fb
文字のサイズ フォントを小さくする 現在の文字の大きさ フォントを大きくする
bargerIcon

71話~80話

71話

王の間 ルフォルダーグ城

アンドラの攻撃 ブレイザは攻撃を避けた
ブレイザブレイザ「・・・!」
ブレイザの攻撃 コントロールナイフ
アンドラは攻撃をよけた
アンドラアンドラ「・・・」
アンドラの攻撃 サンダーオン
ブレイザブレイザ「クソが!」
ブレイザに80のダメージ
ブレイザブレイザ「がはっ!」
ブレイザは倒れた
ルダーグ王ルダーグ王「フハハハ」

ザバドとダーキェが現れた
ダーキェダーキェ「ブレイザさん!」
ブレイザブレイザ「・・・てめえら・・リニアールに勝てたのか・・・。
見てのとおりだ・・・一人は倒せたが・・・」
ダーキェダーキェ「うおっ!クウガが死んでやがる!」
ザバドザバド「・・いや、わずかに呼吸が・・・」
ダーキェダーキェ「・・・アンドラ!」
ブレイザブレイザ「よせ!勝てる相手じゃない!逃げる方法を・・・!」
ルダーグ王ルダーグ王「逃がすな!」
アンドラアンドラ「散れ」
アンドラの攻撃 魔剣ジャオ
ブレイザブレイザ「・・・ここまでか」
ダーキェは目をつぶった

「ガシッ!」

ブレイザザバドダーキェ「!」
アンドラアンドラ「!」
ルダーグ王ルダーグ王「貴様!まだ動けるのか!」
クウガがアンドラの攻撃を止めた
クウガクウガ「続きを始めようか」
ブレイザブレイザ。o○(ん?雰囲気が・・・)

72話

王の間 ルフォルダーグ城

アンドラの攻撃 クウガは攻撃をよけた
クウガの攻撃 アンドラは攻撃をよけた
ブレイザブレイザ「気をつけろクウガ」
アンドラアンドラ「・・・」
アンドラの攻撃 サンダーオン
「ピカ!ゴゴゴゴ!ズシャアアア!!」
クウガクウガ「・・・ハッ!」
クウガはサンダーオンを弾いた
ブレイザブレイザ「何!弾いた!?」
クウガクウガ「とりゃっ!」
クウガの攻撃 アンドラに40のダメージ
アンドラアンドラ「・・・!」
ルダーグ王ルダーグ王「あ・・・アンドラ!」
ブレイザブレイザ。o○(クウガに何が起きたんだ)
ダーキェダーキェ「おいおい、こりゃいけるぜ!俺達が加勢しなくてもすむな!」
ブレイザブレイザ「・・・まだ魔剣が・・・」
アンドラアンドラさよなら」
アンドラの攻撃 魔剣ジャオ

ザバド「!?」
ルダーグ王ルダーグ王「!」
アンドラアンドラ「ど・・・どこだ!」

クウガがアンドラの後ろに回りこんでた。
アンドラアンドラ・・・!」
クウガクウガ「食らえ!」
クウガの攻撃 乱れ突き
アンドラに40のダメージ アンドラに40のダメージ
アンドラに40のダメージ アンドラに40のダメージ
アンドラアンドラ「ぬああああ!」
ブレイザブレイザ「アンドラの魔剣ジャオより先に攻撃をしたか!」
ザバドザバド「よほどのスピードがないとできないですねこれは」
ブレイザブレイザ「ああ。野郎、今まで実力を隠していたってのか?」

ルダーグ王ルダーグ王「魔・・・魔剣ジャオが・・・」

73話

王の間 ルフォルダーグ城

アンドラアンドラ「・・・くそぅ・・・痛ぇ・・・」
ダーキェダーキェ「おいおい、こりゃ驚いた!クウガ優勢だよ!」
アンドラは魔剣ジャオを突きの構えに変えた。
ブレイザブレイザ「・・・ここからが本当の魔剣の力だ」
ダーキェダーキェ「あん?」
クウガクウガ「・・・その構えは?」
アンドラアンドラ「ぬおお!」

