fb
文字のサイズ フォントを小さくする 現在の文字の大きさ フォントを大きくする
bargerIcon

151話~160話

151話

病院 クロデュスの街

アシュトウアシュトウ「・・・」
医師医師「目が覚めたようだね。回復まで休んでてくれって伝言だ」
アシュトウアシュトウ「ジギルの野郎。昔はもう少し弱かったはずだ。
なのにあんなに強くなりやがって」
医師医師「ここは危険だよ。賞金首に手を出すなんて自殺行為さ。
あの二人、無事じゃすまないかもね」
アシュトウアシュトウ「あいつらなら心配ない。今のところ俺よりも強い」
医師医師「そうか」
ブフィタギアスブフィタギアス「クウガ達の事か?」
アシュトウアシュトウ「ああ。クウガはギアディを倒したほどだ」
ブフィタギアスブフィタギアス「!!カルージャの・・!?」
アシュトウアシュトウ「だが、何か嫌な予感がするんだ。
兵士達の言ってた掃除がどうのこうのというが・・・どうも気になってよ」
医師医師「・・・」

休憩所 クロデュスの街

フィンブレクフィンブレク「殺気を感じないか?」
クウガクウガ「ん?」
ぺザギルの手下ぺザギルの手下ぺザギルの手下ペザギルぺザギルの手下ぺザギルの手下ぺザギルの手下
ペザギル達が現れた
フィンブレクフィンブレク「隠れるぞ」
クウガクウガ「?」
フィンブレクフィンブレク「おそらくあの血に飢えた奴は賞金首だ。
見つからないように後を追えば、一気に多くの賞金首を見つけられる
かもしれない」
クウガクウガ「それでどうするつもりだ?」
フィンブレクフィンブレク「やるかやらないかはその場で判断しよう。ただ、一応
どこに賞金首がいるのか把握しておけば、
この街で動きやすくなる事は確かだ」
クウガクウガ「・・・そうするか」
クウガ達は隠れた
ぺザギルぺザギル「誰もいねえぞ」
ぺザギルの手下ぺザギルの手下1「おかしいなあ。人の気配はしたようだけど」

クロデュスの街 西部

ネジェロイが300Gクラスの賞金首達を倒していた
ネジェロイネジェロイ「クックック・・・」
拍手が聞こえてきた
ネジェロイネジェロイ「?」
拍手はゼイパだった
ネジェロイネジェロイ「赤を作る男か・・・」
ゼイパゼイパ「俺を知っているのか?」
ネジェロイネジェロイvsゼイパゼイパ
剣戦闘開始剣

152話

クロデュスの街 西部

ネジェロイネジェロイ「最後に残す言葉はあるか?」
ゼイパゼイパ「・・・」
ゼイパの攻撃 十文字斬り
「ガキン!」
ネジェロイは爪で受け止めた
ネジェロイネジェロイ。o○(速いな・・・)
ゼイパの攻撃 ネジェロイは攻撃をよけた
ゼイパゼイパ「俺をその辺の奴らと一緒にしてもらっては困るな」
ネジェロイネジェロイ「どこからそんな自信がでてくる?」
ネジェロイは両腕の爪の先をゼイパに向けた
ゼイパゼイパ「・・・?」
ネジェロイネジェロイ「これを食らって何人の賞金首が死亡したか・・・」
ネジェロイの攻撃 スクリュウクロウ
「ギュルルルルル!!」
全身を回転させたまま、ゼイパに向かってきた
ゼイパは攻撃をよけた
ネジェロイネジェロイ「避けたら止まるとでも思ったか?
ネジェロイは方向転換した ゼイパに向かう
ゼイパゼイパ「・・!」
ゼイパは攻撃をよけた
ネジェロイネジェロイ「クックック、さっきより避けるスピードが遅いぞ」
ゼイパゼイパ。o○(・・・真横!?)
ネジェロイまた方向転換し、攻撃 アイアンクロー
「ゴオオオオオ!!」
ゼイパゼイパ。o○(攻撃の切り替えが速い・・・!)
「ドシュ!!」
ゼイパに40のダメージ
ゼイパゼイパ「ぐっ!」
ネジェロイネジェロイ「クックック」
ゼイパゼイパ「この至近距離は俺の範囲だ」
ネジェロイネジェロイ「?」
ゼイパの攻撃 十文字斬り
「ズバズバッ!!」
ネジェロイネジェロイ「!」
ネジェロイに40のダメージ

