fb
文字のサイズ フォントを小さくする 現在の文字の大きさ フォントを大きくする
bargerIcon

51話~60話

51話

酒場 リーゼイの町

クウガとブレイザとダーキェとザバドが入ってきた
クウガクウガ「これは!?」
ブレイザブレイザ「死人が二人もいやがるぞ」
キドンオがいた。
キドンオキドンオ「・・・クウガ?・・・なぜキラー盗賊と!?」
クウガクウガ「キドンオか。こいつらの力を借りてアンドラを倒す」
キドンオキドンオ。o○(・・・キラー盗賊・・・・・・)
ザバドザバド「金を奪う気はない。リニアールは?」
キドンオキドンオ「?・・・あれか。・・・もうここにはいない」
クウガクウガ「その怪我は?」
キドンオキドンオ「心配ない。しかし、よくブレイザを組めたな」
クウガクウガ「こいつらもアンドラを倒したいみたいだからな」
キドンオキドンオ「とにかく無事でよかった」

リーゼイの町 入り口

ブフィタギアスブフィタギアス「どう考えても・・・戦争など、納得できるか!」
ブフィタギアスは一人でルフォルダーグ城へ向かった

王の間 ルフォルダーグ城

ルダーグ王

リニアールが戻ってきた。
ルダーグ王ルダーグ王「リニアールか」
リニアールリニアール「戦争の事が一部の者にバレましたが、処分しました」
ルダーグ王ルダーグ王「よろしい。・・・次の仕事振りで挽回するんだな」
リニアールリニアール「はい」
?(用心棒2)?(用心棒2)「もはや、町との友好度を上げる時間はない」
ルダーグ王ルダーグ王「フム。だからこそ、ガイフレノに任せる。いいな?」
ガイフレノガイフレノ「はは。まかせなよ王様!俺が力で教えてやるぜ!」

リーゼイの町 入り口

ブレイザザバドダーキェクウガ
ダーキェダーキェ「敵はリニアール、アンドラを倒せばこっちの勝ちだ」
ブレイザブレイザ「どうかな。・・・これは噂だが、もう一人用心棒がいると聞いたぞ」
ダーキェダーキェ「何!?」
ザバドザバド「聞いたことがある。元賞金首・・・1800G」
ダーキェダーキェ「1800だあ!?」
クウガクウガ「そんなに強いのか?」
ブレイザブレイザ「用心棒になってから、賞金首ではなくなったようだ」
ダーキェダーキェ「・・・・ちっ!敵が増えたか・・・!」
ブレイザブレイザ「てめえら行くぞ。ルフォルダーグ城!!

52話

ルフォルダーグ城 入り口

ルフォルダーグ兵ルフォルダーグ兵1「ブフィタギアスか!」
ブフィタギアスブフィタギアス「通してもらう」
ルフォルダーグ兵ルフォルダーグ兵2「解雇された分際で・・・攻撃だ!」

ルフォルダーグ兵ルフォルダーグ兵ルフォルダーグ兵ルフォルダーグ兵ルフォルダーグ兵ルフォルダーグ兵達「だあああー!」
ルフォルダーグ兵達の攻撃
ブフィタギアスブフィタギアス「それは残念だ・・・風よ集まれ!!」
ブフィタギアスは風を集めた
「ビョオオオオオ!」
風が兵士達を襲う
ルフォルダーグ兵ルフォルダーグ兵ルフォルダーグ兵ルフォルダーグ兵ルフォルダーグ兵ルフォルダーグ兵達「う・・・うわー!」
ルフォルダーグ兵達は死亡した。
ブフィタギアスブフィタギアス「・・・風よ!城を襲え・・・」

「おいブフィタギアス。暴れるのはそこまでにしとけよな」

ブフィタギアスブフィタギアス「その声は・・・!ガ・・・ガイフレノ!」
ガイフレノガイフレノ「はは。解雇された奴が、ここに何の用だ?」

ガイフレノがブフィタギアスに近づいた。
ブフィタギアスブフィタギアス「・・・戦争を止めに来た・・・!」
ガイフレノガイフレノ「おいおいお~い。戦争は最高だぞ~?」
ブフィタギアスブフィタギアス「・・・」
ガイフレノガイフレノ「俺たちの邪魔する奴は、元仲間だろうが容赦しないぜ」
ブフィタギアスブフィタギアス「・・・風よ・・!」