アンドラの攻撃 魔突
「ズバーーーッ!」
クウガに50のダメージ
クウガクウガ「ぐっ!」
ブレイザブレイザ「見えた!速いのではなく避けにくい」
ダーキェダーキェ「ブレイザさん。どういう意味だ?」
ブレイザブレイザ「・・・あの黒い攻撃は、相手の恐怖心をえぐり、
動きを鈍らせながらそのまま突く。確か魔突とかいう魔剣独特の・・・」
「ズバッ!」
アンドラに50のダメージ
アンドラブレイザダーキェルダーグ王ザバド「!」
ザバドザバド「クウガも負けてないぞ!」
クウガクウガ「やられたらやりかえす!」
アンドラアンドラ「・・・!」
アンドラの攻撃 クウガは攻撃をよけた
アンドラアンドラ「・・・この!」
アンドラの攻撃 魔剣ジャオ
ブレイザブレイザ「野郎!上手い!クウガが避けたすぐ後にそれか!
今度はうまく避けることができそうにない・・・くそ!」
クウガクウガ。o○(またそれか・・・命を削るような見えない攻撃・・・
またまともにくらうのか・・!そうはいくか!)
クウガは剣を投げた
「ビュン!」
アンドラは攻撃をよけた
クウガクウガ「!!」
クウガは倒れた
ルダーグ王ルダーグ王「ふははは!やはりアンドラが強い!」
アンドラアンドラ「・・・今度は立ち上がれぬよう、楽にしてやる」
ダーキェダーキェ「クウガ!起きろ!」
ブレイザブレイザ。o○(・・・二度も魔剣ジャオを食らっては・・・もう・・・ダメだ・・・)

74話

王の間 ルフォルダーグ城

ダーキェダーキェ「クウガ!起きろ!」
アンドラの攻撃

「ガキンッ!」

クウガはアンドラの攻撃を止めた
アンドラアンドラ!」
ルダーグ王ルダーグ王「バカな・・・!?魔剣ジャオをまともに食らってたはず・・・」
クウガクウガ「もう俺に魔剣ジャオは効かない!」
ルダーグ王ルダーグ王「どういう事だ!おかしいぞ!」
クウガは起き上がった。
クウガクウガ「そいつは不の感情を利用し、攻撃対象の頭の奥から、
体に死の信号を送る剣のようだな」
ブレイザブレイザ「・・・そういう事か」
アンドラアンドラ。o○(そんな事があってたまるか!)
アンドラの攻撃 魔剣ジャオ
クウガクウガ「・・・」
クウガに攻撃が効かない
アンドラアンドラ「・・・!」
ブレイザブレイザ「恐怖の感情を0にすれば、魔剣ジャオはただの剣同様だな」
ザバドザバド「冷や汗かいたぞ」
クウガクウガ「とりゃっ!」
クウガの攻撃
アンドラアンドラ「くそ・・・」
アンドラに50のダメージ
ルダーグ王ルダーグ王「アンドラ!お前が負けては、この城は・・・
ドジュガもいないのだぞ・・・」
アンドラアンドラ「・・・うおお!」
アンドラはサンダーオンを唱えた
クウガクウガ「ぐあっ!」
クウガに40のダメージ
ブレイザブレイザ「魔法を使うと、わずかなスキが生じやすい」
クウガクウガ「今だ!」
クウガの攻撃 クリティカルヒット
「ズガーーーーッ!!!!」
アンドラアンドラぬおおおあああ!!」
アンドラに98のダメージ

75話

王の間 ルフォルダーグ城

アンドラは死亡した
クウガクウガ「・・・終わった」
ルダーグ王ルダーグ王「ひ・・・ひぃいい!」
ダーキェダーキェ「じゃあお前にも消えてもらおうか?」
ルダーグ王ルダーグ王「や・・・やめて・・・」
ダーキェダーキェ「嘘だよ。てめえみたいなザコに用はない」
ブレイザブレイザ「魔剣ジャオは危険だ。
持ってかえって倉庫にでもしまっておく」

10分後クウガ達はいなくなった。

リニアールとガイフレノが現れた
リニアールリニアール「・・・王様・・・これは・・・あの私でもかてない用心棒達が・・・」
ルダーグ王ルダーグ王「見ての通りだ。あの村は・・・いや、
あの時みたいに辺凡な日々でもおくろう」
ガイフレノガイフレノ「はっはっは。そうかそうか。
俺は別にそれでもかまわないぜ」
リニアールリニアール「もう、あの村を襲うことはないのですね」