153話

クロデュスの街 中心部

カトゥンカトゥン「アシュトウの匂いだ。間違いない」
カトゥンは病院に指をさした
ロガズオロガズオ「ドーピングでもしてるのか?
病院ごと破壊してやるぜ!」
ミングミング「早まるな。もしかすると、負傷してるかもしれない」
カトゥンカトゥン。o○(アシュトウ。裏切ったことを後悔させてやる)

クロデュスの街 西部

ネジェロイネジェロイ「ちっ。楽に終わらせてくれそうにはないな」
ゼイパゼイパ。o○(急な方向転換がやっかいだ)
「バッ!」
ネジェロイネジェロイ「!」
ゼイパはネジェロイの後ろに回りこんだ
ネジェロイネジェロイ「速いな」
ゼイパゼイパ「終わりだ」
ネジェロイネジェロイ「スピードが速いのは分かった」
ゼイパゼイパ「?」
ネジェロイはエアーカタの魔法を唱えていた
ゼイパの5メートル頭上に風の刃が出来上がっている
ゼイパゼイパ「魔法!?」
ネジェロイネジェロイ「エアーカタ!」
無数の風の刃が回転してゼイパに向かってきた
「ヒュンヒュンヒュンヒュン!」
ゼイパゼイパ「!」

病院 クロデュスの街 中心部

アシュトウアシュトウ「・・・この街どうなってやがんだ。
賞金首がだらけなのに、まだ滅びちゃいない」
医師医師「あれが見計らったようなタイミングでやってくるんだ。
それを正義の味方なんて呼ぶ人もいるが」
アシュトウアシュトウ「ああ。兵士が何か言ってたな」
医師医師「昔、生き残って逃げた賞金首から正義の味方の過去を
聞きだせることに成功した」
アシュトウアシュトウ「賞金首まで治療したのか。変な医者だぜ」
医師医師「やられるまでは、あんなに恐ろしかったのが、
恐怖に怯えてブルブル震えていた。見ていて放っておけなくて」
アシュトウアシュトウ「正義の味方ってのはどんな野郎だ?」
医師医師「・・・知っておくといい。教えよう」

154話

クロデュスの街 西部

ドシュ!!
ゼイパに50のダメージ
ゼイパゼイパ「・・・!」
ネジェロイネジェロイ「クックック・・・」
ネジェロイの攻撃 ゼイパは攻撃をよけた
ゼイパの攻撃 ネジェロイは攻撃よけた
ネジェロイネジェロイ「エアーカタ!!」
ネジェロイはエアーカタを唱えた 
「ヒュンヒュンヒュンヒュン」
ゼイパはよけた
ネジェロイはエアーカタを唱えた
ネジェロイネジェロイ「当たるまで繰り返すぞ」
「ヒュンヒュンヒュンヒュン」
ゼイパに50のダメージ
ゼイパゼイパ「・・・」
ゼイパは倒れた
ネジェロイネジェロイ「クックック!これが実力の差だ!!」
ネジェロイはゼイパに近づいた
ゼイパは起き上がった
ゼイパゼイパ「油断したな。また俺の攻撃範囲に入ったな」
ネジェロイネジェロイ「上を見てみろ」
「ヒュンヒュンヒュンヒュン」
ゼイパゼイパ「・・・どっちが速いかためしてみるか?」
ゼイパは構えた
ネジェロイネジェロイ。o○(その構えは何だ・・・?)

病院 クロデュスの街 中心部

医師医師「正義の味方と呼ばれた奴は、昔一つの城を滅ぼしたと聞く。
そこを拠点に今も活動をしているが、どうしてこの街で英雄をやりたいのか
不明だけど、名前も負傷者から聞く事ができた」
アシュトウアシュトウ「名前は?」
医師医師「スワイドゥーラ。かけられた懸賞金は12000G」
アシュトウアシュトウ「い・・・12000G!?」
カトゥン達が現れた
カトゥンミングロガズオストライバ
カトゥンカトゥン「!!」
アシュトウアシュトウ「カトゥン!なんでてめえがここに・・・」
ミングミング「どうした?」
カトゥンカトゥン「・・・帰るぞ」
ミングミング「カトゥン!どうしたってんだ一体!目の前に
アシュトウがいるっていうのに!」

