダメージを与えられない
ロガズオロガズオ「力だ!」
カンペカンペ「・・・くそ!これでも食らえ!」
カンペはビッグファイアを唱えた
ロガズオロガズオ「ウオオオオオ!!」
ロガズオはビッグファイアを腕で掴んで投げ返した
カンペカンペ「何!」
カンペに40のダメージ
カンペカンペ「ぐぅ!」
ロガズオロガズオ「最高じゃねえかよ!!」
ロガズオは力をためた
カンペカンペ「ぐ・・・ちきしょう!」
カンペはビッグファイアを唱えた
ロガズオに40のダメージ
ロガズオロガズオ「これくらいどうってことないな!くらえ」
ロガズオの攻撃 ダッシュアームハンマー
カンペカンペ「ぐああああ!!」
カンペに全HPダメージ
カンペは気絶した
コフェンコフェン「ストライバ。この力が何か分かるか?」
ストライバストライバ「何だ?」
コフェンコフェン「ジメンティスが作り出した呪いによるものだ。
奴は自らそれを望んだ。だから残された寿命はあと一週間・・・」
ストライバストライバ「・・・」
司会者ネクタル司会者ネクタル「勝者は戦士育成レイヴェイン道場のロガズオ選手です!
ロガズオ選手、休みますか?それともまだやりますか?」
ロガズオロガズオ「さて、どうしようか」
サイドットは気絶したカンペを見た
サイドットサイドット「まずい。一回戦だと、二人倒すだけで勝敗が決まる」
ダイスダイス「サイドットさん・・・」
サイドットサイドット「相手は強敵だ。俺が出る」
サイドットが前に出た

215話

バトル場 戦闘大会会場

コフェンが前に出た
コフェンコフェン「テストをする」
ロガズオロガズオ「そうか」
司会者ネクタル司会者ネクタル「サイドットチーム、次はサイドット選手がでました。
大会では、けっこう注目されている選手です!
戦士育成道場レイヴェインは、コフェン選手がでました!
この選手も注目選手です!どこまで成長したのでしょうか!」
サイドットサイドットVSコフェンコフェン
剣戦闘開始剣
コフェンコフェン「さて、始めようか」
サイドットサイドット「高速2連突き!」
サイドットの攻撃
コフェンコフェン。o○(速い・・!)
コフェンは攻撃をよけた
サイドットサイドット「俺の攻撃を避けきれると思うな!」
サイドットの攻撃 高速2連突き
コフェンは攻撃をよけた
サイドットサイドット「そやぁ!!」
サイドットはサンダーオンを唱えた
コフェンコフェン「!」
コフェンに70のダメージ
サイドットサイドット「終われ!」
サイドットの攻撃
コフェンコフェン「!」
コフェンに50のダメージ
サイドットサイドット「刃の十字架よ。奴を消せ!」
サイドットの攻撃 聖なる刃
「ズオオオオオ!!」
コフェンに100のダメージ
コフェンコフェン「ぐ・・・注目選手だけのことはあるな」
コフェンは目を覆っている布を外した
バトル場にコフェンの目が張り巡らされた
サイドットサイドット「・・・?」
サイドットの攻撃 高速2連突き
コフェンはサイドットの後ろに移動した
コフェンの攻撃 サイドットに50のダメージ
サイドットサイドット「ぐ!」
ダイスダイス「!」
コフェンコフェン「お前の動きは全ての角度から把握している」

バトル場の客席 戦闘大会会場

クウガクウガ「あれは・・・!」
フィンブレクフィンブレク「あの時の目か・・・」

216話

バトル場 戦闘大会会場

サイドットの攻撃
コフェンがサイドットの後ろにいた
コフェンコフェン「無駄だ」
コフェンの攻撃 サイドットに50のダメージ
サイドットサイドット。o○(ちくしょう・・・)
コフェンコフェン「お前の急所を捉えた」
サイドットサイドット「何だと!」
コフェンの攻撃 サイドットに150のダメージ
サイドットサイドット「ぐああああ!!」
コフェンコフェン「降参するんだ」
サイドットサイドット「誰が・・・降参など・・・ぐぐ・・・」
コフェンコフェン「・・・そうか」
コフェンの攻撃 サイドットに50のダメージ
サイドットは気絶した
ダイスダイス「ちきちょう・・・今年こそは勝つって誓ったのに・・・」
司会者ネクタル司会者ネクタル「サイドット選手、気絶しました!
ここで、教会サイドットチームは2名が負けてしまいました!
よって戦士育成道場レイヴェイン2が、準決勝進出となりました!」

