fb
文字のサイズ フォントを小さくする 現在の文字の大きさ フォントを大きくする
bargerIcon

61話~70話

61話

王の間への扉 ルフォルダーグ城

ザバドの攻撃 火炎玉 2発
「ギュオオオオ!」
リニアールリニアール「ぬ!」
リニアールに30のダメージ リニアールに30のダメージ
リニアールリニアール「がはっ!」
ダーキェダーキェ「よし!最後の一撃だザバド!」
リニアールはダーキェにつかまれて身動きがとれない
リニアールリニアール「おのれ・・!」
ザバドの攻撃 火炎二段斬り
リニアールに35のダメージ
リニアールリニアール「・・・魔力がもっとあれば・・・・」
リニアールは気絶した
ザバドザバド「・・・ダーキェ。お前はダメージがでかい。俺だけが行く」
ダーキェダーキェ「いや、参加はできねえが、一緒に行かせてくれ」
ザバドザバド「まあ、いいだろう」

王の間 ルフォルダーグ城

時を少し戻し、ザバド達が戦っている間、
ここでもバトルが始まろうとしていた。
クウガブレイザ「!」
ルダーグ王アンドラ?「!」

クウガクウガ「・・・どれがアンドラだ?」
ブレイザブレイザ「あれだ。髪が長い奴」
ルダーグ王ルダーグ王「ようこそ。ルフォルダーグ城へ」
クウガクウガ「?」
ブレイザブレイザ「ルダーグ王。城の主だ。奴も敵だ」
ルダーグ王ルダーグ王「ここには金がたくさんあるぞ」
ブレイザブレイザ「それがどうした?」
クウガクウガ「アンドラを倒しに来た!他の奴には用はないんだ!」
アンドラ(用心棒1)アンドラ(用心棒1)「・・・?」
?(用心棒2)?(用心棒2)「金は欲しくないのか?」
クウガクウガ「・・・誰だお前は?」
ブレイザブレイザ「奴が賞金首1800Gのドジュガだ」
クウガクウガ「!?」
ルダーグ王ルダーグ王「うちで働こうじゃないか。用心棒でもいいぞ」
ドジュガ(用心棒2)ドジュガ(用心棒2)「冷静に考える事だ。
合理的にいくのが、この世界の生き方だからな」

62話

王の間 ルフォルダーグ城

ブレイザブレイザ「無理だな」
ドジュガドジュガ「予想はしていた。しかし、俺は気が短いのでな・・・」
ブレイザブレイザ「!?」
ドジュガはブレイザの後ろに回りこんだ

ブレイザブレイザvsドジュガドジュガ

剣戦闘開始剣

クウガクウガ「いくぞ!」
クウガの攻撃
アンドラアンドラ「!」
アンドラは攻撃をよけた

クウガクウガvsアンドラアンドラ

剣戦闘開始剣

ルダーグ王ルダーグ王「お前ら。力で教えてやれ」
ドジュガドジュガ「言われなくても、そうするつもりだ」
ドジュガの攻撃 ブレイザは攻撃をよけた
ドジュガドジュガ「速いじゃないか。さすがキラー盗賊の頭だな」
ブレイザブレイザ「お前を倒せば、1800Gがいただける。
死の覚悟はできたか?」
ドジュガドジュガ「・・・お前が死んでも、誰も悲しまんよ」
ドジュガの攻撃 ファイアボール
「ズゴオオオォォォォ!!!」
ブレイザは攻撃をよけた
ブレイザブレイザ「答えはいずれわかる・・・」
ブレイザの攻撃 コントロールナイフ
「シュゴオオオオオ!!」
ドジュガは攻撃をよけた
ドジュガドジュガ「どこに向かって投げている」
ナイフが戻ってきた
「スパッ!」
ドジュガドジュガ「!?」
ドジュガに40のダメージ
ブレイザブレイザ「ビンゴ!」

63話

王の間 ルフォルダーグ城

ドジュガドジュガ「・・・貴様・・・それは霊力か・・・」
ブレイザブレイザ「流石だな。一撃で俺の攻撃の根本を把握できるとは」
ドジュガは黒い鎖を手にもった
ブレイザブレイザ。o○(黒い鎖・・・?)