155話

酒場 クロデュスの街 北部

眼鏡をかけている男眼鏡をかけている男。o○(・・・あと1時間)

クロデュスの街 中心部

カトゥン達が病院から出た
ミングミング「おい、やるんじゃなかったのか!?」
カトゥンカトゥン「医師が言ったことを聞いてなかったのか?」
ミングミング「何を?」
ストライバストライバ「スワイドゥーラ」
ミングミング「・・・」
カトゥンカトゥン「あいつを呼んでおけばよかったが・・・、
とにかく、スワイドゥーラはレベルが違いすぎる」
ミングミング「・・・」
ロガズオロガズオ「最悪な街だ」
カトゥン達は街をでていった

クロデュスの街 北部

「ズバッ!!」
一般人がペザギルに斬られて死亡した
ぺザギルぺザギル「もっと血を見せろ!!」
ぺザギルの手下ぺザギルの手下達「ははははは!!」
クウガ達は尾行している
クウガクウガ「あいつ・・・罪のない奴を」
フィンブレクフィンブレク「くそ」
ぺザギル達は歩きだした
ぺザギルぺザギル「野郎ども!俺の刃を見ろ!」
ぺザギルの手下ぺザギルの手下達「すばらしいです!ぺザギル様!」
ぺザギルぺザギル「俺の片腕は失ったんじゃねえ。
新たに手に入れたのだ!斬るために!フヘヘヘヘ!!」
ぺザギルが歩きだした
フィンブレクフィンブレク「歩き出したぞ」
クウガクウガ「今度はどこへ行く気だ?」
ぺザギルぺザギル「喉が渇いた。酒場に戻るぞ」
ぺザギルの手下ぺザギルの手下達「はい!ぺザギル様!」
フィンブレクフィンブレク「早く行こう。奴らに置いていかれる」
クウガクウガ「ああ」

酒場 クロデュスの街 北部

眼鏡をかけている男眼鏡をかけている男。o○(・・・?)

156話

クロデュスの街 西部

ネジェロイネジェロイ「何だその構えは!?」
ゼイパゼイパ「終わりにさせてもらおう」
ゼイパの攻撃 剣技 剣桜乱舞
「ビュバババババババババ!!」
ダンスのように激しい剣の舞がネジェロイに襲い掛かる
エアカータがはじき飛ばされた
ネジェロイネジェロイ。o○(エアカータの方が速かったのに、弾かれただと!?)
ネジェロイに140のダメージ
ネジェロイネジェロイ「ぐふぉあああ!!」
ゼイパゼイパ「俺の攻撃範囲から離れたほうがいいぞ」
ゼイパは力を溜めた
ネジェロイネジェロイ「・・・!」
ゼイパの攻撃 十文字斬り
ネジェロイに70のダメージ
ネジェロイネジェロイ「ちくしょう!俺は切り裂きのネジェロイだあ!!」
ゼイパゼイパ「!」
ネジェロイの爪が伸びた
「グググ・・・・」
ゼイパゼイパ「!」
ネジェロイネジェロイ「俺をここまで追い詰めたこと、後悔させてやるぞ!!」
ネジェロイの攻撃 ゼイパは攻撃をよけた
ゼイパゼイパ。o○(爪が伸びるとは・・・)
ネジェロイの攻撃 スクリュウクロウ
爪が伸びたため、威力増加!
「ギュルルルルル!!」
ゼイパは防御した
ゼイパに80のダメージ
ゼイパゼイパ「く・・・!」
ネジェロイネジェロイ「クックック」

酒場 クロデュスの街 北部

ぺザギル達がふたたび入ってきた
ぺザギルの手下ぺザギルの手下ぺザギルの手下ペザギルぺザギルの手下ぺザギルの手下ぺザギルの手下
ぺザギルの手下ぺザギルの手下1「おや?何だあいつ?一人だけぽつんと」
眼鏡をかけている男眼鏡をかけている男「私の事は気にしないで下さい」
ぺザギルぺザギル「そうはいかねえな」
ぺザギルは眼鏡をかけた男に近づいた
眼鏡をかけている男眼鏡をかけている男「それはどういう意味ですか?」
ぺザギルぺザギル「貴様の血を俺に見せろ!!」
ぺザギルは刃を眼鏡をかけた男に向けた
クウガフィンブレク「!」
フィンブレクフィンブレク「よし、止めにいこう」

