fb
文字のサイズ フォントを小さくする 現在の文字の大きさ フォントを大きくする
bargerIcon

111話~120話

111話

武器屋 カルージャの町

鉄牛人間ギアディの攻撃 スピンホーン
「ギュイオオ!!」
クウガの攻撃 乱れつき
アシュトウアシュトウ。o○(相打ちする気か!?
しかし奴の攻撃の方が部がある・・・!)
ディユバインディユバイン「無茶な・・・」
「ドカカカカカッ!!」「ドゴォン!」
クウガに78のダメージ
クウガクウガ「ぐああっ・・・!」
クウガは倒れた
鉄牛人間ギアディはその場から動かない
ダークロダークロ。o○(ん?)
クウガクウガ「・・・」
アシュトウアシュトウ「何だ・・・?」

「パキイン!!」

鉄牛人間ギアディに180のダメージ
鉄牛人間ギアディ鉄牛人間ギアディ「ぐ・・・!」
鉄牛人間ギアディは倒れた
牛人間バト牛人間バト「ぎ・・ギアディ様!!」
ダークロダークロ「鉄が・・割れた・・・」

鉄牛人間ギアディ鉄牛人間ギアディ「・・・ヒビに集中攻撃しやがったな!」

アシュトウは起き上がった
アシュトウアシュトウ「・・・い・・今がチャンス・・・ギアディに攻撃を・・・」
牛人間バトの黄金特急がきた
「ドカッ!!」
アシュトウアシュトウ「ぐあっ!」
牛人間バト牛人間バト「・・・・・・モックック・・・うぐ・・!」
アシュトウと牛人間バトは倒れた
アシュトウの蠍剣から毒が大量に噴射した
牛人間バト牛人間バト「ぎゃあああ!!」
牛人間バトは死亡した
アシュトウアシュトウ「くそったれ・・・」

クウガクウガ「・・くそ、体が動かない・・」
鉄牛人間ギアディ鉄牛人間ギアディ「ぐぐ・・・」
全員倒れている
ダークロダークロ。o○(起きろ・・色黒の戦士・・・!)

112話

武器屋 カルージャの町

鉄牛人間ギアディは起き上がった
クウガアシュトウディユバインダークロギザモル武器屋「!!」
鉄牛人間ギアディ鉄牛人間ギアディ「・・・人間ごときに・・・!」
アシュトウアシュトウ。o○(やばい・・・)
鉄牛人間ギアディはジャンプした
「ゴオオオオオ!!」
ディユバインディユバイン「また潰すつもりだ!」
ダークロダークロ「色黒の戦士!」

クウガは起き上がった

武器屋武器屋「起きた!」
アシュトウアシュトウ。o○(チャンスだ!)
鉄牛人間ギアディ鉄牛人間ギアディ「!」
クウガはジャンプした
急降下する鉄牛人間ギアディに 上昇する力を加えた上昇斬り
「ズバッ!!」

鉄牛人間ギアディ鉄牛人間ギアディ「この俺が・・・・!」

鉄牛人間ギアディは真っ二つになった
鉄牛人間ギアディは死亡した
クウガは着地した。

牛人間ギャウ牛人間ギャウ「・・・これは現実か・・・」
ディユバインディユバイン「た・・・倒した・・・」
武器屋武器屋「まさかこんな日が来るなんて」
ダークロダークロ「夢じゃないぞ。鉄を切ったんだ」
クウガクウガ「勝った・・・」
アシュトウアシュトウ「やっと休めるな」

酒場 カルージャの町

客客1「聞いたか!?
賞金首5500Gのあの鉄牛人間ギアディが倒されたぞ!」
ディユバインディユバイン「俺はあまり役に立たなかったよ」
マスターマスター「戦ってくれたんだな。ありがとう・・・
ところで一体誰が鉄牛人間ギアディを倒したんだ?」
ディユバインディユバイン「クウガという男だ。
一応、ここに呼んでおいた。パーッとやろう」
マスターマスター「もちろん!英雄がくるぞみんな!」
客達客達「おう!」