ブフィタギアスブフィタギアスvsガイフレノガイフレノ

剣戦闘開始剣

ブフィタギアスの攻撃 風が集まる
「ゴオオオオ」

ガイフレノガイフレノ「・・・ニヤ」

5分後

ブフィタギアスは倒れた
ブフィタギアスブフィタギアス「く・・・!」
ガイフレノガイフレノ「俺がナンバー2だと、お忘れのようだな」
クウガクウガブレイザブレイザダーキェダーキェザバドザバドが現れた。
ガイフレノガイフレノ「?」
ブフィタギアスブフィタギアス「・・・!」

53話

ルフォルダーグ城 入り口

ガイフレノガイフレノ「?」
ブレイザブレイザ「ここを通るからどけ」
ガイフレノガイフレノ「あっはははは。俺に命令すんのか?盗賊さんよ」
ダーキェダーキェ「おいてめえ。死にてぇようだな」
ガイフレノガイフレノ「あん?お前、頭悪そうな顔してるなー。あははは」
ダーキェダーキェ「この野郎!」
ダーキェの攻撃 ガイフレノは攻撃をよけた
ダーキェダーキェ「ちっ!」
「ザン!」
ダーキェに45のダメージ
ダーキェダーキェ「な・・・!」
ブフィタギアスブフィタギアス「・・・奴は特殊能力者だ・・・」
ダーキェダーキェ「何だと!?」
ブレイザブレイザ「時間がねえ。俺がさっさと片付ける」
ダーキェダーキェ「ブレイザさん・・・」
ガイフレノガイフレノ「お?やんのか?へっ、いいぜ。来いよ!」

ブレイザブレイザvsガイフレノガイフレノ

剣戦闘開始剣

ブレイザの攻撃 ガイフレノは攻撃をよけた
ブレイザブレイザ「・・・!」
「ザン!」
ブレイザに25のダメージ
ガイフレノガイフレノ「ははははっは!」
ブレイザブレイザ「・・・」
ブフィタギアスブフィタギアス「あれだ・・・あれに俺はやられた」
ダーキェダーキェ「どこから攻撃が来てるんだ?」
ブレイザブレイザ「・・・なーるほど。貴様、時間差攻撃してるな」
ガイフレノガイフレノ「はははは!よく分かったな!」
ブフィタギアスブフィタギアス「何!?・・・あれの正体は時間差攻撃だと!?」
ブレイザはシルバーナイフシルバーナイフを用意してきた。
ブレイザブレイザ「覚悟はいいか?」
ガイフレノガイフレノ「あん?」
ダーキェダーキェ「始まるぜ。ブレイザさんの恐ろしいナイフさばきがよ」

54話

ルフォルダーグ城 入り口

ダーキェダーキェ「始まるぜ。ブレイザさんの恐ろしいナイフさばきがよ」
ガイフレノガイフレノ「そんなしょぼいナイフで俺を倒せるかあ?」
ブレイザの攻撃 ガイフレノの時間差防御発動!
ブレイザブレイザ「!」
ガイフレノは攻撃をよけた
ガイフレノガイフレノ「ハハハハ!時間差攻撃だけではないんだよ!」
ブレイザのシルバーナイフがガイフレノを襲う!
「ギュオオオオ!」
ガイフレノガイフレノ「おおっと、な・・・なんだこいつは!」
ガイフレノはナイフを蹴飛ばした。
ナイフがブレイザの手に戻った。
ダーキェダーキェ「へへ、あいつの表情が変わりやがったぞ」
ガイフレノガイフレノ。o○(今のは・・?)
ブレイザブレイザ「時間をずらす事はできても、戻す事はできんようだな」
ブレイザはナイフに特殊な力を注ぎ込んだ
ダーキェダーキェ「・・・お?」
ガイフレノガイフレノ「よーし!今度はこっちの番だぜ~!」
ガイフレノの攻撃 時間差連続爪
「ギャギャギャギャ!」
ブフィタギアスブフィタギアス「でた・・・時間差を利用した
まったく攻撃の方向が予測できない爪の攻撃・・・!」
ガイフレノガイフレノ「あっはははは!お前の命はもうないぜ!」
「ギャギャギャギャ!」