入り口 リーゼイの町

ブレイザザバドキドンオリーゼイの町の町長「
キドンオキドンオ「キラー盗賊はもう金を奪わないそうだ」
リーゼイの町の町長「リーゼイの町の町長「本当か?」
ダーキェダーキェ「アンドラはもういねえ。しこりはなくなった」
ブレイザブレイザ「アンドラへの怒りが俺達をそう変えていたんだ」
キドンオキドンオ「余談だが、お前ら懸賞金が上がったみたいだぞ」
ザバドザバド「!」
キドンオキドンオ「ザバドが1700、ダーキェが1200だとさ」
ダーキェダーキェ「ザバドの炎は広がるから余計に高いな」
ブレイザブレイザ「俺はバレてないようだな」
キドンオキドンオ「クウガ。お前はこれからどうするつもりだ?」
クウガクウガ「ラングの村に戻るよ」
キドンオキドンオ「たまには顔をだせよ」
クウガクウガ「ああ」
ブレイザブレイザ「じゃあなクウガ」

酒場 ラングの村

ヨージュヨージュ「飲めクウガ!勝利の酒だ!」
クウガクウガ「やめろ俺はまだ18だ」
ヨージュヨージュ「いいんだよそんなの。これでシュアとジンに堂々と墓参りできる。
憎きアルゲル、アンドラはもういない!いぇい!」
村の人1村の人1「そもそもアンドラなんて聞いたことない名前だったからね」

クウガの家 ラングの村

クウガクウガ。o○(親父・・・アンドラを倒したぞ)

76話

入り口 ラングの村

2ヵ月後、毒を漂わせる男がやってきた。
ヨージュヨージュ「あんた見ない顔だな。この村に何の用だ?」
毒を漂わせる男毒を漂わせる男「クウガが目を覚ましたって聞いたんだ」
ヨージュヨージュ「クウガに何の用だ?」
毒を漂わせる男毒を漂わせる男「真実を教えに来た」
ヨージュヨージュ「真実?」
毒を漂わせる男毒を漂わせる男「俺様の名はアシュトウ。
クウガに言えば分かるはずだよ」
ヨージュヨージュ「・・・そうか」

クウガの家 ラングの村

「コンコン」
クウガクウガ「?」
クウガはドアを開けた
ヨージュとアシュトウは外にいた
クウガクウガ「・・・アシュトウか?」
アシュトウ(毒を漂わせる男)アシュトウ(毒を漂わせる男)「久しぶりだな」
ヨージュヨージュ。o○(ほんとに知り合いだったか)
クウガクウガ「よくもやってくれたな」
アシュトウアシュトウ「毒か。あれは俺の毒だが、やったのは俺じゃない」
クウガクウガ「根拠はあるのか?」
アシュトウアシュトウ「あの後、俺は道場から追い出された。
 一応俺はバカじゃないんだぜ。自分に疑われることなんてするかよ。
 確かにてめえは嫌いだが、
 てめえの為に自分を犠牲にするなんてごめんだぜ」
クウガクウガ「・・・じゃあ誰が?」
アシュトウアシュトウ「だから来たんだよ。てめえが目を覚めた。好都合だ」
クウガクウガ「道場に戻ってそいつを探す・・・って事か?」
アシュトウアシュトウ「一戦後にな」
クウガクウガ「・・・?」
アシュトウアシュトウ「情報が俺にきたってことは、他の奴らにもきているはずだ」
クウガクウガ「道場の奴らか」
アシュトウアシュトウ「まず、そいつらを追い払う」
ヨージュヨージュ「げ・・・この村にくるのかよ」
アシュトウアシュトウ「フッ。大した人数じゃないと思うぜ。俺が来たことなんて
 奴らは予想していないからな」
ヨージュヨージュ「とりあえず村人を非難させるよう手配してくる」
クウガクウガ「ああ」

