fb
文字のサイズ フォントを小さくする 現在の文字の大きさ フォントを大きくする
bargerIcon

141話~150話

141話

平地

カトゥンカトゥン「・・・奴らの匂いを辿ってきたら、これはクロデュスの町の
方向じゃないか」
ミングミング「やめるか?」
カトゥンカトゥン「巻き込まれなければいい。
お前の毒でアシュトウを植物状態にする。頼むぞ」
ストライバストライバ「腕がなるぜ」
ロガズオロガズオ「俺はどうする?」
カトゥンカトゥン「臨機応変にやっていけ。間違った判断はするなよ」
ミングミング「さっきの戦いで何もできなかったよなロガズオ。
今度はしっかり働いてもらわないとな」
ロガズオロガズオ「何だミング?ご機嫌ナナメじゃないか。
・・・俺もあいつが嫌いだから参加してやったが、
気に入らないことがあればいつでも降りるぜ」

平地 (カトゥン達よりも先)

アシュトウアシュトウ「ははは。誰か倒れてるぞ。笑えるな」
クウガクウガ「!」
ブフィタギアスが倒れていた
クウガクウガ「お前はたしか・・・ブフィタギアス。しっかりしろ!」
ブフィタギアスブフィタギアス「ぐ・・・」
ブフィタギアスは体中切り刻まれていた
フィンブレクフィンブレク「これは酷いな」
ブフィタギアスブフィタギアス「・・・・・こんな・・・形で・・・再会・・・」
クウガクウガ「クロデュスの町で、まず病院を探す必要があるな」
フィンブレクフィンブレク「俺が担ぐ。戦いのダメージが少ない」
フィンブレクはブフィタギアスを担いだ
アシュトウアシュトウ「フッ、まったくよ。そんな奴、放っとけよ」
ブフィタギアスブフィタギアス「すまない」
アシュトウアシュトウ「ところで誰にやられたんだ、お前?」
ブフィタギアスブフィタギアス「・・あ・・・相手が悪すぎた・・・・賞金首4000Gの男・・・
切り裂きのネジェロイだったなんて・・・・ぐ・・・」
アシュトウアシュトウ「・・・!」
ブフィタギアスブフィタギアス「・・・気をつけろ・・・まだこの辺に・・・・・・」
フィンブレクフィンブレク「もうすぐ町だ。くたばるんじゃないぞ」

142話

クロデュスの街 入り口

見張りの兵士見張りの兵士1「俺達で何人目だ?」
見張りの兵士見張りの兵士2「あんたは知らないだろうけど、数え切れるもんじゃないぜ。
100人は軽く超えるんじゃないか?」
見張りの兵士見張りの兵士1「今度はどんな悪党がやってくるんだ?」
見張りの兵士見張りの兵士2「どうせ俺たちは死ぬ運命・・・」
「ドシュッ!!」
見張りの兵士1は死亡した
見張りの兵士見張りの兵士2「おい、どうした!」
見張りの兵士2は見張りの兵士1を見た
体中が切り刻まれていた
見張りの兵士見張りの兵士2「こんな酷いのは始めてた・・・」
??「クックックック・・・面白いぞ・・・」
見張りの兵士見張りの兵士2「ひっ・・・!!」
クウガ達が現れた
フィンブレクフィンブレク「見ろ!誰か倒れてるぞ!!」
クウガクウガ「兵士だ」
ブフィタギアスブフィタギアス「まさか・・・」
アシュトウアシュトウ「何だ?あいつら仲間割れでもしたのか?」
「ドシュッ!!」
クウガ達の目の前で見張りの兵士2が切り刻まれた
ブフィタギアスブフィタギアス「ま・・・間違いない!奴だ!!」
アシュトウアシュトウ「切り裂きのネジェロイか?」
??「貴様、俺を知っているのか?」
「シュババババッ!」
フィンブレクは攻撃をよけた
「シュババババッ!シュバッ!シュバッ!!」
フィンブレクは攻撃をよけた
??「!」
フィンブレクフィンブレク「間違いなさそうだな」
クウガクウガ「姿を現したらどうだ?」
ネジェロイ(懸賞金4000G)ネジェロイ(懸賞金4000G)「ちっ。いくぞジギル」
ジギル(懸賞金2700G)ジギル(懸賞金2700G)「フン!貴様ら、後で覚えておけよ」
ネジェロイとジギルがクロデュスの町に入った
ブフィタギアスブフィタギアス「・・・ま・・・町に入ったぞ・・・」
クウガクウガ「あいつら!街をどうする気だ!」
アシュトウアシュトウ「俺たちも入るぞ」