黒い鎖=先端に錘がついていて、攻撃もできるし、
敵を縛ることも出来る武器

ドジュガの攻撃 ブレイザは攻撃をよけた
ドジュガドジュガ「・・・!」
ドジュガは伸ばした鎖を左右に動かした。
ブレイザブレイザ「何!?」
ブレイザは鎖に絡まった!
ドジュガドジュガ「貴様は俺の用意したカゴに入った」
ブレイザブレイザ「・・・」

 

クウガクウガ「くそ!」
クウガの攻撃 アンドラは攻撃をよけた
ルダーグ王ルダーグ王「ははは。お前みたいなザコがアンドラに
適うとでも思っているのか?出直せ!」
アンドラアンドラ「・・・」
クウガクウガ。o○(一歩も動いていないなんて・・・)
ルダーグ王ルダーグ王「さあどうする?そろそろアンドラの攻撃がくるぞ」
クウガクウガ「これでも食らえ!」
クウガの攻撃 乱れ突き
アンドラアンドラ「・・・」
アンドラは攻撃をよけた
クウガクウガ「・・・俺の攻撃がすりぬけている・・・!?」
ルダーグ王ルダーグ王「あははあは」
アンドラの攻撃
ルダーグ王ルダーグ王「え?」
ルダーグ王の10センチ手前で攻撃が止まった
ルダーグ王ルダーグ王「ちょっと・・・敵が違・・・」
アンドラは恐ろしい顔でルダーグ王を睨んだ。
”うるさいから静かにしてくれ”というサインをしている。
ルダーグ王ルダーグ王「ひっ・・・」
クウガクウガ「・・・ガイフレノとかいう奴の時間差防御に似ているな・・・どこか」

64話

王の間 ルフォルダーグ城

ブレイザは黒い鎖に絡まれて動けない
ドジュガドジュガ「逝け!」
ドジュガの攻撃
ブレイザブレイザ「・・・俺をなめるなよ」
ブレイザは霊力を黒い鎖に一瞬注ぎ込み、絡まった鎖をほぐして、
動けるようになり攻撃をよけた。
ドジュガドジュガ「な!」
ブレイザブレイザ「霊力を武器に注ぎ込めば、どんな武器も一瞬、
俺の意のままに動く」
ドジュガドジュガ「なんだと・・・!そんな事が可能なのか・・!?」
ブレイザブレイザ「地獄に落ちな」
黒い鎖がドジュガに襲い掛かる
「ギュオオオオオオ!!」
ドジュガは縛られた」
ドジュガドジュガ「・・・ぐ!」
シルバーナイフの先がドジュガを向いている
ブレイザブレイザ「本気だしたらどうだ?賞金首1800G君」
ドジュガドジュガ「・・・フフ、そうするしかなさそうだな」
ドジュガは鎖に縛られて動けない

 

クウガの攻撃 アンドラに攻撃が当たらない
クウガクウガ「・・・くそ!」
アンドラアンドラ「飽きた。クズは消えちまえ」
クウガクウガ「!」
アンドラの攻撃 サンダーオン
「ピカ!ゴゴゴゴゴ!!」
クウガクウガ「でかい稲妻・・!?」

 

ブレイザブレイザ「・・・なんだあの稲妻は・・・」
ドジュガドジュガ。o○(魔法サンダーオンか・・・)

 

ザンダーオンがクウガに襲い掛かる
「ズシャーーーアアア!」
クウガは防御体勢に入った

65話

王の間 ルフォルダーグ城

「ズシャーーーアアア!!」
クウガクウガ「ぐ・・・!」
クウガは防御している
「バチバチバチバチ!」
クウガに38のダメージ
クウガクウガ。o○(・・・ふう・・・防御してよかった・・・)
アンドラアンドラ「・・・?」
クウガクウガ。o○(もし・・アンドラの防御がガイフレノと同じならば・・・きっと)
クウガの攻撃 アンドラは攻撃が当たらない
クウガの攻撃 アンドラは攻撃が当たらない
クウガクウガ「まだまだ!」
クウガの攻撃 アンドラに攻撃が当たらない

 

ブレイザブレイザ。o○(クウガの奴・・・意味のない事を・・・何を考えている)
ドジュガドジュガ「むん!」
ドジュガは黒い鎖に注ぎ込まれた霊力を、魔力で上乗せして消した。
ブレイザブレイザ「・・・」
ドジュガの攻撃 ファイアボール
ブレイザは右に攻撃をよけた
ドジュガドジュガ「罠にかかったな」
ブレイザブレイザ「そうか?」
ドジュガの黒い鎖が襲い掛かる
「ガキン!」
ブレイザはナイフで攻撃を止めた
ドジュガドジュガ「・・・いい反射神経だ」
ドジュガの攻撃 ダブルスネイクファイア
「ボボッ!」
ブレイザブレイザ「くそ!それが本命か!」
ドジュガドジュガ「両サイドから蛇のように襲い掛かる炎を味わうがいい」
「ゴオオオオオオ!」
ブレイザブレイザ。o○(・・・右も左もダメ・・・ちきしょう!どうする)

