fb
文字のサイズ フォントを小さくする 現在の文字の大きさ フォントを大きくする
bargerIcon

131話~140話

131話

過去・食堂 戦士育成道場レイヴェイン

全員が集合していた
リネリネ「ん?今日の食堂の飯は美味いな」
ミングミング「チキンだ。バトルの後の飯は最高だな」
ロガズオロガズオ「全くだ」
クウガクウガ「明日はいよいよふたたびランキング戦だな」
リネリネ「ああ。頑張ろう」
アシュトウアシュトウ「フッ、その前に死ななければな」
クウガクウガ「何・・!」
リネリネ「アシュトウ、食事中だぞ」
ラーバイツェルラーバイツェル「それがどうした?」
アシュトウアシュトウ「びびって逃げなければいいんだが」
カトゥンカトゥン「ブラッドソード対策でも?」
アシュトウアシュトウ「さあな・・・」
クウガは傷口を押さえた
ミングミング「どうした?」
クウガクウガ「・・・派手に練習して傷が・・」
ミングは薬を塗った
ミングミング「これで大丈夫だ」
クウガクウガ「助かる」
リネリネ。o○(気まずい空気だな・・・)
クウガは茶をすすった
ラーバイツェルラーバイツェル「くった食った。行こうアシュトウ。こんな奴らと
飯の時間を共にするのは寿命の無駄だ」
ロガズオロガズオ「ぐ!」
ミングミング「どうしたロガズオ!」
ロガズオロガズオ「毒だ・・・俺は少ししか飲んでいないがなんとか・・・」
リネリネ「!」
アシュトウアシュトウ「?」
カトゥンカトゥン「俺のにはなかったぞ」
ラーバイツェルは笑った
ラーバイツェルラーバイツェル「おや?クウガが腹を押さえているぞ?」
アシュトウはクウガに近づいた
アシュトウアシュトウ「ははは!どうしたんだクウガ?
みんな!クウガが倒れたぞ!!」

広間 戦士育成道場レイヴェイン>

アシュトウアシュトウ「あの時は、仮病かと思っていたんだ。
 まさか本当に毒だったとはな・・・」

132話

過去・食堂 戦士育成道場レイヴェイン

リネリネ「大丈夫か!クウガ!しっかりしろ!」
クウガクウガ「まずい・・・意識が・・・」
クウガは植物状態になった
ミングミング「まさか・・・毒ではないのか?」
アシュトウアシュトウ「フッ」
リネリネ「くそ!何とかならないのか!このままでは・・・」
ラーバイツェルラーバイツェル「無理だな。そいつはもう死んだ」
アシュトウアシュトウ「そうだ。死んだ奴はもうここに置いとくわけにはいかねぇ」
リネリネ「死んでるわけない!」
ミングはお茶を見た
ミングミング「毒だ!これは毒だぞ!!」
リネカトゥンアシュトウラーバイツェルロガズオ「!!」
リネはアシュトウを見た
リネリネ「まさか・・・お前ら!!」
アシュトウアシュトウ「あ?」
ラーバイツェルラーバイツェル「俺達がやったとでも?」
ミングミング「・・・確かに毒を使うのは、アシュトウと、一緒につるんでる 
ラーバイツェルしかいないな」
クウガは寝室に運ばれた

広間 戦士育成道場レイヴェイン

アシュトウアシュトウ「そして俺とラーバイツェルは道場を追い出された。
目が覚めることのないクウガは両親に引き取られた」
クウガクウガ「俺が目を覚めたら、両親はアンドラに殺された」
アシュトウアシュトウ「何!」
クウガクウガ「もう仇は討った」
コフェンコフェン「アンドラ・・・聞いたことある。名のある用心棒だな」
アシュトウアシュトウ「話を続けるぞ」

過去 細い道

アシュトウアシュトウ「そろそろ町に着く頃だ」
ラーバイツェルラーバイツェル「まさかあんな汚い手を使う奴がいるとはな。
 お前じゃないんだろ?」
アシュトウアシュトウ「まあな。なんか話がうますぎないか?」
??「お前ら許さないぞ!!」
?はリネだった。追ってきていたようだ。
アシュトウアシュトウ「!」
ラーバイツェルラーバイツェル「貴様・・・!!」