113話

武器屋 カルージャの町

アシュトウアシュトウ「よし回復したぞ」
クウガクウガ「休むと傷口も徐々に塞がるな」
ダークロダークロ「ところで、こいつはどうする?」
ダークロは牛人間ギャウに指差した。
クウガクウガ「そいつはもう戦う意思がない。大丈夫だきっと」
アシュトウアシュトウ「・・・だといいがな」
牛人間ギャウ牛人間ギャウ「破壊の鉄はもうこの世にいない。
 やっと僕は自由になれた。僕は町を出るつもりだ。
 またいつか会えるといいな」
ギザモルギザモル「私もそろそろ帰らせていただきます」
牛人間ギャウとギザモルはいなくなった
アシュトウアシュトウ「酒場に飲みにいくぞ!」

酒場 カルージャの町

クウガ達が現れた。
クウガアシュトウダークロ武器屋
ディユバインディユバイン「あいつらだ。後ろに髪を束ねてるのがクウガだ」
客達客達「おおおお!!」
武器屋武器屋「まさかこんな日がくるなんて」
ダークロダークロ「それ、さっきも聞いたぞ武器屋」
アシュトウアシュトウ「クウガ酒は大丈夫か?」
クウガクウガ「・・・おい。俺は飲まないぞ」
アシュトウアシュトウ「飲まねえとは言わせねえ。年なんて関係ないぞこの町は!」
クウガクウガ「分かったよ」

アシュトウは激しい勢いで酒を飲んだ
「ゴキュゴキュゴキュ」
マスターマスター「すごいなあんた!名前は?」
アシュトウアシュトウ「アシュトウってんだ。牛人間バドを倒した」
マスターマスター「おお、そうか!」

客客1「なあ、破壊の鉄を斬ったってマジかよ!」
クウガクウガ「ああ。必死だったよ」
客客2「へーすごい!しかもたくさん突進受けて無事だったとはすごいねえ」
クウガクウガ「バトルには慣れてるんだ」
客客2「慣れてるって・・・
あの破壊と鉄と言われた鉄牛人間ギアディの突進だよ!
すごい事なんだよそれは!」

夜が明けた。クウガとアシュトウは町を後にする。

町の人達町の人達「元気でな」
アシュトウアシュトウ「あばよ」

114話

草原

クウガクウガ「もう少しだな」
アシュトウアシュトウ「ああ。・・・それより、
さっきから後あとをつけてる奴がいるんだが」
アシュトウがとっさに後ろを向いた
ギザモルがいた
ギザモルギザモル「わっ!」
アシュトウアシュトウ「何だよ?」
ギザモルギザモル「実はお願いがあるんです」
クウガクウガ「お願い?」
ギザモルは土下座した
ギザモルギザモル「私を死んだ事にしていただけないでしょうか?」
アシュトウアシュトウ「・・・世間の評価を下げたくないのか?」
ギザモルギザモル「いいえ・・生きていると分かった時点で捜索され、
殺されるのは間違いないです。のんびり隠れて生きたいのです」
アシュトウアシュトウ「・・・まあいいだろう」
ギザモルギザモル「ありがとうございます!」
ギザモルはいなくなった
クウガクウガ「変わったんだな」
アシュトウアシュトウ「お前が予想している以上だぞ」

戦士育成道場レイヴェイン

目を隠してる男目を隠してる男「温度を感じる。こっちに向かっている」
見習い戦士見習い戦士「また敵ですか?」
目を隠してる男目を隠してる男「・・・」
カトゥンカトゥン「見てこい」
見習い戦士見習い戦士「は・・・はい」

牢屋 戦士育成道場レイヴェイン

「ドカッ!!」
見習い戦士2が?を蹴飛ばした
?(捕らえられてる男)?(捕らえられてる男)「くっ!」
見習い戦士2見習い戦士2「飯だ」
?(捕らえられてる男)?(捕らえられてる男)「・・・」