157話

酒場 クロデュスの街 北部

ペザギルの攻撃
眼鏡をかけている男は消えた
ペザギルペザギル「!」
眼鏡をかけている男は入り口にいた
ペザギルペザギル「そこか!」
クウガ達がでてきた
ペザギルペザギル「何だ貴様ら!邪魔だどけ!!」
フィンブレクフィンブレク「!」
眼鏡をかけている男は逃げ出した
ペザギルが追いかけてきた
ペザギルペザギル「待て!!」
眼鏡をかけている男眼鏡をかけている男。o○(あと10分)
フィンブレクフィンブレク「俺達も追うか」

クロデュスの街 西部

ネジェロイネジェロイ「くたばれ!」
ネジェロイの攻撃 ゼイパは攻撃をよけた
ゼイパゼイパ「・・・・ん?」
眼鏡をかけている男が現れた
ペザギルが現れた
ネジェロイネジェロイ「!」
ペザギルペザギル「!!」
眼鏡をかけている男眼鏡をかけている男「役者はそろいました」
クウガ達が覗きに来た
クウガクウガ「!?」
フィンブレクフィンブレク「これは一体・・・」
眼鏡をかけている男眼鏡をかけている男「街の皆様お待たせいたしました!!
 いよいよ正義の味方が邪悪な賞金首どもを成敗いたす時間が
 せまってまいりました!!」
街の人達が現れた
街の人達街の人達「おおーーー!!」
眼鏡をかけている男眼鏡をかけている男。o○(あと1分)
兵士兵士1「掃除が始まるぞ。いや~楽しみだ」
兵士兵士2「今回も英雄の活躍を目に焼き付けておこう」
「ゴゴゴゴゴゴ・・・・」
ネジェロイネジェロイ。o○(刃のペザギルかなぜここに?)
ゼイパゼイパ「・・・せっかくの戦いが台無し」
ゼイパは特殊回復薬で全回復した
ネジェロイネジェロイ「貴様・・・!」
ゼイパゼイパ「一時休戦だ」
ネジェロイネジェロイ「?」
眼鏡をかけている男眼鏡をかけている男。o○(残り30秒)

158話

クロデュスの街 西部

30。
眼鏡をかけている男眼鏡をかけている男。o○(残り30秒)
ペザギルペザギル「フヘヘヘヘ!!」
ペザギルが刃を掲げた
ぺザギルの手下ペザギルの手下達「おお!!」
ペザギルは刃をネジェロイに向けている
ネジェロイネジェロイ「?」
25。
ペザギルペザギル「4000Gはいただくぜ」
ペザギルの攻撃 ネジェロイは攻撃をよけた
ゼイパゼイパ。o○(地面が・・・揺れている?)
20。
眼鏡をかけている男眼鏡をかけている男。o○(残り20秒)
フィンブレクフィンブレク「クウガ。お前は気がついたか?」
クウガクウガ「ああ。地面がビリビリしている」
フィンブレクフィンブレク「飯どころではないぞ」
ゼイパはクウガ達に気がついた
15。
ゼイパゼイパ「何をしに来た?」
フィンブレクフィンブレク「悪人退治ってとこかな・・・だが」
ゼイパゼイパ「それどころではなくなった」
フィンブレクフィンブレク「その通り」
ゼイパゼイパ。o○(・・・地面の揺れがさらに・・・!?)
10。
眼鏡をかけている男眼鏡をかけている男。o○(残り10秒)
街の人達街の人達「うわっ地震だ」
クウガクウガ「なんで揺れてるんだ?」
フィンブレクフィンブレク「別に巨人がくるからではない。ただ、巨大な力を持つ者の
中には、地面をゆらすほどの”気”のようなものを常に発生させて
いる者もいると聞いたことがある」
5。
眼鏡をかけている男眼鏡をかけている男。o○(残り5秒)
「ズオオオオオオ!!」
4。
ペザギルの動きが止まった
ペザギルペザギル「!?」
ネジェロイネジェロイ「クソ!ゼイパ!回復薬をよこせ!」
ゼイパはネジェロイに回復薬を渡した。ネジェロイは回復した。
ネジェロイネジェロイ「正義の味方だかなんだか知らんが、切り刻んでやる!」
3。
眼鏡をかけている男眼鏡をかけている男。o○(残り3秒)
「ズォォォォオオオオオ!!!」

159話

クロデュスの街 西部

2。
ペザギルペザギル。o○(・・・この揺れは?)
1。
街の人達「この揺れは正義の揺れだ!」
0。
スワイドゥーラ達が現れた

? スワイドゥーラ ?