143話

クロデュスの街 入り口

一般人とやばい奴の手下がぶつかった
やばい奴の手下やばい奴の手下「てめえ、俺にぶつかったな?」
一般人一般人「ひぃぃ!」
やばい奴の手下やばい奴の手下「あーあ、弁償だなあ」
見ている人達見ている人達「ひっ!あいつら、またでてきやがった」
?(やばい奴)?(やばい奴)「1000Gいただこうか」
やばい奴の手下やばい奴の手下「そうだ。1000Gだ」
一般人一般人「ひぃぃ、400Gしか・・・」
「ドシュッ!!」
?(やばい奴)は刃の片腕で一般人を真っ二つにした
見ている人達見ている人達「ひいい!!また刃のぺザギルに普通の人が・・・」
ぺザギルぺザギル(やばい奴)「血はたまらねえ!!」
やばい奴の手下やばい奴の手下「ははは!あのセルゲムンバに30秒で勝ち、
そしてかけられた懸賞金は3200G!さすがぺザギル様!!」
ぺザギルぺザギル「誰でもいいから血がみたいぜ!フヘヘヘヘ!!」
やばい奴の手下やばい奴の手下やばい奴の手下ぺザギルやばい奴の手下やばい奴の手下やばい奴の手下
やばい奴の手下達やばい奴の手下達「この町では、弱い奴がでていくのさ!!」

クロデュスの街 南部

クウガアシュトウフィンブレクブフィタギアス
フィンブレクフィンブレク「一応、覚悟しておいたほうがいいかな」
クウガクウガ「何だこの街は?みんな武器を持っているぞ」
アシュトウアシュトウ「替わってないな。いや、むしろ余計悪化してきている。
ところでネジェロイはどこ行ったんだ?」
兵士が4人兵士兵士兵士兵士近づいてきた
兵士兵士1「大丈夫。正義の味方がいるんだ」
クウガクウガ「正義の味方?」
兵士兵士3「うん。賞金首なんてしょっちゅう現れるけど、あのお方が
一瞬で掃除してくれるんだ」
アシュトウアシュトウ「?」
兵士兵士1「だから弱い奴はみんな待っているんだ。
毎月行われる掃除の時間を」
兵士兵士4「君達は賞金首じゃないよね?一人、悪人みたいな顔がいるけど」
アシュトウアシュトウ「違うに決まってんだろ」
兵士兵士2「・・・そうか。じゃ、ちゃんと命守れよ」
兵士達はいなくなった

144話

病院 クロデュスの街 中心部

医師医師「3日ほどで回復するでしょう。私の作った薬は
とーーっても回復速度が速いって好評なんだよ」
フィンブレクフィンブレク「そうか。良かったなブフィタギアス」
ブフィタギアスブフィタギアス「しばらく休めそうだ」
アシュトウアシュトウ「おい、クウガ何してんだ?」
クウガは冷蔵庫のパンをつまみ食いしていた
医師医師「腹が減ってたんだな」
クウガクウガ「うまいなこのパンは」
アシュトウアシュトウ「人の家のもん勝手に食うなよ」
フィンブレクフィンブレク「よし、そろそろ行くか」
医師医師「もう行くのか」
クウガクウガ「心配はいらない。俺達は負けたりしない」
フィンブレクフィンブレク「ま、俺がいるからな」
アシュトウアシュトウ「何だそりゃ?」
クウガ達は病院をでた

クロデュスの街 中心部

??「アシュトウじゃねえか」
アシュトウアシュトウ「!」
?は賞金首のはゼイパだった
アシュトウアシュトウ「!!」
フィンブレクフィンブレク「どうしたんだアシュトウ?」
ゼイパ(懸賞金3700G)ゼイパ(懸賞金3700G)「俺の顔を覚えていたか。嬉しいぜ」
アシュトウアシュトウ「・・・4年ぶりだなゼイパ」
ゼイパゼイパ「この街にお宝があると聞いてな、片っ端からザコを片付けてる。
俺は悟った。宝は賞金首だとな!」
アシュトウアシュトウ「それで集まってるのか」
ゼイパゼイパ「貴様など相手にしている時間はない。
早くしないとせっかくの賞金首がいなくなるんでね」
アシュトウアシュトウ「この野郎・・・俺がどれだけ強くなったか教えてやろうか?」