133話

過去・細い道

リネの攻撃 アシュトウに30のダメージ
アシュトウアシュトウ「くっ!!」
ラーバイツェルラーバイツェル「このままでは俺たちは死ぬぞ!!」
アシュトウアシュトウ「くそ!最近覚えた魔法を食らえ!!」
アシュトウはポイズンニードルを唱えた
リネリネ「何だそれは!!」
リネに20のダメージ
アシュトウアシュトウ「だめだ!倒れない・・・」
リネリネ「おおお!!」
リネの攻撃 ラーバイツェルに80のダメージ
ラーバイツェルはリネにしがみついた
ラーバイツェルラーバイツェル「ぐは・・・逃げろアシュトウ!!」
アシュトウアシュトウ「何を言ってやがる!!」
ラーバイツェルラーバイツェル「お前だけでも生きて、無実を証明しろ!!」
リネの攻撃 高速連続斬り
「ズバババババババッ!!」
ラーバイツェルは死亡した
アシュトウアシュトウ「くそっ!」
アシュトウは逃げ出した
リネリネ「・・・はあはあ。俺は何をやっているんだ」
リネは道場に帰るのをやめて、どこか途方に暮れた

広間 戦士育成道場レイヴェイン

クウガクウガ「そうか・・・リネはもうここには・・・」
アシュトウアシュトウ「あれじゃもう帰れないはずだ。俺はあれから
適当に遊んで、ある日クウガが目覚めたというウワサを耳にした。
で、てめえの村にやってきたってわけさ」
クウガクウガ「そうか」
コフェンコフェン「ん?」
カトゥンカトゥンと?(顔に傷のある男)?(顔に傷のある男)とミングミングが現れた
アシュトウアシュトウ「また新人が一人・・・」
ミングミング「クウガ久しぶり!意識が戻って良かったな」
クウガクウガ「ああ。お前こそ元気そうだな」
アシュトウアシュトウ「ロガズオ、フィンブレクはどうしたんだ?」
カトゥンカトゥン「フィンブレクなら牢屋に閉じ込めてるさ。邪魔なんでね」
クウガアシュトウ「!」

牢屋 戦士育成道場レイヴェイン

フィンブレクフィンブレク「・・・」

134話

広間 戦士育成道場レイヴェイン

カトゥンカトゥン「ロガズオはいる事はいるが、まだ5位以内に入れなくてね、
プライドのせいなのか、顔を出したくないだとさ」
アシュトウアシュトウ「そんな事はどうでもいい。俺たちがここに来たのは、
クウガに与えた毒の事についてはっきりさせたいからだ」
カトゥンカトゥン「・・・お前がやったんだろうが」
コフェンコフェン「カトゥン」
カトゥンカトゥン「何だコフェン」
コフェンコフェン「フィンブレクという男、いつから牢屋にいるんだ?
俺が来たときにはすでにいたんだが」
カトゥンカトゥン「ミングに聞け」
?(顔に傷のある男)?(顔に傷のある男)「会わせてやったらどうだ?」
ミングミング「何を急に・・・」
クウガクウガ「久しぶりに会ってみたいな」
アシュトウアシュトウ。o○(リネ以上の驚異的な力の持つ男がなぜ牢屋に・・・。
何か知っているかもしれないな・・・)
カトゥンカトゥン「フィンブレクの事はミングとロガズオに任せている。
ミングの許可をとれ。悪いが俺も会ったことがない」
ミングミング「ダメだ」
?(顔に傷のある男)?(顔に傷のある男)「そろそろいいだろう?」
ミングミング「ダメだストライバ。前にも言ったが、
フィンブレクは極度の精神障害に陥っている。
俺とロガズオ以外のものに会えば、興奮状態が臨界点を超えて
自分を保てなくなってしまい、下手すると命を落とす恐れが・・・」
ストライバ(顔に傷のある男)ストライバ(顔に傷のある男)「・・・」
アシュトウアシュトウ「何だそりゃ」
クウガクウガ「それでも、会わないわけにはいかないだろ」
アシュトウアシュトウ「強行突破だ!力ずくでフィンブレクを牢屋から出す!!」
ミングミング「アシュトウ!俺の言っていることが分からないのか!!」
アシュトウアシュトウ「てめえ。うさん臭えんだよ」
アシュトウとクウガは強行突破を始めた
カトゥンカトゥン「勝手にしろ。殺し合いはその後にとっておくか」
ミングミング「止めろコフェン!!」
コフェンコフェン「・・・」
ミングミング「ハッ!!」
ミングの攻撃 高速猛毒針
「ビュオオオオ!!」
クウガは攻撃をよけた
アシュトウアシュトウ。o○(・・・今のは・・!?)
クウガとアシュトウは牢屋を探した
ミングが追いかけてくる