77話

入り口 ラングの村

ヨージュヨージュ「奴らにとってクウガが目覚めてるとまずいのか?」
アシュトウアシュトウ「多分な」
クウガクウガ「・・・リネはあの後どうなったんだ?」
アシュトウアシュトウ「順調に実力をつけてきているが、さっきも言ったように
俺は追放されたんで、今はどうなってるかさっぱりだ」
クウガクウガ「そうか」
アシュトウアシュトウ「俺は木の陰に隠れる。その方がいろいろ聞けそうだ」
クウガとヨージュはうなずいた。
アシュトウは木の陰に隠れた。

避難広場 ラングの村

村の人村の人1「・・・大丈夫かな・・・」
ヤルドヤルド「なんであたしまで非難しなきゃなんないわけ?」
村の人村の人2「とにかく待ってよう」

入り口 ラングの村

ヨージュヨージュ「なんか寒いな」
クウガクウガ「・・・冬か。もうすぐ誕生日なんだ」
ヨージュヨージュ「へえ、何が欲しいんだ?誰もあげる奴はいないけどさ」
クウガクウガ「・・・世界の名剣を集めてみたいな」
ヨージュヨージュ「ははは、そりゃ無理な話だ・・・?」
アシュトウアシュトウ。o○(来たか)

二人の男が現れた。
用心棒らしき男。少し離れた位置に白い顔の男。

クウガクウガ「・・・カトゥン?」
アシュトウアシュトウ。o○(カトゥン・・・離れててよく見えないが、間違いねえ。
なぜわざわざ奴が)
ヨージュヨージュ「二人か」
カトゥン(白い顔の男)カトゥン(白い顔の男)。o○(・・・ウワサは本当だったか)
カトゥンは用心棒らしき男に目で合図をした
用心棒らしき男はうなずいた。
カトゥンはそのままいなくなった。
アシュトウアシュトウ。o○(フッ・・・やっかいなのは消えたな)
用心棒らしき男用心棒らしき男「クウガですね」
クウガクウガ「・・・やるか?」
用心棒らしき男用心棒らしき男「始めまして。用心棒のギザモルと申します」
クウガクウガ「・・・」
ギザモルギザモル「彼の話によると、あなたは私より弱いみたいですので・・・」
クウガは構えた
ギザモルギザモル「練習台にさせていただく後、消えていただきましょうか」
ギザモルは武器を出してきた

78話

入り口 ラングの村

ギザモルギザモル「練習台にさせていただく後、消えていただきましょうか」
ギザモルは武器(蝶のレイピア蝶のレイピア)を出してきた
クウガは構えた
ギザモルの攻撃 クウガは攻撃をよけた
ギザモルギザモル「フフ。避けられましたか」
クウガクウガ「・・・とりゃっ!」
クウガの攻撃 ギザモルに40のダメージ
ギザモルギザモル「!!」
アシュトウアシュトウ「!!」
ギザモルギザモル。o○(・・・はは(汗)、油断したみたいだ)
ヨージュヨージュ「いいぞクウガ!」
ギザモルギザモル「・・・あなたは私に傷を追わせた。お返しさせていただきます」
ギザモルの攻撃 剣花舞
「スラアアアアア!!」
ヨージュヨージュ「変わった攻撃だな・・・揺れながら攻撃か」
クウガクウガ「よし!受けてやる!」
クウガに2のダメージ

ギザモルギザモル「・・・な・・・バカな!おかしいっ・・・」
クウガクウガ「データっていつのデータだ?」
アシュトウアシュトウ。o○(・・・なんで強くなってるんだ?)
クウガクウガ「俺の技を食らうか?」
ギザモルギザモル「・・・いや・・・ちょっと・・・」
アシュトウアシュトウ。o○(そろそろでるか)

アシュトウが隠れるのをやめて、でてきた。
ギザモルギザモル「・・・!」
アシュトウアシュトウ「練習台になるか?」
ギザモルギザモル「あわわ・・・いえ。もう戦う気はないです」
クウガクウガ「そうか」
ギザモルギザモル。o○(聞いてないよこんなに強いなんて・・・もう帰りたい)