入り口 戦士育成道場レイヴェイン

アシュトウアシュトウ「着いたぞ。この中にてめえを眠らせた奴が今もいるはずだ」
クウガクウガ「外観は変わってないな・・・」

115話

入り口 戦士育成道場レイヴェイン

クウガ達が入ろうとすると見習い戦士がでてきた。
アシュトウアシュトウ「何だ?俺達は無理にでも入るつもりだぞ」
見習い戦士見習い戦士「あの・・・聞いてくるので、待ってくれるか?」
クウガクウガ「5分だけ待つ」
見習い戦士は奥に消えた

広間 戦士育成道場レイヴェイン

見習い戦士見習い戦士「クウガとアシュトウです。どうなさいますか?」
カトゥンカトゥン「入れてやれ」
見習い戦士見習い戦士「分かりました」
目を隠してる男目を隠してる男「何者だ?」
カトゥンカトゥン「過去、ここにいた奴らさ」

入り口 戦士育成道場レイヴェイン

見習い戦士がふたたびでてきた。
見習い戦士見習い戦士「入っていいようだ」
アシュトウアシュトウ「・・・以外だな」

広間 戦士育成道場レイヴェイン

クウガ達が入ってきた。
アシュトウアシュトウ「・・・カトゥン!?」
カトゥンカトゥン「・・・二人とも随分戦った形跡があるな。
ギザモルに大苦戦したのか」
アシュトウアシュトウ「ギザモル・・・フッ」
カトゥンカトゥン「何を笑う?」
アシュトウアシュトウ「死んだ奴の事なんてどうでもいいだろ?」
カトゥンカトゥン「よくもやってくれたな。金ヅルを」
クウガクウガ「横にいるのは?」
カトゥンカトゥン「こいつはコフェン」
コフェン(目を隠してる男)コフェン(目を隠してる男)「後から入ったんで初体面だな。
カトゥン、どっちがクウガ?」
カトゥンカトゥン「右」
コフェンコフェン「・・・」
カトゥンカトゥン「なぜ招き入れたか分かるか?」
アシュトウアシュトウ「おいおい、何年一緒に道場いたんだ?」
カトゥンが正解という表情をして、殺気を上昇させた
クウガクウガ「毒についても聞きたいことがあるしな。お前かあいつだろう」
コフェンコフェン「毒?」
カトゥンカトゥン「アシュトウ。随分、自信に満ちた顔だな。
まずはお前のその顔を劣等感に満ちた表情に変えてやろう」
アシュトウアシュトウ「!」

116話

広間 戦士育成道場レイヴェイン

カトゥンカトゥンvsアシュトウアシュトウ
剣戦闘開始剣
アシュトウは蠍剣蠍剣を装備した。
カトゥンはブラッドソードブラッドソードを装備した。
カトゥンの攻撃 アシュトウは攻撃をよけた
アシュトウアシュトウ「くらえ」
アシュトウの蠍剣から毒が噴射した。
「シュウウウ」
カトゥンカトゥン「ごほっ!」
カトゥンは口を塞いだ。
アシュトウアシュトウ「スキありだ」
アシュトウの攻撃 カトゥンに30のダメージ
カトゥンカトゥン「くあ!」
カトゥンの攻撃 アシュトウは攻撃をよけた
カトゥンカトゥン「相変わらず嫌な戦い方をするな」
アシュトウアシュトウ「それはお互い様だろ」
クウガクウガ「お互い様?」
アシュトウはポイズンニードルを唱えた。
「ドドドドドドド!!」
カトゥンカトゥン「ごはっ!」
カトゥンに80のダメージ
カトゥンは倒れた
カトゥンカトゥン「・・・」
アシュトウアシュトウ「・・・腕が鈍ったな」
クウガクウガ「よし!」
コフェンコフェン「・・・」
アシュトウアシュトウ「コフェンだっけ?お前はど・・・」