135話

牢屋 戦士育成道場レイヴェイン

アシュトウアシュトウ「ここにフィンブレクがいるはずだ」
見習い戦士見習い戦士見習い戦士「おい!勝手に入ってくるな・・お前はアシュトウ!
・・・クウガまで・・・」
クウガクウガ「通りたいんだ」
見習い戦士見習い戦士「そうはいくかよっ!
ミングさんから誰も通すなと言われているんだからな!」
アシュトウアシュトウ「食らえ!」
アシュトウはファイアースコールを唱えた。
見習い戦士見習い戦士「ぐわっ!!」
見習い戦士は倒れた
クウガ達は進んだ
フィンブレクが鉄格子の向こうにいた
アシュトウアシュトウ「久しぶりだなフィンブレク。
お前のような奴がなぜ牢屋に・・・」
フィンブレクフィンブレク「油断していたんだ」
クウガクウガ「鍵がないな」
アシュトウアシュトウ「お前ならできるだろ?鉄を斬った時の事を・・・」
ミングが現れた
ミングミング「勝手に話すんじゃない!!」
アシュトウアシュトウ「別に問題ないじゃないか?何を焦ってるんだ?」
ミングミング「悪いが、俺は昔とは違うぞ」
クウガクウガ「フィンブレクと話をさせてくれ!
何か分かるかもしれないんだ!」
ミングミング「そうはいかない」
アシュトウアシュトウ「こっちもお前の言う事を
わざわざ聞いているわけにはいかないな」
ミングミング「仕方ない。お前らも牢屋に閉じ込めてやろう。
そうすれば、好きなだけ話ができるぞ」
ミングの攻撃 白い毒
クウガクウガ「何だ!?」
フィンブレクフィンブレク「気をつけろ!それを食らうと植物状態になるぞ!!」
クウガクウガ「植物状態!?」
アシュトウアシュトウ「やはりてめえが毒を・・・。
ミングよ。相手が誰だか忘れていないか?」
ミングミング「何?」
アシュトウアシュトウ「俺に毒は効かない」
ミングミング「お前は実力で倒すさ」
クウガクウガ「息を止めている間だけ、戦えるぞ」
ミングミング「かかって来な。俺がどのくらい変わったか身をもって知れ」

136話

牢屋 戦士育成道場レイヴェイン

それは一瞬だった。
ミングの攻撃は、クウガに全て当たらず、
クウガの一撃で倒された。
ミングミング「ぐ・・・植物状態だったはず・・・」
クウガクウガ「ブランクは乗り越えたんだ」
アシュトウアシュトウ「カルージャの戦いでこいつはさらに成長したのさ」
ミングミング「カルージャ?」
アシュトウアシュトウ「ギアディを倒した」
ミングミング「・・・何だと!?」
アシュトウはミングから鍵を奪った。
フィンブレクが助け出された
アシュトウアシュトウ「ミング。お前がクウガに毒をやったんだな?」
ミングミング「・・・そうだ。話は広場でするよ」
みんなは広場に戻った。

牢屋 戦士育成道場レイヴェイン

ミングクウガアシュトウフィンブレクカトゥンストライバコフェン
カトゥンカトゥン「フィンブレク・・・久しぶりだな」
フィンブレクフィンブレク「リネはどうした?」
アシュトウが説明した
フィンブレクフィンブレク「そうか・・・今でも、戦いをやっているといいんだが・・・」
アシュトウアシュトウ「ミング。話せるよな?」
ミングミング「分かった。まず、例の食事から5日前の事・・・」

過去・広間 戦士育成道場レイヴェイン

夜。ミングとロガズオが会話をしている。
ミングミング「俺の例の力も大分熟練してきた」
ロガズオロガズオ「始めるのか?」
ミングミング「俺が毒の才能に目覚めたことは未だ誰も知らない。
だが、いつ気づかれるか分からない。なるべく急がないとな」
ロガズオロガズオ「植物状態になる毒か・・・強烈だな」
ミングミング「チャンスは必ずくる。それまで、スキを伺うさ」
その時は、5日後に来た。

過去・食堂 戦士育成道場レイヴェイン

クウガが傷を負って、食事をしていた。
ミングにとって、毒を傷口に塗るチャンスだ。
ミングはロガズオに目で合図した。
ロガズオロガズオ。o○(ついにこの時がきたか)
クウガは傷口を押さえた
ミングミング「どうした?」
クウガクウガ「・・・派手に練習して傷が・・」
ミングは薬を塗った