街の人達街の人達「おおーーっ!!」
揺れがおさまった
スワイドゥーラスワイドゥーラ「楽しみにしてたかいキミ達?」
ペザギルペザギル「フヘヘヘヘへ!どんなにでかい奴かと思ったらこれかよ!」
女達女達女達「きゃっ、この人こわーい」
スワイドゥーラスワイドゥーラ「誘導ご苦労レインド」
レインド(眼鏡をかけた男)レインド(眼鏡をかけた男)「お役にたてて光栄です」
スワイドゥーラが賞金首たちの近づいた
ネジェロイゼイパペザギル「!」
ネジェロイネジェロイ「エアカータ!」
ネジェロイはエアカータを唱えた
スワイドゥーラは攻撃を吸収した
ネジェロイネジェロイ「!」
レインドレインド「10秒あれば十分ですね」
ペザギルは刃を振り上げた
ぺザギルの手下ペザギルの手下達「でたっ!魔力で刃の重さを数倍にし、
威力を増加させるというペザギル様の振り下ろし技!!」
「ボンッ!!」
ペザギルとネジェロイとゼイパの体の中で爆発が起きた
300のダメージ
ペザギルペザギル「ぐああああ!!」
街の人達街の人達「おおーっ!!」
スワイドゥーラスワイドゥーラ「俺のために死んでくれ」

病院 クロデュスの街 中心部

アシュトウアシュトウ「おいおい、何かやばいのを感じないか?」
ブフィタギアスブフィタギアス「・・・」
医師「始まっているみたいだ」

クロデュスの街 西部

ペザギルが死亡した。ネジェロイが死亡した。
ゼイパが気絶した。
街の人達「おおっ!!さすが正義の味方スワイドゥーラ様!!」
クウガクウガ「何が起こったんだ?」
フィンブレクフィンブレク「触れただけで・・・そんな事が・・・」
スワイドゥーラスワイドゥーラ「手ごたえがまったくない。やだねえこういうの」

160話

戦士育成道場レイヴェイン

カトゥンミングロガズオストライバ
カトゥン達が帰ってきた
コフェンコフェン「早いな」
カトゥンカトゥン「今回は見送りだ」
ミングミング「あいつは?」
コフェンコフェン「相変わらず、例の部屋にこもりっきりだ」
カトゥンカトゥン「・・・今、あの街は危険だ」

クロデュスの街 西部

街の人達は喜び、元の生活に戻った。
スワイドゥーラはクウガ達を見た
「!?」
スワイドゥーラスワイドゥーラ「ようこそクロデュスの街へ」
クウガクウガ「廃道場を探してるんだ」
フィンブレクフィンブレク「おい・・・」
レインドレインド「廃道場なら東部にあるから探してみるといい」
クウガクウガ「東部か」
スワイドゥーラスワイドゥーラ「・・・」
フィンブレクフィンブレク「本当に倒してくれたんだな」
レインドレインド「では、私たちは役目を終えたので失礼します」
スワイドゥーラ達はいなくなった。
クウガクウガ「とりあえず、安心だな」
フィンブレクフィンブレク「さて、東部で探すか」
クウガ達は東部に移動した

ゼイパは目が覚めた

ゼイパゼイパ「がはっ・・・」
ゼイパは回復薬を使って回復した
ゼイパゼイパ「くそ・・・騙された」

ゴールドタワー

ゴールドナイトゴールドナイトゴールドナイトゴールドナイト
ゴールドナイトゴールドナイト達「お帰りなさい。スワイドゥーラ様、レインド様」
スワイドゥーラスワイドゥーラ「レインド」
レインドレインド「はい」
スワイドゥーラスワイドゥーラ「あの2匹、邪魔」
レインドレインド「賞金首でなければ、うかつに始末はできませんね」
スワイドゥーラは手で合図した
レインドレインド「なるほど、またあれを使うのですか」


戻る