しかし!
「ドドドドドッ!」
ブレイザのナイフが1秒間に5発、ガイフレノに直撃
ガイフレノに100のダメージ
ガイフレノガイフレノ「ぬ・・・ぬぐあーー!」
ダーキェダーキェ「ははは!さすがの時間差もこのスピードには及ばんな!」
ガイフレノガイフレノ「・・・おかしいぜおい・・・この俺が・・油断を・・!」
クウガクウガ「おいお前!」
ガイフレノガイフレノ「・・・?」
クウガクウガ「今、この中にアンドラはいるか?」
ガイフレノガイフレノ「や・・・奴に手をだす?・・・貴様正気か・・・?・・・がはっ」
ガイフレノは気絶した
ブレイザブレイザ「・・・先を急ぐぞ」

55話

王の間 ルフォルダーグ城

ルフォルダーグ兵ルフォルダーグ兵「王様。大変です、ガイフレノ様がやられました」
ルダーグ王ルダーグ王「何!?」
ルフォルダーグ兵ルフォルダーグ兵「敵は4人で、
その中にキラー盗賊らしき者が3名います」
リニアールリニアール「やはり来たか」
ルダーグ王ルダーグ王「・・・それほどの力。消すには惜しいな」
リニアールリニアール「王様のおっしゃる通りです」

ルフォルダーグ城 入り口

ブレイザブレイザ「いくぞ!両端を同時にもち、扉を開けるんだ!」
クウガザバド「おう!」
「ギギギギギ・・・」
扉が開いた。
ブフィタギアスブフィタギアス「ま、頑張る事だな」
ダーキェダーキェ「あんたはこれからどうするんだ?」
ブフィタギアスブフィタギアス「旅をする」
ダーキェダーキェ「そうか。あばよブフィタギアス」
ブフィタギアスブフィタギアス「ああ。いつか会えるといいな、ダーキェ」
ブレイザブレイザ「よし。お前てめえらついてこい」
4人は中に入った。

ルフォルダーグ城

クウガクウガ「誰もいないぞ」
ブレイザブレイザ「罠かもしれないが、進もう」
4人は進んだ。

王の間への扉 ルフォルダーグ城

ダーキェダーキェ「・・・ん?」
ザバドザバド「奴だ!」
リニアールが待っていた。
リニアールリニアール「ようこそルフォルダーグ城へ」
クウガクウガ「何だ?俺達歓迎されてるのか?」
リニアールリニアール「私としては、お互い何の利益もない無駄な戦いは
なるべく避けたいんだ。お前ら、本当に金が欲しくないのか?」
ブレイザブレイザ「ああ、欲しいな」
リニアールリニアール「たくさんあげるよ。わが城で働く事を誓うならの話だがな。
また断るんだったら、もうお前らの未来はないよ」
ブレイザブレイザ「俺は敵を倒して無理やり奪う金がいいんだ」
ザバドザバド「そういう事だ。さあ、剣をぬけ!」
リニアールリニアール「それは仕方ない。牢獄にぶちこんで、
考える時間を与えようか!」
リニアールは戦闘体勢に入った。

56話

王の間への扉 ルフォルダーグ城

ダーキェダーキェ「よし!ここは俺とザバドにまかせろ!」
ザバドザバド「回復したしな」
ブレイザブレイザ「よし、まかせるぞ」
ブレイザとクウガは先に進んだ。
リニアールリニアール「いいのかな?地獄が待ってるぞ」
ダーキェダーキェ「知るかよ!」