広間 戦士育成道場レイヴェイン

アシュトウアシュトウ「その薬が毒なんだな?」
ミングミング「そうだ。話を続けようか」

137話

過去 広間 戦士育成道場レイヴェイン

クウガが植物状態になって家に運ばれ、
アシュトウは毒の疑いで追放。
ラーバイツェルは死亡し、リネはどこかにいなくなった。
残ったのはミングとロガズオとカトゥン。 カトゥンは寝室で寝ていた。
ロガズオロガズオ「うまくいったな」
ミングミング「まさかリネまでいなくなるなんて・・」
ロガズオロガズオ「いいじゃないか」
ミングミング「いいわけはない。フィンブレク」
ロガズオロガズオ「俺がフィンブレクと話す。そうすればスキが生じるはずた。
ミングミング「見習い戦士にも協力してもらうか」
ミングはうなずいた
・・・そしてフィンブレクが帰る日が来た。

過去 寝室 戦士育成道場レイヴェイン

見習い戦士見習い戦士見習い戦士「ミングさん。ロガズオさん。奴です」
ミングミング「よし・・・朝の5時とは好都合。カトゥンは寝てるしな」
ミングはロガズオを起こした

過去 入り口 戦士育成道場レイヴェイン

フィンブレクフィンブレク「ロガズオじゃないか」
ロガズオロガズオ「おかえり、フィンブレク。修行はどうだった?」
フィンブレクフィンブレク「うまくいったよ」
ミングミング。o○(今だ!!)
ミングの攻撃 白い毒
フィンブレクフィンブレク「!!」
フィンブレクは植物状態になった

広間 戦士育成道場レイヴェイン

ミングミング「だが、フィンブレクは目覚めるのがはやかった」
フィンブレクフィンブレク「何で俺まで?」
ミングミング「お前は鋭い。嘘がすぐにバレる。クウガ達の事を
最後まで隠す自信がないんだ」
カトゥンカトゥン「・・・それは知らなかったな」
アシュトウ「これで俺の疑いも晴れた。ははは」
ミングミング「お前はここに入るのか?」
アシュトウアシュトウ「またよろしく頼むぜ」
クウガクウガ「お前・・・!!」
アシュトウはミングを見た
アシュトウアシュトウ「これで俺達もやるべき事が一致したな。
過去のことなんて、綺麗さっぱり捨ててやるよ」
ミングミング「では?」
アシュトウアシュトウ「敵はクウガ一人だ。全員でかかれば倒せるはずだ」
カトゥンカトゥン「それはいい考えだ」
クウガクウガ「何!」
コフェンコフェン「クウガには悪いが、これは俺も加わらせてもらう。」
カトゥンカトゥン「ロガズオ!でてこい!」

138話

広間 戦士育成道場レイヴェイン

クウガクウガvsアシュトウカトゥンミングコフェンストライバ
剣戦闘開始剣
カトゥンの攻撃 クウガは攻撃をよけた
カトゥンカトゥン「ちっ」
ミングの攻撃 白い毒 クウガは攻撃をよけた
ストライバストライバ「スキあり」
ストライバの攻撃 隼の太刀
「スパッ!」
クウガに30のダメージ
クウガクウガ。o○(何だ今のはまったく見え・・・)
アシュトウアシュトウ「油断したな」
クウガはアシュトウの毒を吸っていた
クウガに20のダメージ
クウガクウガ「くっ!」
ミングミング「よし!さすがにこの人数では・・・」
カトゥンカトゥン。o○(クウガはここまで・・・
確かに大勢でかからないとやばい強さだ・・・)
フィンブレクのゴールドソードの先が、ミングに向けられている
ミングミング「!」
フィンブレクフィンブレク「全員でかかるとは卑怯な奴らめ」
アシュトウアシュトウ「ちっ!こいつを忘れてたか」
ミングミング「コフェン!封印をとけ!」
フィンブレクフィンブレク「全員対二人だ」
フィンブレクがクウガ側に加わった
クウガクウガ「助かる」
コフェンコフェン「それで戦況が変わるとでも思うか?」
「ズバッ!」
フィンブレクの攻撃でミングが気絶した
カトゥンカトゥン「急げコフェン!!」
コフェンは目を覆っている布を外した。
ロガズオが現れた
ロガズオロガズオ「!!」
広間中にコフェンの目が張り巡らされた
コフェンコフェン「これが無限の目。お前達の動きをあらゆる角度から
把握できるぞ」