クロデュスの街 北部

3人の500G前後の賞金首がジギルに一瞬で倒された
ジギルジギル「けっ。俺一人で十分とは、弱すぎるな」
ネジェロイネジェロイ「ククク。こんな奴らが金集めとは笑いが止まらん」

145話

クロデュスの街 中心部

ゼイパゼイパ「そいつは面白ぇ」
アシュトウアシュトウvsゼイパゼイパ
剣戦闘開始剣
アシュトウの攻撃 ゼイパは攻撃をよけた
ゼイパゼイパ「ちっちっちっ、ちょっと遅いんじゃない?」
アシュトウアシュトウ「大した自信だな」
アシュトウの攻撃 ゼイパは攻撃をよけた
ゼイパゼイパ「体力が落ちるぞ?」
アシュトウの蠍剣から毒が噴射した
ゼイパゼイパ「!」
ゼイパは毒をよけた
ゼイパゼイパ「昔に比べると、ちょっと多すぎるんじゃないか?」
アシュトウアシュトウ「食らえ」
アシュトウはポイズンニードルを唱えた
ゼイパに23のダメージ

フィンブレクフィンブレク「当たったな」
クウガクウガ「ああ」

ゼイパゼイパ「貴様、調子に乗るのもいい加減にしろよ」
ゼイパは鉄の剣を2つ出してきた
アシュトウアシュトウ「二刀流か・・・いつのまに」
ゼイパゼイパ「俺が何て呼ばれてるか教えてやろうか」
アシュトウアシュトウ「フッ、聞きたくもないな」
それは一瞬だった。アシュトウは
十文字の傷をおった。
「ズバッ!!」
アシュトウアシュトウ「ぐ・・・!!」
ゼイパの十文字斬りがアシュトウにヒットしていた。
アシュトウに60のダメージ
ゼイパゼイパ「赤を作る男だ。
お前は自分の血で赤く染まる」
アシュトウアシュトウ「・・・てめえ」

151話

病院 クロデュスの街

アシュトウアシュトウ「・・・」
医師医師「目が覚めたようだね。回復まで休んでてくれって伝言だ」
アシュトウアシュトウ「ジギルの野郎。昔はもう少し弱かったはずだ。
なのにあんなに強くなりやがって」
医師医師「ここは危険だよ。賞金首に手を出すなんて自殺行為さ。
あの二人、無事じゃすまないかもね」
アシュトウアシュトウ「あいつらなら心配ない。今のところ俺よりも強い」
医師医師「そうか」
ブフィタギアスブフィタギアス「クウガ達の事か?」
アシュトウアシュトウ「ああ。クウガはギアディを倒したほどだ」
ブフィタギアスブフィタギアス「!!カルージャの・・!?」
アシュトウアシュトウ「だが、何か嫌な予感がするんだ。
兵士達の言ってた掃除がどうのこうのというが・・・どうも気になってよ」
医師医師「・・・」

休憩所 クロデュスの街

フィンブレクフィンブレク「殺気を感じないか?」
クウガクウガ「ん?」
ぺザギルの手下ぺザギルの手下ぺザギルの手下ペザギルぺザギルの手下ぺザギルの手下ぺザギルの手下
ペザギル達が現れた
フィンブレクフィンブレク「隠れるぞ」
クウガクウガ「?」
フィンブレクフィンブレク「おそらくあの血に飢えた奴は賞金首だ。
見つからないように後を追えば、一気に多くの賞金首を見つけられる
かもしれない」
クウガクウガ「それでどうするつもりだ?」
フィンブレクフィンブレク「やるかやらないかはその場で判断しよう。ただ、一応
どこに賞金首がいるのか把握しておけば、
この街で動きやすくなる事は確かだ」
クウガクウガ「・・・そうするか」
クウガ達は隠れた
ぺザギルぺザギル「誰もいねえぞ」
ぺザギルの手下ぺザギルの手下1「おかしいなあ。人の気配はしたようだけど」