79話

入り口 ラングの村

ギザモルは逃げだした。そして3時間後・・・。
ヨージュヨージュ「そうか。クウガ、また行くんだな」
クウガクウガ「ああ。俺はあの道場で強くなろうとしていたんだ」
アシュトウアシュトウ「このルフォルダーグ周辺をでる。そして
カルージャを超えて、ハドマンにある懐かしきあの道場へゆく。
ヨージュヨージュ「気をつけて」
クウガ達は村を出た
クウガクウガ「カルージャって・・・やばくないのか?」
アシュトウアシュトウ「裏ルートがあるんだ」

カルージャの町

ギザモルが走っていた。
ギザモルギザモル。o○(さっきはカトゥンと歩いてて安全だったが・・・
 大丈夫かな・・・)

酒場 カルージャの町

頬に傷のある用心棒頬に傷のある用心棒「この町にでけえ賞金首があるときいたが、
どこだ?」
マスターマスター「あの、やめといたほうがいいですよ」
客客「あ、セルゲムンバだ。あのドジュガと互角の力をもつ・・・」
セルゲムンバ(頬に傷のある用心棒)セルゲムンバ(頬に傷のある用心棒)「俺をあんな妙な武器持ってる奴と
一緒にすんな」
マスターマスター「ドジュガ・・・噂では盗賊にやられたって・・・」
セルゲムンバセルゲムンバ「あ、そう。俺は盗賊なんぞに負けん。賞金首はどこだ?
それでいくらだ?」
マスターマスター「その話はもう・・・」
客客。o○「こいつ正気かよ。誰もあんな奴らに近づかないぞ」

カルージャの町

牛人間牛人間1「こいつ、一人でやんの」
ギザモルギザモル「と、通りたいんですけど・・・」
牛人間牛人間2「さっきのあれはもういないんだな?可愛そうな奴め」
ギザモルは牛人間達に囲まれた。

牛人間牛人間牛人間牛人間
牛人間  ギザモル  牛人間
牛人間牛人間牛人間牛人間

ギザモルギザモル「ちょっと・・・」
牛人間牛人間1「地獄へ落ちろ!人間のクズが!」
牛人間達はギザモルに突進した。
ギザモルギザモル「うわーー!」
「ドシーーーン!!」

80話

草原

アシュトウアシュトウ「もうすぐカルージャだ」
クウガクウガ「裏ルートか・・・」
アシュトウアシュトウ「最近ではバレそうになってるがな」

武器屋 カルージャの町

セルゲムンバセルゲムンバ「ここにいい武器はないか?」
武器屋武器屋「武器ですか・・・」
セルゲムンバセルゲムンバ「名を上げるためには、強い武器が必要だろう?」
武器屋武器屋「・・・お金・・・いや、やっぱりいいです」
セルゲムンバセルゲムンバ「これはなんていう武器だ?」
武器屋武器屋「スネイクソードといって自由自在に曲がる剣です」
セルゲムンバセルゲムンバ「こいつをいただくと・・・」

武器屋に暗い顔をした男が入ってきた

セルゲムンバセルゲムンバ「ん?」
暗い顔をした男暗い顔をした男「俺が直に買う剣に触るなよ」
セルゲムンバセルゲムンバ「何だ?お前が賞金首か?」
暗い顔をした男暗い顔をした男「300Gだよ。怖気づいた?ん?」
セルゲムンバセルゲムンバ「ハッハッハ!なんだそりゃ?
でかい賞金首って聞いたが、300Gねぇ・・・がっかりだな」
武器屋武器屋「ダークロさん・・・」
ダークロ(暗い顔をした男)ダークロ(暗い顔をした男)「何笑ってんだよ」
セルゲムンバセルゲムンバ「あん?」

入り口 カルージャの町

アシュトウアシュトウ「着いた着いた」
クウガクウガ「ここに来るのは久しぶりだ」
アシュトウアシュトウ「早速、裏ルートへ行くぞ」

酒場 カルージャの町

マスターマスター「びくっ」
客達客達「・・・・き、来た」
牛人間達が入ってきた。

牛人間牛人間牛人間牛人間牛人間牛人間牛人間牛人間牛人間

牛人間牛人間1「ザコ共!酒の用意はできたか!できなければ皆殺しだ!」
マスターマスター「はい、用意はできています」
牛人間牛人間2「モシュシュシュ。さすが道具。生きている道具!」
マスターマスター。o○(こいつらにはどうしても逆らえない・・・)


戻る