バトル場の客席 戦闘大会会場

フィンブレクフィンブレク「よし、控え室に戻ろう」
クウガクウガ「ああ」
ヨージュヨージュ「俺はまだ見ていくよ」
クウガクウガ「分かった」

バトル場の客席2 戦闘大会会場

ジュオアジュオア(サルフライド道場)「今年はBブロックもレベルが高い」
アルバズンアルバズン(サルフライド道場)「無限の目か。いい能力だ」
男が現れた
ジュオアアルバズン「!?」
??「ジュオア、こんな所で何をしている」
アルバズンアルバズン「・・・ズワイマー」
ズワイマーズワイマー(シュオラ道場)「貴様ら。弱者の戦闘を視察して何を得る?」
アルバズンアルバズン「悪いか?」
ズワイマーズワイマー「見ろ。俺の右手の虫達がうごめいている」
ズワイマーの右腕にわいている虫が動き出した
ジュオアジュオア「・・・」
ズワイマーズワイマー「喰いたいとな!」
アルバズンアルバズン「邪魔だ。向こうへ行け」
ズワイマーズワイマー「何だと!?・・・まあいい。
・・・殺しあう仲だ。お互い、楽しみはとっておこう」
ズワイマーはよだれをたらしながらいなくなった
アルバズンアルバズン「まったく、気味の悪いやつだ」

217話

バトル場の客席 戦闘大会会場

ヨージュヨージュ「やっとAブロックの試合が全て終わった。
次はいよいよBブロックか」

選手控え室7号室 戦闘大会闘技場

フィンブレクフィンブレク「準備はいいか?」
クウガクウガ「ああ」
フィンブレクフィンブレク「いよいよ第一回戦が始まる。
勝てば奴らと戦うことになるだろう」
クウガクウガ「アシュトウ達か・・・」
フィンブレクフィンブレク「アシュトウは性格上いつか裏切るのではないかと
思ってはいたが、今回は最悪のタイミングだった。
後悔させてやろう」
クウガクウガ「一回戦の戦闘連合組合ってどんな相手だ?」
フィンブレクフィンブレク「街や村から戦闘に向いている戦士たちを集め、
そいつらを徹底的に磨き上げる組織だ。
苦戦するのはまず間違いないだろう」
クウガクウガ「・・・」

選手控え室12号室 戦闘大会闘技場

鎖を持ってる男鎖を持ってる男「楽勝だべ」
グラサンの男グラサンの男「ミットペ、クウガチームなんて聞いたこともねえな」
ミットペ(鎖を持ってる男)ミットペ(鎖を持ってる男)「初出場ってとこか。じゃあちゃんと教えて
やんねえとな。ここが場違いってことによ。そうだべカナブー?」
カナブー(グラサンの男)カナブー(グラサンの男)「勝手に楽しんでろ。クウガチームなぞ
眼中にねぇ。敵はスフィム城のみだ。天才だかなんだか知らねえが、
去年の屈辱、ぜってぇにはらしてやる!」
セプテン(戦闘連合組合キャプテン)セプテン(戦闘連合組合キャプテン)「では行きましょうか」
ミットペカナブー「うす」

選手控え室7号室 戦闘大会闘技場

フィンブレクフィンブレク「いよいよだ」
クウガクウガ「ああ」
クウガ達はバトル場に向かった

218話

バトル場観覧席 戦闘大会会場

ヨージュヨージュ。o○(いよいよクウガ達だ・・・)

バトル場 戦闘大会闘技場

司会者ネクタル司会者ネクタル「レディトラムチーム、苦戦の末、勝利を収めました!
さぁ、次のBブロック第二試合は、クウガチーム対
戦闘連合組合1です!戦闘連合組合は、毎年2チーム
参加していますが、今年もチーム1の方が本命とのことです!」
両チームがでてきた
クウガチームクウガフィンブレク
戦闘連合組合1セプテンカナブンミットペ
司会者ネクタル司会者ネクタル「両チーム、今入場しました!!
さぁ、バトル場の隅のベンチで、各チームがミーティングを始めています!
しかし、ご覧の通りクウガチームは2名しかいません!
うまく話がまとまるといいのですが・・・。」

クウガチームベンチ 戦闘大会闘技場

フィンブレクフィンブレク「まずは俺が出よう」
クウガクウガ「大丈夫か?」
フィンブレクフィンブレク「いけるとこまで」

戦闘連合組合1ベンチ 戦闘大会闘技場

セプテンセプテン「ミットペ。お前の、実力見せてあげなさい」
ミットペミットペ「セプテンさん。あなたの出番はありません。
ミットペ、お前もだ」
カナブーカナブー「二人やるつもりか?」
ミットペミットペ「二人だけで参加っていうのがむかつくんだよ」
セプテンセプテン「いいでしょう。ただし、一人5分以内にしとめなさい」
ミットペミットペ「一撃だ。一撃で終わらすべ」