クロデュスの街 西部

ネジェロイが300Gクラスの賞金首達を倒していた
ネジェロイネジェロイ「クックック・・・」
拍手が聞こえてきた
ネジェロイネジェロイ「?」
拍手はゼイパだった
ネジェロイネジェロイ「赤を作る男か・・・」
ゼイパゼイパ「俺を知っているのか?」
ネジェロイネジェロイvsゼイパゼイパ
剣戦闘開始剣

152話

クロデュスの街 西部

ネジェロイネジェロイ「最後に残す言葉はあるか?」
ゼイパゼイパ「・・・」
ゼイパの攻撃 十文字斬り
「ガキン!」
ネジェロイは爪で受け止めた
ネジェロイネジェロイ。o○(速いな・・・)
ゼイパの攻撃 ネジェロイは攻撃をよけた
ゼイパゼイパ「俺をその辺の奴らと一緒にしてもらっては困るな」
ネジェロイネジェロイ「どこからそんな自信がでてくる?」
ネジェロイは両腕の爪の先をゼイパに向けた
ゼイパゼイパ「・・・?」
ネジェロイネジェロイ「これを食らって何人の賞金首が死亡したか・・・」
ネジェロイの攻撃 スクリュウクロウ
「ギュルルルルル!!」
全身を回転させたまま、ゼイパに向かってきた
ゼイパは攻撃をよけた
ネジェロイネジェロイ「避けたら止まるとでも思ったか?
ネジェロイは方向転換した ゼイパに向かう
ゼイパゼイパ「・・!」
ゼイパは攻撃をよけた
ネジェロイネジェロイ「クックック、さっきより避けるスピードが遅いぞ」
ゼイパゼイパ。o○(・・・真横!?)
ネジェロイまた方向転換し、攻撃 アイアンクロー
「ゴオオオオオ!!」
ゼイパゼイパ。o○(攻撃の切り替えが速い・・・!)
「ドシュ!!」
ゼイパに40のダメージ
ゼイパゼイパ「ぐっ!」
ネジェロイネジェロイ「クックック」
ゼイパゼイパ「この至近距離は俺の範囲だ」
ネジェロイネジェロイ「?」
ゼイパの攻撃 十文字斬り
「ズバズバッ!!」
ネジェロイネジェロイ「!」
ネジェロイに40のダメージ

153話

クロデュスの街 中心部

カトゥンカトゥン「アシュトウの匂いだ。間違いない」
カトゥンは病院に指をさした
ロガズオロガズオ「ドーピングでもしてるのか?
病院ごと破壊してやるぜ!」
ミングミング「早まるな。もしかすると、負傷してるかもしれない」
カトゥンカトゥン。o○(アシュトウ。裏切ったことを後悔させてやる)

クロデュスの街 西部

ネジェロイネジェロイ「ちっ。楽に終わらせてくれそうにはないな」
ゼイパゼイパ。o○(急な方向転換がやっかいだ)
「バッ!」
ネジェロイネジェロイ「!」
ゼイパはネジェロイの後ろに回りこんだ
ネジェロイネジェロイ「速いな」
ゼイパゼイパ「終わりだ」
ネジェロイネジェロイ「スピードが速いのは分かった」
ゼイパゼイパ「?」
ネジェロイはエアーカタの魔法を唱えていた
ゼイパの5メートル頭上に風の刃が出来上がっている
ゼイパゼイパ「魔法!?」
ネジェロイネジェロイ「エアーカタ!」
無数の風の刃が回転してゼイパに向かってきた
「ヒュンヒュンヒュンヒュン!」
ゼイパゼイパ「!」

病院 クロデュスの街 中心部

アシュトウアシュトウ「・・・この街どうなってやがんだ。
賞金首がだらけなのに、まだ滅びちゃいない」
医師医師「あれが見計らったようなタイミングでやってくるんだ。
それを正義の味方なんて呼ぶ人もいるが」
アシュトウアシュトウ「ああ。兵士が何か言ってたな」
医師医師「昔、生き残って逃げた賞金首から正義の味方の過去を
聞きだせることに成功した」
アシュトウアシュトウ「賞金首まで治療したのか。変な医者だぜ」
医師医師「やられるまでは、あんなに恐ろしかったのが、
恐怖に怯えてブルブル震えていた。見ていて放っておけなくて」
アシュトウアシュトウ「正義の味方ってのはどんな野郎だ?」
医師医師「・・・知っておくといい。教えよう」