66話

王の間 ルフォルダーグ城

ブレイザブレイザ。o○(・・・右も左もダメ・・・くそ!どうする)
ドジュガドジュガ「くたばれ!」
ブレイザブレイザ。o○(俺をなめんなよ・・・!)
ブレイザが突然、片側のスネイクファイアに走り出す!
ドジュガドジュガ「・・・?」
シルバーナイフで片側のスネイクファイアを弾き飛ばした!
ドジュガドジュガ「何!?」
向きを逆に変え、もう一つのスネイクファイアも弾きとばした!
ドジュガドジュガ。o○(弾き飛ばされた・・・!)
ブレイザブレイザ「・・・やっかいな魔法をつかいやがって・・!」
ブレイザの攻撃 コントロールナイフ
「シューーーッ!!」
ドジュガは攻撃をよけた 
ナイフが戻ってくる
ドジュガドジュガ「ちっ!」
ドジュガは攻撃をよけた
ふたたびナイフがドジュガに向きを変える
ドジュガドジュガ「なんだ・・・!」
ブレイザブレイザ「霊力が注ぎ込まれてる限り、このナイフは止まらないぜ」
ドジュガドジュガ「ならば!」
ドジュガは黒い鎖をブンブン振り回した
ブレイザブレイザ「・・?」

クウガクウガ「とりゃっ!」
クウガの攻撃 アンドラは攻撃をよけた
クウガクウガ「とりゃっ!」
クウガの攻撃 アンドラは攻撃をよけた
アンドラアンドラ・・・」
アンドラの攻撃 サンダーオン
「ピカ!ゴゴゴゴゴゴ!!
クウガクウガ「・・・それか!」
「ズシャーーーアアア!!」
クウガは防御した クウガに30のダメージ
クウガクウガ「ぐ・・・この!」
クウガの攻撃 アンドラは攻撃をよけた
ルダーグ王ルダーグ王。o○(防御してるとはいえ、あのサンダーオンを
2発食らってまだ自由に動けるとは・・・消すには惜しい戦士だ。
しかし・・・当たりもしない攻撃を何度も繰り返して意味があるのか・・?)

67話

王の間 ルフォルダーグ城

クウガの攻撃 アンドラは攻撃をよけた
アンドラはサンダーオンを唱えようとした
クウガクウガ。o○(・・・くるなら来い!)
アンドラの攻撃 サンダーオン
「ピカ!ゴゴゴゴ!ズシャアーーーー!!」
クウガは防御した 30のダメージ
アンドラアンドラ「・・・!」
クウガの攻撃 アンドラに攻撃がかすった
ルダーグ王ルダーグ王「・・・?」
クウガクウガ「よし!」
アンドラアンドラ「・・・!?」
クウガクウガ「やっと魔力による回避で、魔力が減ってきたか!」
ルダーグ王ルダーグ王「そ・・・それで何度も当たりもしない攻撃を!?」

ドジュガの鎖が回った勢いでブレイザに襲う
「ギュオオオオ!」
ドジュガドジュガ「ナイフよりも速いぞ!」
ブレイザブレイザ「ちっ!」
ブレイザは攻撃をよけた
ブレイザのナイフがドジュガを襲う
ドジュガは攻撃をよけた
ブレイザブレイザ「俺に攻撃をし、ナイフコントロールを鈍らせる気か」
ブレイザにナイフを自分に戻らせた
ドジュガドジュガ「・・・左様」
ドジュガの攻撃 ダブルスネイクファイア
ドジュガドジュガ「二度も弾かせんよ」
ブレイザブレイザ「・・・じゃあ俺の最強の技をみせてやろうか?」
ドジュガドジュガ「今まで隠していたのか?」
ブレイザブレイザ「いくぞ」
ブレイザは霊力を溜め込んだ

68話

王の間 ルフォルダーグ城

ブレイザは霊力を溜め込んだ
ドジュガのダブルスネイクファイアがブレイザに襲いかかる
ブレイザブレイザ「地獄へ落ちろ!」
ブレイザの攻撃 霊光破
「シュオオオオオオ!!」
ドジュガドジュガ「!」
霊光破とダブルスネイクファイアがぶつかる
「ズガガガガガ!!」
ブレイザの霊光破が勝った
ドジュガドジュガ「くそっ!」
ドジュガに50のダメージ
ブレイザブレイザ「霊力の恐ろしさを知ったか?」
ドジュガドジュガ「・・・ぐ・・・」
ドジュガの攻撃 ブレイザは攻撃をよけた
ドジュガドジュガ「・・・!」
ドジュガに10のダメージ
ドジュガドジュガ「こ・・・これは・・・!?
ブレイザブレイザ「てめえは死霊にとりつかれたんだ」
ドジュガドジュガ。o○(こいつ・・・!)