「サクッ」

アシュトウアシュトウ「ぐ!!しまっ・・・」
起き上がったカトゥンの攻撃がアシュトウにヒットしていた。
クウガクウガ。o○(いつの間に起き上がったんだ?)
カトゥンカトゥン「愚かな男だ」
クウガクウガ。o○(何だ?ちょこっと刺さったくらいで・・・なんでそんな
苦しそうに・・・?)
アシュトウアシュトウ「ぐああ!」

117話

広間 戦士育成道場レイヴェイン

クウガクウガ「おい・・・!」
コフェンコフェン「無理もない。そいつは生命力を吸い取られたんだ」
クウガクウガ「大丈夫か!?」
アシュトウアシュトウ「・・・てめえがいない間、そいつは恐ろしい剣を
手に入れた。それがブラッドソード。野郎を見てみろ。
俺が与えたはずのダメージが全て回復している」
カトゥンカトゥン「思ったより、上達しているようだな」
カトゥンの攻撃 アシュトウは攻撃をよけた
アシュトウアシュトウ「・・・調子に乗るなよ」
カトゥンカトゥン「!」
アシュトウの攻撃 毒裂弾
「ギュアアアア!!」
カトゥンカトゥン「何だそれは!」
カトゥンは攻撃をよけた
コフェンコフェン「恐ろしい攻撃だな」
カトゥンカトゥン「・・・ギザモルに苦戦というのは嘘か?」
アシュトウアシュトウ「今頃気づいたか」
カトゥンカトゥン「・・・貴様をなめていたようだ。
本気でいかせてもらうぞ!!」
アシュトウアシュトウ「!」
カトゥンの攻撃 一文字突き
「ビュオオオオオ!!」
アシュトウは攻撃をよけた
カトゥンカトゥン「よく避けたな・・・?」
カトゥンはぐらついた
「!?」
カトゥンカトゥン「な・・何だいきなり・・・」
アシュトウアシュトウ「フッ」
カトゥンカトゥン「・・・まさか」
アシュトウアシュトウ「分ったようだな。俺から生命力を吸い取れば、
余計なものも混ざるんだよ」
コフェンコフェン。o○(毒か・・・)

118話

広間 戦士育成道場レイヴェイン

カトゥンカトゥン「くそ・・・!!」
アシュトウアシュトウ「さあ、どうする!!」
コフェンコフェン。o○(吸収が無理ならば、やたら物理攻撃はできないぞ)
カトゥンカトゥン「くそぉ!!」
カトゥンはフリーズオンを唱えた
「ゴオオオオオ!!」
アシュトウは攻撃をよけた
アシュトウアシュトウ「悪いが、魔法を避けるのは得意なんだよ」
カトゥンカトゥン「・・・いい気になるなよお前らなど」
カトゥンは扉を開け道場の奥に消えた
コフェンコフェン。o○(呼ぶ気か)
アシュトウアシュトウ「逃げたか。情けないな」
クウガクウガ「おいコフェン!」
コフェンコフェン「?」
クウガクウガ「リネはいるか?」
コフェンコフェン「リネ?あいつかな?」
アシュトウアシュトウ「クウガ。リネはもうここにはいないんだ」
クウガクウガ「どういう事だ」
コフェンコフェン「俺は後からここにはいったからよくは知らん。
教えてもらおうかアシュトウ。他の奴らは教えてくれないんだ」
アシュトウアシュトウ「・・・分かったよ。俺が知っている範囲でな・・・
あれは1年前だっけ・・・」