バトル場 戦闘大会闘技場

クウガチームからフィンブレクがでてきた。
戦闘連合組合1からミットペがでてきた
司会者ネクタル司会者ネクタル「でてきました。クウガチームからフィンブレク選手!
戦闘連合組合1からミットペ選手です!」
ミットペミットペ「おい」
フィンブレクフィンブレク「何だ」
ミットペミットペ「逃げるなよ。ギャラリーに迷惑だべ?」
司会者ネクタル司会者ネクタル「では試合を始めてください!」

バトル場観覧席2 戦闘大会闘技場

ジュオアアルバズン

バトル場観覧席 戦闘大会闘技場

バトル場観覧席3 戦闘大会闘技場

ジメンティスアシュトウミングコフェンストライバロガズオ
ジメンティスジメンティス「元ランキング一位がどの程度か、
しっかり見物させてもらおう」

219話

バトル場 戦闘大会闘技場

フィンブレクフィンブレクVSミットペミットペ
剣戦闘開始剣
ミットペは手を叩いた
フィンブレクの攻撃 ミットペは攻撃をよけた
ミットペミットペ「攻撃のあとってのはスキができやすいべ」
フィンブレクフィンブレク「?」
ミットペは鎖をフィンブレクに巻きつけた
フィンブレクフィンブレク「くそ。油断したか」
ミットペミットペ「くたばれ!」
ミットペはフィンブレクごと鎖を振り回し、地面にたたきつけた
フィンブレクに10のダメージ

バトル場観覧席 戦闘大会闘技場

ヨージュヨージュ「まったな。身動きとれない・・・これじゃあ・・・」

バトル場 戦闘大会闘技場

ミットペミットペ「覚えとけ。この大会をなめたら・・・」
ミットペの腕が凍りついた
ミットペミットペ「?」
鎖が砕けた
ミットペミットペ「腕が!腕が!!」
フィンブレクフィンブレク「これで鎖はもう使えないだろう」
ミットペミットペ「何をしやがった!」
フィンブレクフィンブレク「鎖を凍らせ、今度は高熱を与えた」
ミットペミットペ「なら、このてでねじ伏せてやろうか!」
ミットペの攻撃
フィンブレクの攻撃 カウンター
ミットペに80のダメージ
ミットペミットペ「ちっ!」
ミットペの攻撃 デスクロウ

セプテンセプテン「終わりですね。デスクロウは相手の心臓を狙う技」

フィンブレクの攻撃 カウンター
魔法剣・風
ミットペの腕が風の刃で落ちた
ミットペミットペ「う・・・腕が・・!!!」

バトル場観覧席3 戦闘大会闘技場

ロガズオロガズオ「あそこまで強かったか?」
アシュトウアシュトウ「さあな」

バトル場 戦闘大会闘技場

司会者ネクタル司会者ネクタル「フィンブレク選手の勝利です!」

ミットペはベンチに戻った。
ミットペミットペ「腕が・・・痛ぇべ・・・!」
セプテンセプテン「さて、カナブーさん。ここは気をつけて戦ってください」
カナブーカナブー「分かってますよセプテンさん。俺はミットペのようにはいきません」

220話

バトル場 戦闘大会闘技場

カナブーが前へ出た
フィンブレクフィンブレク「一回戦では、二人を倒した時点で勝利が決まる。
セプテンを出したほうがいいぞ」
カナブーカナブー「セプテンさんを知っているのか?
でも俺を知らねえとはどういうことだ?眼中にねえってことかい」

セプテンセプテン「・・・」
ミットペミットペ「セプテンさん。相手は強敵です。カナブーでは何もできません。
ここは、あなたがでるべきではないのでしょうか?」
セプテンセプテン「そうですね・・・」

セプテンが前に出た
カナブーカナブー「セプテンさん?」
セプテンセプテン「私がやります。あなたは下がってください」
カナブーカナブー「待ってくださいよセプテンさん。
これが俺のデビュー戦なんです。セプテンさん俺を認めて
くれたんじゃなかったんですか?」
セプテンセプテン「確かに認めましたが、あなたはこの戦い勝てません」
カナブーカナブー「勝てます!」
セプテンセプテン「融通の利かない方は嫌いです。時間がないので、
下がっていてください」
カナブーカナブー「でも・・・」
セプテンは指先をカナブーに向けた
カナブーは糸に巻きつけられ動けなくなった

セプテンセプテン「始めましょうか」
司会者ネクタル司会者ネクタル「戦闘連合組合はセプテン選手を出しました!
フィンブレク選手は交代なしでそのまま戦闘を続行するようです!」
フィンブレクフィンブレクVS セプテンセプテン
剣戦闘開始剣
セプテンセプテン「さて、どうしましょうか」
フィンブレクの攻撃 セプテンは攻撃をよけた
フィンブレクフィンブレク。o○(速いな)
セプテンの指から糸が伸びてきた
フィンブレクフィンブレク。o○(早速きたか!)
フィンブレクは糸を全て斬った
セプテンセプテン「!」
フィンブレクフィンブレク「・・・」
セプテンは笑った


戻る