アンドラに20のダメージ
ルダーグ王ルダーグ王「ああっ!とうとう攻撃が・・!」
アンドラアンドラ「・・・!」
クウガクウガ「当たった!」
アンドラの表情が変わった
アンドラアンドラこの野郎」
ルダーグ王ルダーグ王「・・・アンドラ?」
アンドラは魔剣を出そうとしている
クウガクウガ「・・・やっとまともに攻撃してくるか!」
ルダーグ王ルダーグ王「・・・?」
ブレイザブレイザ「・・・とうとう魔剣が・・!」

69話

王の間 ルフォルダーグ城

ドジュガドジュガ「くそ!死霊が離れない!」
ブレイザブレイザ「さあどうする」
死霊効果 ドジュガに10のダメージ
ブレイザの攻撃 ドジュガに25のダメージ
ドジュガの攻撃 ファイアボール
ブレイザは攻撃をよけた
ドジュガドジュガ「くっ!」
ドジュガの攻撃 ファイアボール
ブレイザは攻撃をよけた
ブレイザブレイザ。o○(焦っているな・・・)
死霊効果 ドジュガに10のダメージ
ブレイザブレイザ「終われ!」
ブレイザの攻撃 コントロールナイフ
ドジュガドジュガ「・・・ぐあっ!」
ドジュガに40のダメージ
ドジュガは倒れた
ドジュガドジュガ「・・・!!」
死霊がドジュガの生命を奪う
ドジュガドジュガ「・・・死霊が・・・ぐはっ!」
ドジュガは死亡した
ブレイザブレイザ「霊光破は霊力をかなり消費するから、
あまり使いたくなかったがな」
ルダーグ王ルダーグ王「ああ!ドジュガ・・・」

アンドラは魔剣ジャオ魔剣ジャオを装備した
クウガクウガ「・・・恐ろしい色だな。それで親父をやったのか」
アンドラアンドラ「?」
クウガクウガ「ジンという名前に聞き覚えがあるだろう?」
アンドラアンドラ「あれか」
クウガクウガ「お前は許さないぞ!」
クウガの攻撃 アンドラは攻撃をよけた
クウガクウガ「くそ!」
クウガの攻撃 アンドラに20のダメージ
アンドラアンドラ「さよなら」
アンドラの攻撃 魔剣ジャオ

ブレイザブレイザ「クウガ!!避けろ!!!」
ルダーグ王ルダーグ王「・・・ド・・・ドジュガが・・・負けた・・・」
クウガクウガ「!!」

70話

王の間 ルフォルダーグ城

アンドラの攻撃 魔剣ジャオ
ブレイザブレイザ「クウガ!!避けろ!!!」
クウガクウガ「!!」
クウガの130のダメージ

クウガクウガ「・・・!!」
クウガは倒れた

ブレイザブレイザ「・・・くそ」
アンドラアンドラ・・・」

クウガの夢 道場

クウガクウガ「これは・・・1年前・・・」
??「なんでテメエだけどんどん成長しやがる!」
クウガクウガ「お前は・・・」
??「お前なんて消えてしまえばいいんだ!」

クウガの夢 道場の食堂

クウガクウガ「・・・確かここで飲み物飲んでから意識が」
倒れたクウガを発見
クウガクウガ「俺だ」
??「ははは、どうしたんだクウガ?」
クウガクウガ「・・・きっとこいつが毒を・・・アシュトウ・・・」
アシュトウアシュトウ「みんなクウガが倒れたぞ!」
リネリネ「大丈夫か!クウガ!しっかりしろ!」
クウガクウガ「リネだ・・・こいつはいい奴だった」
リネリネ「くそ!なんとかならないのか!このままでは・・・」
クウガクウガ「そうだ。俺はどんどん強くなるんだ。だからあの道場に」

王の間 ルフォルダーグ城

ルダーグ王ルダーグ王「・・・アンドラよ。あのブレイザという盗賊を消すのだ!」
アンドラアンドラ金」
ルダーグ王ルダーグ王「倍にする」
アンドラがブレイザに視線を向けた。
ブレイザブレイザ。o○(・・・ちっ!魔剣は危険だ・・・逃げ道はあるのかどうか・・・)


戻る