139話

広間 戦士育成道場レイヴェイン

カトゥンカトゥン「コフェン。一気にカタをつけるぞ。
フィンブレクは昔、リネを倒して上位に上がった男だ。侮るな」
コフェンコフェン「一撃でやられたミングを見ればわかるさ」
無限の目がクウガとフィンブレクを捉えている。
クウガクウガ「何だこの目の数は・・・!?」
コフェンの攻撃
クウガクウガ「!!」
クウガに25のダメージ
クウガクウガ「ぐ!」
コフェンコフェン「・・・」
コフェンの攻撃
フィンブレクフィンブレク「!」
フィンブレクに25のダメージ
クウガクウガ「まさか・・・!」
コフェンコフェン「避けても、その方向が分かれば意味をなさないな」
カトゥンカトゥン「ここだっ!」
カトゥンの攻撃
クウガクウガ「!!」
クウガは攻撃をよけた
クウガクウガ「一瞬のスキをついたか・・・」
カトゥンカトゥン「くそ・・・生命力を吸い取ってやろうと思ったのに・・・」
ストライバの攻撃 隼の太刀
フィンブレクフィンブレク「!」
「ザン!!」
ストライバに攻撃が跳ね返った ストライバに30のダメージ
ストライバストライバ「・・・!?」
カトゥンカトゥン「フィンブレクへの攻撃はコフェンにまかせていけ。
魔力で物理攻撃を跳ね返る壁を張っているから、無限の目で攻撃ポイントを
確認しないと、ダメージを与えることはできない」
ストライバストライバ「ちっ!」
コフェンの攻撃 フィンブレクに25のダメージ
フィンブレクフィンブレク「くっ!!」
クウガクウガ「このっ!!」
クウガの攻撃 コフェンは攻撃をよけた
コフェンコフェン「回避率も同じだ。無限の目でお前達の動きは全て分かってい・・・」
コフェンに毒の20のダメージ
コフェンコフェン「・・・な!」
クウガフィンブレクストライバカトゥンロガズオ「!!」
アシュトウアシュトウ「悪いが、さっきの話はパスだ」

140話

広間 戦士育成道場レイヴェイン

カトゥンカトゥン「アシュトウ・・・!!」
クウガクウガ「何考えてるんだお前は?」
アシュトウアシュトウ「お前らの実力は分かった。
一気に終わりにするぞ」
クウガクウガ「・・・?」
アシュトウは毒の霧を噴射させた。
広間内は霧で見えなくなった。
コフェンコフェン「くっ・・・見えない!!」
アシュトウアシュトウ「今のうちにずらかるぞ」
クウガクウガ「・・・?」
フィンブレクフィンブレク「・・・一人、かなり大きな力を感じる奴がいるしな」
フィンブレクは道場の奥を見た。
カトゥンカトゥン「どこだっ!この借りは必ず・・・!!」
クウガ達は道場をでた。

平地

アシュトウアシュトウ「クウガ、これからどうするつもりだ?目的は果たしたな。
 毒はミングだった。リネはいなかった。家にでも帰るか?」
クウガクウガ「いや、新しい道場を探して剣術を磨くつもりだ」
アシュトウアシュトウ「決まりだな。フィンブレク、お前は?」
フィンブレクフィンブレク「俺もそうしたいが、あてはあるのか?」
アシュトウアシュトウ「あるわけないだろ。探すんだよ。潰れた道場を」
クウガクウガ「・・・?」
アシュトウアシュトウ「あいつらとは大会で再戦してみてえな」
フィンブレクフィンブレク「潰れた道場ならクロデュスの町にいくつもあるぞ」
アシュトウアシュトウ「おいおい・・・」
クウガクウガ「行くしかないだろ。そこが荒くれ者の集まりだとしても」

広間 戦士育成道場レイヴェイン

カトゥンカトゥン「くそ!逃げられたか!」
コフェンコフェン「無限の目の盲点をつかれた・・・」
ストライバストライバ「・・・」
カトゥンカトゥン「行くぞロガズオ、ストライバ、ミング。奴らを追う」
ロガズオロガズオ「起きろミング。お前も行くんだ」
コフェンコフェン「俺とあいつは留守番でいいんだな?」
カトゥンカトゥン。o○(クウガやフィンブレクのような勝ち目のない相手など、
もうどうでもいい。アシュトウめ・・・お前を必ず!)


戻る