154話

クロデュスの街 西部

ドシュ!!
ゼイパに50のダメージ
ゼイパゼイパ「・・・!」
ネジェロイネジェロイ「クックック・・・」
ネジェロイの攻撃 ゼイパは攻撃をよけた
ゼイパの攻撃 ネジェロイは攻撃よけた
ネジェロイネジェロイ「エアーカタ!!」
ネジェロイはエアーカタを唱えた 
「ヒュンヒュンヒュンヒュン」
ゼイパはよけた
ネジェロイはエアーカタを唱えた
ネジェロイネジェロイ「当たるまで繰り返すぞ」
「ヒュンヒュンヒュンヒュン」
ゼイパに50のダメージ
ゼイパゼイパ「・・・」
ゼイパは倒れた
ネジェロイネジェロイ「クックック!これが実力の差だ!!」
ネジェロイはゼイパに近づいた
ゼイパは起き上がった
ゼイパゼイパ「油断したな。また俺の攻撃範囲に入ったな」
ネジェロイネジェロイ「上を見てみろ」
「ヒュンヒュンヒュンヒュン」
ゼイパゼイパ「・・・どっちが速いかためしてみるか?」
ゼイパは構えた
ネジェロイネジェロイ。o○(その構えは何だ・・・?)

病院 クロデュスの街 中心部

医師医師「正義の味方と呼ばれた奴は、昔一つの城を滅ぼしたと聞く。
そこを拠点に今も活動をしているが、どうしてこの街で英雄をやりたいのか
不明だけど、名前も負傷者から聞く事ができた」
アシュトウアシュトウ「名前は?」
医師医師「スワイドゥーラ。かけられた懸賞金は12000G」
アシュトウアシュトウ「い・・・12000G!?」
カトゥン達が現れた
カトゥンミングロガズオストライバ
カトゥンカトゥン「!!」
アシュトウアシュトウ「カトゥン!なんでてめえがここに・・・」
ミングミング「どうした?」
カトゥンカトゥン「・・・帰るぞ」
ミングミング「カトゥン!どうしたってんだ一体!目の前に
アシュトウがいるっていうのに!」

155話

酒場 クロデュスの街 北部

眼鏡をかけている男眼鏡をかけている男。o○(・・・あと1時間)

クロデュスの街 中心部

カトゥン達が病院から出た
ミングミング「おい、やるんじゃなかったのか!?」
カトゥンカトゥン「医師が言ったことを聞いてなかったのか?」
ミングミング「何を?」
ストライバストライバ「スワイドゥーラ」
ミングミング「・・・」
カトゥンカトゥン「あいつを呼んでおけばよかったが・・・、
とにかく、スワイドゥーラはレベルが違いすぎる」
ミングミング「・・・」
ロガズオロガズオ「最悪な街だ」
カトゥン達は街をでていった

クロデュスの街 北部

「ズバッ!!」
一般人がペザギルに斬られて死亡した
ぺザギルぺザギル「もっと血を見せろ!!」
ぺザギルの手下ぺザギルの手下達「ははははは!!」
クウガ達は尾行している
クウガクウガ「あいつ・・・罪のない奴を」
フィンブレクフィンブレク「くそ」
ぺザギル達は歩きだした
ぺザギルぺザギル「野郎ども!俺の刃を見ろ!」
ぺザギルの手下ぺザギルの手下達「すばらしいです!ぺザギル様!」
ぺザギルぺザギル「俺の片腕は失ったんじゃねえ。
新たに手に入れたのだ!斬るために!フヘヘヘヘ!!」
ぺザギルが歩きだした
フィンブレクフィンブレク「歩き出したぞ」
クウガクウガ「今度はどこへ行く気だ?」
ぺザギルぺザギル「喉が渇いた。酒場に戻るぞ」
ぺザギルの手下ぺザギルの手下達「はい!ぺザギル様!」
フィンブレクフィンブレク「早く行こう。奴らに置いていかれる」
クウガクウガ「ああ」

酒場 クロデュスの街 北部

眼鏡をかけている男眼鏡をかけている男。o○(・・・?)


戻る