ザバドザバドダーキェダーキェvsリニアールリニアール

剣戦闘開始剣

ダーキェダーキェ「さっさと片付けてやるぜ!」
ザバドザバド「食らえ!」
ザバドの攻撃 リニアールは攻撃をよけた
ダーキェダーキェ「オラア!」
ダーキェの攻撃 リニアールに攻撃が当たった
リニアールが二人に見える
リニアールリニアール「・・・」
ザバドザバド「これだ・・・」
ダーキェダーキェ「おいおいこれじゃいくらやっても当たんねえぞ?」
ザバドザバド「・・・くそ」
「シャーーーーッ」
リニアールがいきなりダーキェの後ろに。
ザバドザバド「ダーキェ!後ろ!」
ダーキェダーキェ「しまった!・・・そうだこいつはスピードが・・・!」
リニアールリニアール「一人目」
リニアールの攻撃 ・・!
上から火の玉がリニアールにめがけて落ちてきた。
「ドカッ!」
リニアールに25のダメージ
リニアールリニアール「・・・ちっ!」
ザバドの攻撃だった。
ザバドザバド「・・・二人・・・いや、違うな。あれは幻覚だ」
リニアールリニアール「・・・油断したか」
ザバドザバド「それの根源は魔力によるものか」
ダーキェダーキェ「魔力・・・!?」
リニアールリニアール「時間の無駄だ」
リニアールはバトルソードバトルソードを掲げた。
ダーキェダーキェ「来るぞ・・・!!」

57話

王の間への扉 ルフォルダーグ城

リニアールリニアール「フッ!」
リニアールの攻撃 一文字突き
ダーキェは攻撃をよけた
ダーキェダーキェ「おるあーーっ!」
ダーキェの攻撃 ブロンズラリアート
リニアールに攻撃が当たらない
ダーキェダーキェ「クソ!」
リニアールリニアール「散れ」
リニアールの攻撃 ソードダンス
ザバドザバド「まずいぞ」
ザバドの攻撃 リニアールのソードダンスを止めた
リニアールリニアール「・・・私が見えるというのか・・?」
ザバドザバド「答えは簡単。お前が二人に見えるとき、
攻撃が当たる箇所は、二人の間の隔てている空間の中心だろう」
リニアールリニアール「・・・!!」
ダーキェダーキェ「ほう・・・いい事聞いたな。感謝するぜザバド!」
リニアールリニアール「・・・私を本気にさせたいのかな?」
リニアールの攻撃 高速2段突き
「ズバッッ!」
ザバドザバド「ぐわあっ・・・!!」
ダーキェダーキェ「ザバド!」
ザバドに50のダメージ ザバドに50のダメージ
ザバドザバド「こ・・・攻撃が見えなかった・・・」
ダーキェダーキェ「これだ。俺もアジトで、これを食らって・・・」
ザバドザバド「・・・この攻撃だけは、どうしても避けられないのか・・・」
ダーキェダーキェ「これが・・ルフォルダーグNO1の戦士リニアールかよ・・・」
リニアールリニアール「高速2段突き。私のスピードを活かした最高の剣技。
これがる限り、私は常にルフォルダーグNO1戦士なのだ」

58話

王の間への扉 ルフォルダーグ城

ザバドの攻撃 火炎玉
「ギュオオオオ」
リニアールは攻撃をよけた
その瞬間、ダーキェのアイアンヘッドが襲い掛かる
リニアールリニアール「無駄だ」
リニアールは攻撃をよけた
ザバドザバド「・・・!!」
ダーキェダーキェ「俺達のスピードでは、コイツのスピードに追いつけない・・・」
リニアールの攻撃 ソードダンス
ダーキェダーキェ「!」
ダーキェは攻撃をよけた
リニアールリニアール「ここだ!」
リニアールの攻撃 ダーキェに40のダメージ
ダーキェダーキェ「ぐ!」
その時、リニアールの上から火炎玉が3発降ってきた
リニアールリニアール「無駄、無駄」
リニアールは攻撃をよけた
ザバドザバド。o○(これもダメか)
リニアールの攻撃 高速二段突き
ダーキェダーキェ「またこれかよ!」
「ズッ!」
ダーキェに50のダメージ ダーキェに50のダメージ
リニアールリニアール「・・・ん?」
ダーキェはリニアールをがっしりつかんでいた
ダーキェダーキェ「ぐふ・・・おっしゃあ!今だザバド!!」
ザバドザバド「火炎玉!」
ザバドの攻撃 火炎玉2発
リニアールリニアール「・・・!」
リニアールに25のダメージ リニアールに25のダメージ
リニアールリニアール「離せ!」
リニアールはダーキェを突き飛ばした
ダーキェダーキェ「おっと!」
リニアールリニアール「・・・ふざけやがって!さっさと私に始末されろ!」
ザバドザバド。o○(・・・? 少しずつだが、魔力が下がってきてるな)