過去・訓練所 戦士育成道場レイヴェイン

20名の男達が修行をしていた。
また、バトルランキングというのをやっていた。
それは勝ち続けて上位に行けばバトル大会の
レギュラーを取れるようになっている。

ベスト5。フィンブレク。リネ。アシュトウ。カトゥン。ラーバイツェル。
クウガはこの時8位だった。レギュラーはフィンブレクとリネとアシュトウ。

119話

過去・訓練所 戦士育成道場レイヴェイン

カトゥンカトゥン「ぐあっ!」
カトゥンは倒れた 倒したのはリネ
リネリネ「もう終わりか?」
カトゥンカトゥン「・・・!」
リネリネ「またいつでも相手してやるよ」
カトゥンカトゥン。o○(いつか必ず・・・)

過去・食堂 戦士育成道場レイヴェイン

フィンブレク、アシュトウ、ラーバイツェルを除いて全員集合していた。
リネリネ「クウガ、ついに8位だな」
クウガクウガ「ああ」
リネリネ「どうしたカトゥン?元気ないぞ」
カトゥンカトゥン「・・・」
クウガクウガ「?」
リネリネ「さっき俺に負けたのが悔しいらしい」
クウガクウガ「そうか」
見習い戦士達見習い戦士達「リネさん!もうすぐ大会ですね!」
リネリネ「まかせろよ」
見習い戦士達見習い戦士達「でも、あの二人に気をつけてください」
リネリネ「ああ、あいつらだね。カトゥン。一応、お前も注意しとけ」
カトゥンカトゥン「言わなくても分かってる。
アシュトウとラーバイツェルの事だろう?」
クウガクウガ「ベスト5は大変だな」
リネリネ「お前も油断は禁物だ。いきなり15位から8位にきたからな」
見習い戦士見習い戦士「明日はランキング入れ替え戦だな。どうせトップ5は
替わんないだろうけどね・・・」

過去・訓練室 戦士育成道場レイヴェイン

夜になっていた。カトゥンが自主トレしている。
カトゥンカトゥン「せあっ!」
「ババババババッ!!」
見習い戦士が現れた
見習い戦士見習い戦士「まだやってるのか。そろそろ寝たらどうだ?」
カトゥンカトゥン。o○(明日の試合にかけるのみ・・・!)

120話

過去・食堂 戦士育成道場レイヴェイン

翌日。
フィンブレク、カトゥン、アシュトウ、ラーバイツェルを除いて全員集合。
ミングミング「技を覚えたんだ。ラーバイツェルに勝って5位に入るぞ」
リネリネ「頑張れよ」
「おいおい、誰が僕に勝つって?」
ミングミング「!」
アシュトウとラーバイツェルが現れた
ラーバイツェルラーバイツェル「やめとけよ」
ミングミング「・・くっ!」
リネリネ「何だ?」
ラーバイツェルラーバイツェル「明日の試合が楽しみでたまらねえ.。
アシュトウがとてつもない体質に気がついたんでな
僕も少し分けてもらったんだ」
リネリネ「・・・何?」
アシュトウアシュトウ「フッ・・・」
ミングミング「こっちだって技を覚えた!」
リネリネ「とにかく、今日は正々堂々戦おうじゃないか」
リネは手を出した。
ラーバイツェルはその手を叩いた
クウガクウガ「結局お前ら、何しに来たんだ?」
アシュトウアシュトウ「教えてやろうか?」
アシュトウは剣を振りかざした
クウガクウガ「うわっ!」
リネが攻撃を止めた
リネリネ「食事中だ」
アシュトウアシュトウ「・・・」
ラーバイツェルラーバイツェル「行こうアシュトウ」
アシュトウ達は食堂をあとにした
ミングミング「嫌な奴らだ。飯がまずくなるよ」

過去・広間 戦士育成道場レイヴェイン

見習い戦士見習い戦士「では、これよりランキング戦を始めたいと思います。
2位から10位を対象とします」
ミングミング「1位のフィンブレクは外出中だったな」
見習い戦士見習い戦士2「自信がないのでは?」
見習い戦士見習い戦士「まずは、8位対7位!」
クウガクウガ「俺か」


戻る