59話

王の間への扉 ルフォルダーグ城

ダーキェダーキェ「・・・ぐふ・・ぜえ・・・ぜえ・・・」
リニアールリニアール「休んでる暇はないぞ!」
リニアールの攻撃 一文字突き
ダーキェダーキェ「!」
ダーキェは攻撃をよけた
ザバドザバド「灰になるがいい」
ザバドの攻撃 火炎玉 リニアールは攻撃をよけた
リニアールの攻撃
ザバドザバド「!」

ザバドは攻撃をよけた
リニアールリニアール「ニヤ」
リニアールの攻撃 高速二段突き
ダーキェダーキェ「!」
リニアールリニアール「これがとどめになるかな?」
ダーキェダーキェ「・・・ぐぬ・・・」
ザバドザバド「まずい!今度受けたら・・・!」

ダーキェダーキェ「オラァー!」
ダーキェは城の石を外してそれを盾にした。
ダーキェに10のダメージ ダーキェに10のダメージ
ダーキェダーキェ「・・・ぐぐ・・・」
リニアールリニアール「何!?」
ザバドザバド「今だ!」
ザバドの攻撃 火炎二段斬り
「ズバッ!ズバッ!」
リニアールに20のダメージ リニアールに20のダメージ
リニアールリニアール「・・・ちっ!」
ダーキェダーキェ「どこ見てる!」
ダーキェの攻撃 アイアンラリアート
リニアールに30のダメージ
リニアールリニアール「ぐぐ・・・おのれ・・・!」
ザバドザバド「城が石でできてて残念だったな。そろそろお前、やばいだろう?」
リニアールリニアール「・・・何がだ?」

60話

王の間への扉 ルフォルダーグ城

ザバドザバド「徐々に下がってきている魔力だ」
リニアールリニアール「・・・!」
ダーキェダーキェ「分身防御の効果が薄れてきてるぜ」
リニアールリニアール「・・・」
ザバドザバド「・・・もう一人が透明化してきたからな」
リニアールリニアール「・・・私はこんなとこで
モタモタしてるわけにはいかないのだ!」
リニアールの攻撃 一文字突き
ザバドは攻撃をよけた
ザバドザバド「・・・ここだ!」
ザバドの攻撃 火炎玉 リニアールの30のダメージ
リニアールリニアール「ぐ!」
リニアールの攻撃 高速二段突き
ザバドザバド「・・・これでどうだ!!」

ザバドは火炎玉4つで壁をつくった
リニアールの攻撃はザバドに当たらない
リニアールリニアール「・・・ぐ!!」
ダーキェダーキェ「今度は4つときたか・・・
ベフタとの戦いで成長しやがったな・・・」
ザバドザバド「・・・」
リニアールリニアール「もう一度!」
しかし、リニアールの後にダーキェが回り込んだ。
ダーキェダーキェ「そうはさせねえぞオラ!」
リニアールリニアール「!」
ダーキェダーキェ「ぐふ・・・この至近距離じゃ、てめえは俺の餌食だ」
ダーキェはリニアールをがっしりつかんだ
リニアールリニアール「離せ!」
ダーキェの攻撃 連続アイアンヘット
「ドゴン!ドゴン!ドゴン!ドゴン!」
リニアールに30のダメージ リニアールに30のダメージ
リニアールに30のダメージ リニアールに30のダメージ
リニアールリニアール「・・・がは・・・!!」
ザバドは火炎玉を3つ用意している
リニアールリニアール「・・・!?」
ザバドザバド「灰になれ!」


戻る